こたつ布団はクリーニングで清潔に!料金の相場や日数、出す頻度などまとめて解説! | カジタン

こたつ布団はクリーニングで清潔に!料金の相場や日数、出す頻度などまとめて解説!

こたつ布団はクリーニングで清潔に

こたつ布団は、食べ物や飲み物をこぼしたり、汗やホコリがついたりと汚れが目立ちませんか?
汚れを放置したまま収納してしまうと、黄ばみやカビが発生する可能性があります。こたつ布団をクリーニングするなら、自宅よりお店に出した方が確実にキレイに仕上がるのでおすすめ!

今回は、こたつ布団をクリーニングに出した方がいい理由や、持ち込みと宅配クリーニングのメリット・デメリットなどを詳しく解説します。
また布団の宅配クリーニングでは全てのサービスを比較しています。

この記事でわかること

  • こたつ布団をクリーニング店に出した方が良い理由
  • こたつ布団の敷布団もクリーニングできるのか
  • こたつ布団のクリーニング料金相場
  • クリーニングに出すタイミングと頻度
  • こたつ布団をクリーニングできるお店

目次

こたつ布団はクリーニングがおすすめ!その理由は?

こたつ布団はクリーニングがおすすめな理由
こたつ布団は自宅でも洗えますが、クリーニング店に出した方が断然キレイに仕上がります!

自宅とクリーニング店の洗い方を交えて、お店に出した方がいい理由をご説明していきましょう。

水洗いで汚れはすべて落とせない

こたつ布団には、食べ物や飲み物などの水溶性の汚れと、皮脂や汗などの油汚れが付着しています。

洗濯用洗剤で水洗いしても、これらすべての汚れを落としきることは出来ません。酵素系漂白剤などで汚れを落とすことは可能ですが、こたつ布団は大きいため、付着した汚れをすべて落としきることは難しいでしょう。

汚れが付着した状態で保管は、黄ばみや虫食いの原因です。来シーズンもまた使いたいなら、キレイな状態にクリーニングしてから保管することをおすすめします。

家庭でクリーニングは大変

家庭でこたつ布団を洗う時は、お風呂の浴槽の中で足踏み洗いが基本です。汚れを落とすために、何度も足踏みしなくてはならず、水を吸ったこたつ布団はかなり重たくなるので結構な重労働です。

もちろん洗濯機の容量と布団のサイズが合えば、洗濯機でも洗うことは可能ですが、洗濯機に無理やり大型のこたつ布団を詰め込むと汚れ落としきることができないばかりか、洗濯機の故障の原因になる恐れがあるので注意しましょう。

脱水時間が長いと中綿が片寄る

こたつ布団は脱水時間が長過ぎると中綿が片寄り、使えない状態になってしまいます。

洗濯機に入らないこたつ布団は、洗いと同じく足で脱水をします。脱水の力加減によって素材や中綿にダメージを与えてしまうため、状態を確認しながら絞らなくてはいけません。

クリーニング店は洗いから脱水まで、こたつ布団にダメージを与えない方法でおこなうため安心です。

乾燥するまで時間がかかる

水を含んだこたつ布団は、よく晴れた日に天日干しが適しています。

乾燥時間が長いと、菌が増殖して生乾きのニオイやカビが発生するので気をつけましょう。

こたつ布団は重くて大きいため、短時間で乾かせる場所の確保も必要です。天気の良い日を狙う必要があるため、思うようにこたつ布団が洗えず冬を迎えてしまうケースも珍しくありません。

こたつ布団のクリーニングはコインランドリーOK?

こたつ布団のクリーニングはコインランドリーOK
こたつ布団はコインランドリーでクリーニングできますが、素材によって洗えないケースがあるので気をつけましょう。

洗濯機洗いや手洗いができないこたつ布団

※洗濯表示マークで「洗濯機洗い」と「手洗い」マークに×が付いていない画像

こたつ布団の洗濯表示マーク「洗濯機洗い」と「手洗い」に×印が付いていると、コインランドリーで洗えません。こたつ布団によって洗い方が違うため、必ず確認しましょう。

乾燥機が使えないこたつ布団

※洗濯表示マークで「乾燥機」マークに×が付いていない画像

洗濯表示マーク「乾燥機」に×印がついているこたつ布団は、乾燥機が使えません。また、乾燥機マークなど表示がない時は、こたつ布団についているタグに文字で注意書きがあるか確認しましょう。

コインランドリーで洗えない素材

コインランドリーでこたつ布団を洗う前に、素材で判断することが可能です。

コインランドリーで洗えない素材は、次のようなものです。

  • 真綿
  • 羊毛
  • キルティング加工

こたつ布団の中綿は、一般的に「綿」「羽毛」が多いのですが、中には羊毛で作られている商品もあります。知らずに洗ってしまうと、こたつ布団がダメージを受けて使えなくなってしまうので気をつけましょう。

【羽毛布団をコインランドリーで洗濯してみた】失敗しない洗い方と乾燥のコツを画像つきで紹介!

こたつ布団はクリーニング店と家庭で洗い方が違うの?

こたつ布団のクリーニング店と家庭での違い
家庭でこたつ布団をクリーニングするより、お店へ出した方がキレイに仕上げてもらえる理由は洗い方が関係しています。

自宅 クリーニング店
水の種類 硬水(水道水) 軟水
洗う時間 短い 長い
水の量 少ない 多い
洗い方 こたつ布団を動かす 水を動かす
乾燥方法 ・天日干し ・こたつ布団に合わせて機械や温度を調節

水道水(硬水)は水の分子が荒いため、中綿の中心部まで水が浸透しづらい特徴があります。

こたつ布団をクリーニングする場合、水の量が多いほどダメージが抑えられるため、クリーニング店の方がよりキレイに仕上げられるのです。

また、こたつ布団の乾燥方法もまったく違います。

クリーニング店では、こたつ布団の中綿の水分量を機械で計測するなど、細かいプログラムで仕上げてくれます。

中綿がふっくらするため、クリーニングする前よりボリュームがアップします。

こたつ布団は敷き布団もクリーニング店でできる?

クリーニング店では、こたつ布団だけではなく敷き布団もキレイにしてくれます。

敷き布団もこたつ布団と同じく、洗い方や乾燥時間によってニオイやカビが発生します。とくに、乾燥時間が短いと敷き布団のフチ部分に黒い斑点が見られやすいので、自宅でのクリーニングは注意しましょう。

こたつ布団はクリーニングに持っていくのと宅配どっちがいい?

こたつ布団はクリーニング持込みと宅配どっち?
こたつ布団をクリーニングに出す際、「お店に持ち込む」と「宅配・集荷」の2パターンあります。それぞれ特徴が異なるため、利用する前に確認しておきましょう。

持ち込み 宅配
特徴 ・お店に自分で持ち込む
・予定日に引き取りに行く
・ネット申し込みできる
・業者が自宅へ集荷、宅配
メリット ・戻ってくる日数が短い
・スタッフと直接話せる
・24時間いつでも申し込める
・保管サービスがある(店舗により異なる)
デメリット ・こたつ布団の持ち込みは大変
・営業時間に合わせた行動が必要
・戻ってくる日数が長い
・直接スタッフと話ができない

持ち込みのクリーニングは、シミや破れなど気になる箇所をスタッフへ直接伝えられますが、宅配クリーニングはすべてメールか電話です。

その分、大きなこたつ布団を玄関先まで業者が集荷・宅配してくれるため、都合に合わせて選ぶと失敗しません。

こたつ布団の宅配クリーニングの流れ

これまでのクリーニングといえば「持ち込み」が中心でした。

しかし、最近は全国エリア対象の宅配クリーニングが増え、クリーニング店の営業時間に間に合わない・持ち運びが大変などの悩みが解消されました。

宅配クリーニングはどんな流れで利用するのか、チェックしていきましょう。

  1. インターネットから申し込みをする
  2. 集荷ボックスが送られてくる
  3. こたつ布団を集荷ボックスに入れて発送する
  4. クリーニング店から受付や受け取りのメールが届く
  5. こたつ布団が戻ってくる

宅配クリーニング店によって流れは多少違いますが、こたつ布団をお店側が受け取ると確認メールが送られてくるため発送事故など、心配なく利用できます。

また、気になるシミや毛玉などをメモ書きして、集荷ボックスに一緒に入れると直接スタッフと話せなくても伝えられます。

こたつ布団のクリーニング料金相場は?

こたつ布団のクリーニング料金相場
こたつ布団のクリーニング料金は、持ち込みと宅配で異なります。それぞれの料金相場を次の表へまとめましたので、参考にしてみてください。

持ち込み 宅配
こたつ布団(掛け) 平均3,500円 平均4,000円
こたつ布団(敷き) 平均3,000円 平均3,500円

持ち込みのクリーニング店の方が、宅配クリーニングより比較的安めです。宅配クリーニングは送料無料としているケースが多いため、料金が高いケースが多いです。

料金だけで比較すると、クリーニング店へ持ち込んだ方がメリットは大きいのですが、宅配クリーニングは「シミ抜きや毛玉取りが無料」な場合があるので、オプションも必ず確認しましょう。

こたつ布団をクリーニングするならオプションをチェック

こたつ布団をクリーニングするならオプションをチェック
こたつ布団のクリーニングをするなら、防ダニや防虫加工のオプションがおすすめです。2つのオプションはどういった内容なのか、詳しくチェックしていきましょう。

防ダニ加工

防ダニ加工は、こたつ布団の内部に残るダニの死骸やフンを取り除き、ダニが近づかないように忌避剤で加工します。クリーニングするだけで、こたつ布団に付着したダニの大半は除去できますが、少しでも残っているとダニが繁殖する可能性があります。

こたつ布団は長期間保管するため、防ダニ加工をしておくと安心です。

防虫加工

防虫加工は、こたつ布団を虫に食べられないように防虫剤で予防する方法です。防虫剤といっても殺虫剤のようなニオイはなく、人体に悪影響のないものなので安心して使えます。

衣類を食べる虫は高級繊維を好む性質があるため、羊毛のこたつ布団などに効果的です。

こたつ布団がクリーニングから戻ってくる日数は?

こたつ布団がクリーニングの日数
こたつ布団がクリーニングから戻ってくる日数は、持ち込みと宅配で異なります。詳しくは次の表を参考にしてください。

持ち込み 宅配
こたつ布団(掛け) 1~2週間 2~4週間
こたつ布団(敷き) 1~2週間 2~4週間

こたつ布団のクリーニングは、長くて約1ヶ月かかります。

シーズン中に汚れてしまったこたつ布団をクリーニングするなら「持ち込み」収納する前にクリーニングするなら「宅配」がおすすめです。

こたつ布団のクリーニングは、3月~7月に掛けて忙しいため、予定通りに戻ってこない可能性があるので気をつけましょう。

こたつ布団をクリーニングに出す頻度は?

こたつ布団をクリーニングに出す頻度
こたつ布団をクリーニングする頻度は、最低でもワンシーズンに1回がおすすめです。

クリーニングのベストなタイミングは、収納する前です。
また、こたつ布団を使う前にも1回クリーニングしておくと衛生的です。

こたつ布団は長期間収納しているため、クローゼットや押入れで保管している間にダニが繁殖している可能性があります。

ダニは日陰で湿度の高い場所に生息しやすく、クローゼットや押入れは快適な環境といえます。クリーニングで防ダニ加工をしていれば、出してそのまま使っても問題ありません。

こたつ布団をクリーニングする際の注意ポイント

こたつ布団をクリーニングに出す際の注意点
こたつ布団をクリーニングに出す前に注意すべき点が3つあります。知らずに出してしまうと、料金が高くなったりクリーニング店とトラブルになったりするので、気をつけてください。

こたつカバーは外す

こたつ布団をクリーニングに出す前に、必ずカバーは外してください。

こたつカバーをかけたままクリーニングに出してしまうと、そのまま洗ってしまうため汚れが落ちにくくなります。また、こたつカバーは別途料金が発生する可能性があるので気をつけましょう。

こたつ布団はカバーだけではなく、中綿まで汚れが浸透しているため、中心部までしっかり洗わなくてはいけません。二度手間にならないように、クリーニング前にこたつカバーは外しておきましょう。

汚れや破れ、ファスナーの故障を確認

こたつ布団の汚れや破れ、ファスナーなどの故障は事前に確認しておきましょう。

クリーニング店では、洗いの前にこたつ布団の汚れや破れなど確認しています。破れている箇所が多いとクリーニングできないため、そのまま戻ってくる可能性があります。

大きな破れや数カ所に穴があるこたつ布団は、クリーニング店へ持ち込んで、直接スタッフに相談しましょう。

保管や収納方法に注意

こたつ布団がクリーニングから戻ってきたら、湿気やホコリが付着しない方法で収納しましょう。

こたつ布団の収納は、湿気やホコリが付着しない圧縮袋が適しています。中綿が入ったこたつ布団は、プラスチック製の収納ケースなどに入れてしまうと置き場所を考える必要があります。

また、こたつ布団は長期収納することで、カビの発生にも気をつけなくてはいけません。湿度や温度管理をこまめにして、次のシーズンも快適に使えるように保管しましょう。

こたつ布団はクリーニング店の保管サービスが便利!

クリーニング店は保管サービスが便利
保管サービスのあるクリーニング店を利用すると、最適な環境でこたつ布団を預かってもらえます。

クリーニング店によって保管サービスの期間や保管環境は異なりますが、多くは次のような条件です。

  • 次のシーズンまで長期保管
  • 温度や湿度管理が調整された部屋で保管
  • 直射日光などダメージの当たらない環境で保管

こたつ布団が最適な環境で過ごせる温度や湿度の整った部屋で保管されるため、カビやダニの繁殖などの心配がありません。クローゼットや押入れもスッキリするので、保管スペースが狭くて困っている方にはとてもありがたいるサービスです。

こたつ布団におすすめのクリーニング店!

こたつ布団におすすめのクリーニング店
お店によって、こたつ布団を取り扱いしていないクリーニング店があります。全国にある持ち込み・宅配クリーニングで、こたつ布団に対応したお店を調べてみました。

各クリーニング店の受付方法や保管サービスなど、チェックしていきましょう。

白洋舎

白洋舎

受付方法 宅配
料金 2枚セット:17,000円
3枚セット:19,500円
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約3週間
オプション なし
保管サービス なし

白洋舎は、こたつ布団に限らず掛け布団や敷き布団など、組み合わせ自由にクリーニングできます。綿や羊毛、羽毛と中綿の種類問わずクリーニングできるため、シーズンが終わった時にリーズナブルな価格でまとめてキレイにできます。

ホワイト急便

ホワイト急便

受付方法 宅配
料金 3枚セット:13,000円
(+2,000円で9ヶ月保管付き)
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約2週間
オプション ・保管サービス
保管サービス 最長9ヶ月

ホワイト急便のお布団丸洗いクリーニングは、こたつ布団や掛け布団、敷き布団を3枚1セットのお得なコースです。ふとん専用の大型洗濯機を使い、たっぷりの温水や布団に合わせたクリーニングスピードで洗い上げます。最大9ヶ月の保管サービスありで収納スペースに困りません。

カジタク(イオン)

カジタク

受付方法 宅配
料金 2枚セット:11,800円
3枚セット:17,000円
(+1,000円で9ヶ月保管)
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約2週間
オプション ・保管サービス
保管サービス 最長9ヶ月

カジタクは、こたつ布団以外の布団を組み合わせたクリーニングパックを用意しています。洗いの前にスタッフがシミを確認し、前処理してから大型洗濯機でクリーニングします。保管は、温度や湿度、UVを徹底管理した専門保管庫で管理するため、カビやダニの心配がありません。

ふとんリネット

ふとんリネット

受付方法 宅配
料金 1枚:8,800円
2枚セット:11,800円
3枚セット:12,800円
4枚セット:14,800円
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約2週間
オプション ・防ダニ加工(1枚1,000円)
保管サービス なし

ふとんリネットは、こたつ布団に付着したシミや黄ばみをタンパク質分解酵素で汚れを落としてから丸洗いします。抗菌・防臭効果付きの洗剤でクリーニングするため、衛生面の心配がありません。保管サービスはありませんが、まとめてクリーニングすると1枚あたりの料金がお得です。

リナビス

リナビス

受付方法 宅配
料金 1枚:8,800円
2枚セット:11,800円
3枚セット:12,800円
4枚セット:14,800円
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約2週間
オプション なし
保管サービス 最大12ヶ月

リナビスはオプションがありませんが、専用洗剤でこたつ布団を丸洗いして、中綿の汚れをしっかり落とし熱風により減菌します。こたつ布団にダニのエサとなる汚れを残さないため、来シーズンもキレイな状態で使えます。枚数に応じてお得な料金設定なので、まとめ洗いに最適です。

\ 試しました /

【リナビス】布団クリーニングで布団と枕が見事に再生!実際の写真付き!

ベルメゾン

ベルメゾン

受付方法 宅配
料金 3枚セット:11,990円
※こたつ布団専用コース
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約4週間
※お急ぎ便は最短2日後(別途料金)
オプション ・防ダニ加工
保管サービス 最大9ヶ月

ベルメゾンのこたつ布団クリーニングは、掛け布団や敷き布団など組み合わせ自由なお得なセットコースがあります。布団に付着した汚れを特殊しみ抜きし、丸洗いします。乾燥は布団専用の遠赤外線乾燥機を利用するため、ふんわりとした状態で戻ってきます。

ポニークリーニング

ポニークリーニング

受付方法 宅配
料金 2枚セット:10,800円
3枚セット:15,800円
【保管料金】
2枚セット:+2,000円
3枚セット:+3,000円
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約3週間
オプション ・防菌、防ダニ加工コースあり
・防カビ加工
保管サービス 最大9ヶ月

ポニークリーニングは、こたつ布団を丸洗いして抗菌・消臭、黄ばみ効果を高めます。6パターンの洗い方でこたつ布団に適した方法で洗い、2回乾燥するためふっくら仕上がります。こたつ布団の保管は、最適な環境の温度と湿度に保たれた部屋で管理するため、安心してお任せできます。

しももとクリーニング

しももとクリーニング

受付方法 宅配
料金 1枚:8,800円
2枚セット:11,800円
3枚セット:13,800円
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約1週間
オプション なし
保管サービス なし

しももとクリーニングは、こたつ布団に付着したシミを石けんのみで落としてから丸洗いします。他の品物と一緒に洗うのではなく、完全個別洗いだから汚れ移りの心配がありません。洗いが終わると約70℃の高温乾燥を短時間でおこない、その後立体型乾燥機で再び乾かします。

リアクア

リアクア

受付方法 宅配
料金 1枚:4,800円~
こたつ布団掛け・敷き 両方OK
仕上がり日数 約2週間
オプション 不明
保管サービス 最大6ヶ月

リアクアは、こたつ布団をまるごと水洗いするため、ダニやハウスダストの汚れをしっかり落とせます。こたつ布団は掛けと敷きどちらにも対応しており、複数枚クリーニングしたい時は詰め放題プラン(3~4枚で19,800円)がお得です。こたつ布団は温度や湿度、遮光が管理された専用室で6ヶ月間保管が可能です。

まとめ|こたつ布団はクリーニングしてから保管しよう

こたつ布団はクリーニングしてから保管しよう
こたつ布団はワンシーズンしか使いませんが、目には見えないシミや汚れが付着しているため、最低でも収納前にクリーニングしましょう。汚れを放置していると、ダニの繁殖やカビが発生し、次のシーズンに使えない可能性があります。

自宅で洗うこともできますが、クリーニング店は専用洗剤で抗菌・防ダニ加工してもらえるので、安心してお任せできますよ。

\ 関連 /

【リナビス】布団クリーニングで布団と枕が見事に再生!実際の写真付き!