ネクタイクリーニングのやり方!料金や実際にしわがついた汚れたネクタイのビフォアフを公開! | カジタン

ネクタイクリーニングのやり方!料金や実際にしわがついた汚れたネクタイのビフォアフを公開!

ネクタイクリーニングはプロに任すべき!実際に汚れたネクタイをクリーニングに出してみた

ビジネスマンの必需品ネクタイ、みなさんはどのくらいの頻度でそれを洗っていますか?

「えっ、ネクタイって洗えるの?」

「スーツやワイシャツは洗うけど、ネクタイまで気が回らない」

「ネクタイは色が濃いから汚れは目立たないでしょう」

そんなことはありません。ネクタイも定期的にキレイにしないと汚れが目立ち、自己管理ができない人と思われてしまいます。何より、胸元を飾るアイテムですから、それが汚いということはとても不潔です。

今回はネクタイについて、洗い方やクリーニングに出すべき理由、選択のビフォーアフターなど総合的に考えてみたいと思います。

この記事でわかることはざっくりこれ!

  • ネクタイにつく汚れについて
  • 自宅で洗ってよいかクリーニングに出すべきかの基準
  • ネクタイの洗濯方法
  • ネクタイクリーニングの相場、価格
  • ネクタイクリーニングのビフォーアフター(写真付き)
  • 長持ちさせるネクタイの保管方法

そもそもネクタイをクリーニングにだすべきなのか!?

まず、そもそも論としてネクタイを洗う必要はあるのでしょうか?

「あるに決まっているじゃん!」スーツクリーニングと一緒に出す人が多いよ!

実は、ネクタイの洗濯は必要ないという人もいるのです、本当でしょうか?

ネクタイにつく汚れ

そもそもネクタイを洗うべきなのか!?

スーツを着て仕事をしているときや、式に呼ばれて礼服を着ていく時、いくら気を付けていてもネクタイには汚れがついてしまいます。

具体的には

  • 水滴(雨水など)
  • ホコリ、砂
  • 皮脂
  • 食べこぼし、飲みこぼし、特に油が厄介

インクなどがついてしまうこともあるかもしれません。食べ物関係は、ナフキンやエプロンをすることである程度防ぐことができるかもしれませんが、それ以外はネクタイをして生活をしていればついてしまうものなので、どうしようもありません。

皮脂や汗をそのままにしていると、黄ばみが取れなくなるだけではなく、カビがわいてしまう可能性もあります。

カビが繊維につくと、お風呂のタイルのカビとは違い、洗い落とすのは容易ではありませんし、ネクタイの繊維が汚染されれば、修復はできなくなってしまいます。

高級素材は洗濯するとクオリティが落ちる

高級素材は注意!

ネクタイは就職祝いや記念日にプレゼントで贈られることもあるように、消耗品というだけではなく記念品の性質もあり、高級素材で編まれたものや非常に高いクオリティを持ったものもあります。

通常のネクタイの素材はポルエステルやウールなど、比較的安めの素材を使っていますが、中には
・シルク100%
・職人による手織り
・複雑な模様(編まれ方が複雑)
などの高級品もあります。

高級品をうかつに洗濯機にかけてしまうと、繊維が傷つき、ほつれや毛羽立ちや、型崩れなどが起きて、そのクオリティを下げてしまいます。また、素材によっては色落ちをすることもあり、せっかくのネクタイが台無しになってしまうこともあります。

基本的には、洗濯OKの表示があれば大丈夫ですが、洗濯によってその高級なクオリティを落としてしまうリスクがあります。

特に人口繊維、化学繊維ではない天然繊維(シルクや麻など)は洗濯によるクオリティダウンが起きやすく注意が必要です。

ネクタイの洗濯不要論

そういうこともあり、ネクタイ、特に天然繊維の高いものについては、インクの染みなどどうしようもない場合を除いて、洗濯をする必要がないと言う人もいます。

確かに儀礼用のネクタイなどめったに使わないものであれば、虫に食われないよう保管をしっかりすれば大丈夫です。しかし、仕事で使うネクタイならば、まったく洗濯しないというわけにはいかないでしょう。

アイロン不要というネクタイは意外とありますが、洗濯をしなくてもいいというのは、滅多に使わない超高級ネクタイのみであると思ってください。

やはり洗濯はすべきである!

ネクタイも洗濯は必要

日常的にネクタイをつけていればどうしても汚れはついてしまいます。

ネクタイの色が濃いし目立たないからいいや、と思っていると見ている人は見ていて「だらしない」と思われますし、ヨレヨレのネクタイをつけていればその人への評価が下がってしまうでしょう。

ワイシャツと同じ頻度でネクタイを洗濯すべきだとは思いませんが、やはり一定の頻度で洗濯をした方が、汚れが付きにくく、結果的に長持ちして、ファッション的にも、周囲からの評価もよくなります。

実際にネクタイを洗うとどうなるのか、以下で見ていきたいと思います。

実際にキレイになる!自分のネクタイをクリーニングに出してみた

先ず隗より始めよ、というわけで筆者が使っているネクタイをクリーニングに出してみることにしました。

ちょうど、近所にクリーニングチェーン『白光舎』があり会員でしたので、持っていくことにしました。

白光舎会員カード

持っていったのは

1.父が若いころに使っていて定年を機にもらった紺のネクタイ(おそらく40年くらい前のもの)

2.最近買った斜めストライプのネクタイ

この2つです。

1にはシミがついています。結構日常的に使っているネクタイなので知らない間についてしまったようです。

一方2は見た目にはきれいですが、糸のほつれがあります。はさみで切ってもよかったのですが、これをクリーニングに出すとどうなるのでしょうか?

当日有休をとっていたので、昼に近所にある『白光舎』の店舗に持っていくことにしましょう。

白光舎

価格は1本450円

今回はわかりやすいようにワイシャツなどはお願いせず、ネクタイ2本のクリーニングだけにしました。

レシートを見ると、お正月キャンペーンで5%引きになっています。

レシート

定価が430円。大体他社と同様の傾向で、ワイシャツクリーニングの倍の価格です。

特に急ぎの指定をしてはいなかったのですが、無料で特急便にしてくれました。

1月9日の昼に依頼して、仕上がりが翌10日の18時ということでした。ワイシャツなどと同じクリーニングラインに乗せるのでしょうか?ということは手洗いではなくて機械洗いなのでしょうね。

1日で仕上がり 驚きのビフォーアフター!

10日会社帰りに白光舎に寄り、仕上がったネクタイをもらってきました。

このように2本ともきちんと包装され、上にはハンガーも付いています。このまま押入れにある収納用の『―』に服と一緒に掛けておくこともできます。

クリーニング後のネクタイ

仕上がりのビフォーアフターは以下の通りです。

古い紺のネクタイ
ネクタイ

ネクタイ下部にあった白い汚れやシミ、ひっかき傷のようなものがきれいに落ちています。シワもなくなり「ピン」と伸びています。古いネクタイでしたが色落ちもなく、濃紺のままです。これならまた使っても何の問題もありません。

汚れが完全に落ちているのはとてもありがたく、アイロンがけの必要がありません。
これなら430円払う価値がありそうです。

斜め縞の新しいネクタイ
ネクタイ

こちらはもともとそんなに汚れていなかったのですが、ネクタイの細い部分に糸がほつれて出ていました。

しかしクリーニング後は、写真を見ていただくとわかりますが、ほつれていた糸が消えています。クリーニングの方で修理してくれたのかもしれません。

クリーニングの全体はこんな感じで、パリッとしています。
ぺちゃんこになっていないのもポイントが高いです。

すぐ使うこともできますし、そのまま衣装ラックに掛けておいてもいいかもしれません。

注意
自分で洗濯する場合

  • 汚れが落ちるのか
  • 繊維は傷まないのか
  • アイロンがけしてシワを伸ばせるか
  • 色落ちはしないか

こうしたことを気にかけなければなりません。

それが500円前後でクリアできるのだったら、ネクタイをクリーニングに出すのは正しい選択のように思えます。

ネクタイクリーニング各社の料金相場

今回は1枚450円(税込み)でクリーニングすることができましたが、他社はどうなのでしょうか?

大手のクリーニングや宅配クリーニング各店のネクタイのクリーニング料金を表にしてみました。

ネクタイ (参考):Yシャツ
ホワイト急便 264円~ 182円~
白洋舎 450円~ 350円~
ポニー 400円~ 220円~
ノムラクリーニング 500円~ 220円~
ピュアクリーニング 1080円~ 405円~
リネット 550円~ 290円~
白光社(今回筆者が利用) 430円~ 200円~

※各社HPより引用金額は税抜き

おおよそ450円~600円くらいで、ホワイト急便だけ200円代となっています。参考までにワイシャツのクリーニング料金も入れてありますが、だいたいワイシャツの倍くらいの料金になっています。

確かに高めではありますが、依頼するのを躊躇うほど高いというわけでもありません。

これは機械でクリーニングする安いプランなので、素材(シルク100%や刺しゅう入り)によっては、完全手洗いの高級仕上げを勧められることもあるでしょう。

高級仕上げはさらに倍くらいの料金です。それでも1000円ほどですよね。お願いできない金額ではなく、それほど頻度が高くないならば、ネクタイをクリーニングに出すのはありだと言えるでしょう。

通常のネクタイクリーニングであれば1日か2日で仕上がります。
シルク製品など高級ネクタイ向けのハイクラスクリーニング(手洗いや個別乾燥)を行う場合5日~1週間ほどかかることもあります。

次項で述べますが、1シーズン1回のクリーニングでいいので、多少日にちがかかっても問題ないはずです。

ネクタイは頻繁に洗えばいいというものではない!適切な頻度は?

ネクタイをクリーニングに出すと、びっくりするくらいきれいに仕上がることがわかりました。お金に余裕があるなら、頻繁にお願いすればよいのでしょうか?

答えはNOです。頻繁にクリーニングに出すべきではありません。

適切な頻度は各シーズンに1回

洗濯の適切な頻度

醤油をこぼしたとか、食べ物の油染みがついてしまった、雨水をかぶってしまったなどすぐに落とす必要がある急な汚れではない場合、クリーニングも自宅洗いも3か月に1回程度で大丈夫です。つまり、各シーズンに1回でOKということです。

シルク100%など高級素材のネクタイはもちろん、そうではない安めのネクタイも、自宅洗いだけではなく、クリーニングに出しても、どうしても繊維が傷ついてしまい、色落ちや風合いのクオリティダウン、ほつれなどが起きてしまいます。

皮脂や汗、ホコリの汚れだけならば、3か月に1回で十分落ちます。

ナイーブなネクタイの生地を傷めないことと、汚れを落とすことの両立をさせるための適切なタイミングが3か月に1回だとご理解ください。

みなさんはネクタイを10本以上持っている人がほとんどだと思います。それならば、ワイシャツなどと一緒に、何回かに分けてネクタイをクリーニングに出しても、つけるネクタイがなくなるということはないはずです。そこまで慌てなくて大丈夫です。

例外!シミがついた場合は急いでクリーニングへ出しましょう

日常的には3か月に1回でいいのですが、上で書いたように醤油をこぼしてしまったなど、明らかにシミがついてしまった場合、そのネクタイをあきらめず使い続けたいのであればクリーニングに持っていき、シミ抜きオプションをつけてお願いしてください。

自分でベンジンなどを使って応急処置的にシミ抜きすることもできますが、ネクタイの生地は傷みやすく、シミ抜きどころか薬剤で化学反応を起こして溶けてしまうかもしれません。

ここは素直にすぐにクリーニング店に持っていった方が賢明です。それでも数千円を取られることはないはずです。安いネクタイの場合は、あきらめて買い直した方がコスパがいい場合もありますが・・・。

思い出のあるネクタイは自分でどうこうせず、その時にクリーニングに持っていきましょう。

自宅でネクタイの洗濯をしてもいい?する場合の注意点は?

このようにネクタイのクリーニングは、素直にクリーニング店に出した方が(大した出費でもなく)良いと思われますが、安いネクタイであれば、自宅で洗濯しても構いません。

洗濯表示を確認しよう

ネクタイにはタグが付いているはずで、それで自宅での洗濯ができるか確認してください。タグや洗濯表示がついていないネクタイは、自宅洗いせず、素直にクリーニングに出した方が賢明です(私がクリーニングに出したネクタイは2本ともタグがありませんでした)。

タグはこんな感じについています。

タグにある洗濯表示で見分けてください。

<洗濯可能>
洗濯表示

洗濯表示

<洗濯不可>
洗濯表示

「おうちクリーニング」できる衣類の見分け方 | 知らないとソン!お洗濯のコツ | 洗濯機/衣類乾燥機 | PanasonicHPより

洗濯機や洗面器のマークに×がなければ、自宅で洗うことができます。マークにある数字はこの温度のお湯ならば洗濯ができるというものです。

洗濯表示については、詳しくはこちらを見てください。

洗濯表示一覧|おしゃれ着洗いに衣類用中性洗剤アクロン|ライオン

「新表示」(2016年12月~)と「旧表示」(それ以前)でマークが違うので、リンク先で確認してみてください。

ユニクロやしまむらなど安価な衣類チェーンのネクタイであれば、自宅で洗ってもいいでしょう。

洗濯OKな表示があり、たとえ洗濯機OKのネクタイがあったとしても(実際はあまりないです)、洗濯ネットに必ず入れて余り強いパワーで洗濯をしない方がいいでしょう。

ネクタイの自宅洗濯の基本は手洗いです。手間がかかって面倒だという人は素直にクリーニングに出すべきです。

ネクタイの自宅洗いの方法

ネクタイを自宅で汚れを落として選択したい場合は、以下の方法で行うと、比較的ネクタイにダメージを与えずに済みます。

  1. たらいや洗面器にお湯を張る(温度指定がある場合それに従う)
  2. 中性洗剤を入れて洗濯水を作る
  3. 洗濯水にネクタイを入れて5分~7分待つ
  4. 洗濯水の中で押し洗いする、揉まない、こすらない
  5. 別のたらいや洗面器に水を張りよくすすぐ

刺激を与えずに、やさしく揉み洗いするのがコツで、その後のすすぎもしっかり行います。洗剤がネクタイに残っているとシワの原因や生地を傷めてしまうことにつながります。

ネクタイの干し方

ネクタイの洗濯が終わったら乾燥させます。

まず、柔らかい布やタオルの上にネクタイを載せてやさしく脱水します。決して雑巾のように絞ることのないようにしてください。

その後、ネクタイをハンガーにかけ、陰干で乾燥させます。直射日光に当てると変色などの原因になります。

その後アイロンがけをしてシワを伸ばしていきます。

ポイント
ポイントは

  • スチームにする
  • あて布をする(アイロンを直接ネクタイに当てない)
  • 低温設定

です。

ポリエステルなど化学繊維の中には熱に弱く、高温のアイロンをかけると、変色や変形の原因になります。生地が溶けてしまったら、もう使い物になりませんよね。また、アイロンを強く当てすぎると、ぺちゃんこになってしまい見栄えが悪く、立体感があるネクタイに戻りません。ペラペラのネクタイをするのは明らかに変ですよね。

乾燥についても最新の注意を払って、やさしくネクタイを扱うことが大切です。

これだと、やはりクリーニングに出した方が楽だと思います。

ユニクロや紳士服チェーンの中には「ノンアイロン」でOKなワイシャツやスラックスがありますが、ネクタイについてはアイロンがけが必要です。干しておくだけではシワを取ることができないので注意してください。

難易度が高いネクタイの洗濯はクリーニングに出すべき

シルクのネクタイはクリーニングへ!

自宅洗いできる化学繊維のネクタイの場合、「アイロンがけ不要」というものもあり、上で述べた方法で、家庭で洗濯していただいて構いません。

一方、シルクのネクタイはシルク100%でなくても自宅洗いはしてはいけません。シルクを自宅洗いすると、たとえ手洗いで丁寧に洗濯したとしても、生地が伸びる、よれる、ほつれが起きる、ネクタイの凹凸ながなくなるなどネクタイとして使い物にならなくなります。

シルク生地はとても繊細で、素人が家庭で洗濯すると「毛羽立ち」という毛玉が生地にできてしまう現象が起きてしまいます。こうなるともうどうしようもありません。

「シルクのネクタイも家庭で洗濯できる」と書いてあるサイトもありますが、やはりリスキーです。クリーニングに依頼してもせいぜい1000円~1500円、素直にプロの手にお願いした方がよく、難易度が高いものを自分で洗濯するメリットがありません。

そのほか、自宅で洗濯するのではなく、クリーニングに依頼した方がいいのは

  • 柄物
  • 刺繍のあるもの

になります。

自宅で洗えるかどうか悩むくらいならば、まず1回クリーニング店に持っていった方がいいです。
大した出費ではないですし、3か月に1回でいいのですよ!

クリーニング後のネクタイ保管方法はどうするべきか?

]クリーニングに出して、あるいは自分で洗濯をしてきれいになっても保管状態が悪いとネクタイは傷んでしまいます。ナイーブな生地だからこそ大切に扱うことが必要です。最後にネクタイの保管方法について考えます。

日常的に使用するネクタイはハンガーに干す

ネクタイを曜日ごとに使いまわしている人もいますよね(月曜日は水玉のネクタイとか)。日常的に使うネクタイは、収納せずにハンガーに吊るしておけば大丈夫です。

ネクタイ専用ハンガーもありますが、市販のハンガーでも大丈夫です。クリップや洗濯ばさみを使ってずり落ちないようにすれば大丈夫です。強引にシワを伸ばそうと引っ張るとダメージを与えてしまいます。あくまで取り扱いはやさしく行ってください。

連続して使うのではなく、数日ごとにローテーションすると長持ちし傷みません。吊るすときに軽くブラッシングするとホコリや小さな汚れを落とすことができます。ちょっとの手間で長持ちするので、やってみてください。

丸めて保管する

使わないネクタイは傷まないように保管します。まず丸めて保管する方法です。靴下や下着用の仕切り板を使えば、押し入れや収納ボックスに簡単に保管でき、外からも見やすいです。

丸め方は、小剣(ネクタイの細い方)からクルクル巻くか、最初に2つに折ってから丸めていきます。強く巻くとシワになるのでやさしく巻いていきましょう。

色別、シーズン別、用途別に並べると、TPOに応じたネクタイ選びが簡単になります。

ネクタイハンガーに吊るして保管する

専用の「ネクタイハンガー」を使って保管、収納することもできます。スペースを取らず、部屋の隅や押し入れのハンガー掛けに吊るせば、長期間安定した状態で保管することができます。

ただし、吊るすとネクタイの重みで生地が伸びることがあります。シルクなど伸びやすく高級な素材のものは、平置き保管の方がいいかもしれません。

平置の状態で保管する

これがいちばんネクタイを傷めず、コンディションを維持できます。シワもつかず、生地を傷めることもありません。収納ケースやタンスに余裕があるならば、こちらの方法をおすすめします。

折らずに収納できる長い収納があればいいのですが、そうでない場合、二つ折りでも構いません。

専用のハンガーやケースもあり!100円ショップのアイテムでも十分保管が可能!

これらのハンガーや収納は、100円ショップでも購入することができます。わざわざ高いものを探さなくてもこれで十分対応できるので、暇なついでに100円ショップで探してみてください。

仕切りのついた収納は靴下など衣料品用を応用できますし、ネクタイハンガーそのものが売られている100均ショップもあります。100円なら買って損したということはないはずです。

※100円ショップのネクタイハンガー

※100円ショップの仕切り板

自宅で洗濯→乾燥→保管はなかなか大変なので、素直にクリーニングに出して、その状態で保管した方が長持ちしクオリティも維持できるはずです。高級ネクタイは特に取り扱いを大切にしてあげてください。

実際に汚れたネクタイをクリーニングに出してみた まとめ

まとめ
  • ネクタイは繊細な素材であり洗濯には注意を要する
  • 日常的に使用していれば、汗や油、ホコリなどはどうしてもついてしまう
  • 油染みなど緊急を要する場合以外は1シーズン1回の洗濯でよい
  • 自宅での洗濯ができるネクタイもあるがシルクなどは不可。洗濯できても手間がかかる
  • クリーニングに出してしまった方が確実にきれいになりシワも伸びほつれもなくなる
  • クリーニング代はワイシャツの倍程度でそれほど高くない
  • シルクなど高級素材のネクタイはハイクラスオプションを付けることになる
  • 最短1日、長くても1週間でクリーニングは仕上がる
  • クリーニングや洗濯をしたネクタイはきちんと保管して長持ちさせる
  • 100円ショップにあるネクタイハンガーや収納グッズで十分対応できる

\ 読まれています /

宅配クリーニング保管サービス徹底比較&おすすめランキング【8選】