靴の洗濯はコインランドリーで!料金、洗い方やスニーカークリーニング(靴の洗濯機)の使い方 | カジタン

靴の洗濯はコインランドリーで!料金、洗い方やスニーカークリーニング(靴の洗濯機)の使い方

靴の洗濯はコインランドリーで!料金、洗い方やスニーカークリーニング(靴の洗濯機)の使い方

洋服や布団、カーペットなんかまで洗えちゃうコインランドリー。

非常に便利ですが、こう思ったことはありませんか?

コインランドリーで靴も洗えたらなあ……

実は、最近そんな悩みを解消するための素晴らしい機械が、各地のコインランドリーにどんどん導入されているんです。

今回はそんな、靴の洗濯機「スニーカーランドリー」についてご紹介します!

スニーカーランドリーの価格や時間、使用方法を解説していきますよ。

靴を洗濯する方法は3つある!

スニーカーのクリーニング方法
靴をクリーニングする方法として「自宅、コインランドリー、クリーニング店」と、大きく分けて3つあります。

それぞれ洗い方や用意するものが違うので、クリーニング方法を確認していきましょう。

 

①:自宅で洗う

スニーカーは自宅で洗濯するという人が多いでしょう。洗い方は生地によって異なりますが、今回はスニーカーに多いキャンパス地の洗い方を紹介します。

革以外のスニーカーは、洗い方のポイントは大体同じです。

用意するもの

  • スニーカーが入る大きなバケツ
  • ぬるま湯(約40℃)
  • 中性洗剤(靴専用洗剤)
  • ブラシ(靴用ブラシや歯ブラシ)

スニーカークリーニングを自宅でするポイントは「ぬるま湯」です。水と違ってぬるま湯は汚れが落ちやすいので、必ず用意しましょう。

自宅での洗い方

自宅でスニーカークリーニングする際は、事前に靴紐を解いた状態からスタートします。洗い方の流れをチェックしていきましょう。

〔※画像2〕
バケツにぬるま湯とスニーカーを入れつけ置き

〔※画像3〕

バケツの中に洗剤を入れて溶かす

〔※画像4〕

ブラシを使って内側と外側を洗う

〔※画像5〕

風通しのより陰干しで乾かす

スニーカーの汚れや臭いがひどいときは、約30分つけ置きがおすすめです。つけ置きすることで、汚れが浮き上がり落ちやすいです。

また、スニーカーの内側は「つま先からかかとに向かって汚れを流しながら洗う」のがポイント!

手が届きにくい場所は毛先の細い歯ブラシを使うと、洗いやすいです。

 

②:コインランドリー

あまり知られていませんが、靴の洗濯はコインランドリーでもできます!

自宅で洗うのが大変、手間をかけずに靴を洗濯したい人は、コインランドリーに設置してある「スニーカーランドリー」が便利です。

スニーカーランドリーの料金

スニーカーランドリーの料金は、洗濯機のみだと200円、乾燥機が1回100円です。300円あれば、スニーカーのクリーニングができます。

スニーカーランドリーは、コインランドリーによっては設置されていない場所があります。また、お手軽に利用できることから、スニーカーをよく履く夏場などは使用中が多いため使えない可能性が高いです。

用意するもの

スニーカーランドリーは、基本的に用意するものはありません。

洗濯時に使用する洗剤は、自動投入なので予め準備する必要がないのです。靴専用の洗剤が投入されるので、頑固な汚れや悪臭を抑えた仕上がりになります。

洗濯したい靴を持参するだけで大丈夫です。

 

③:クリーニング業者へ依頼する

クリーニング業者は衣類だけではなく、スニーカーに対応しているお店があります。大切なスニーカーや汚れや臭いが気になる時は、クリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

業者によってクリーニング方法は異なりますが、基本的に「機械洗い」か「手洗い」のいずれかです。

今回は、スニーカークリーニングで人気の手洗いの手順をチェックしていきましょう。
  1. スニーカーの紐を解く
  2. スタッフによる汚れ確認
  3. 専用洗剤とブラシで洗う
  4. 除菌や消臭をする
  5. シューキーパーなどで成形
  6. 乾燥室などで乾かす
  7. 色補正や保湿クリームでお手入れ

クリーニング業者の洗い方は、自宅やコインランドリーでは難しいほど、丁寧にスニーカーをお手入れしてくれます。

そのため、申し込みしてから手元にスニーカーが戻ってくるまで「平均2週間」はかかるでしょう。

クリーニング店への依頼を考えている人は、まず「スニーカーをクリーニングに出した時の料金や効果は?自宅で洗う方法やおすすめのクリーニング店も紹介!」をチェックしてみてくださいね!

靴の洗濯機スニーカーランドリー、各地コインランドリーで導入中!

スニーカーランドリー
ちょっと前まで、スニーカーランドリーを導入しているコインランドリーはかなり少なかったようですが、最近になって導入する店舗が急に増えてきました。

最近はスニーカーが人気になってきて、スニーカーランドリーで洗えるものが多くなってきたからでしょうか?

コインランドリーの使い方にも書きましたがスニーカーだけでなく、上履きなども洗えます。お子さんの泥まみれの靴などでも大丈夫です。

逆に革靴・パンプス・ブーツなど、硬いものは洗えません。詳細は店舗に置いてある各機によって微妙に異なりますので、機械に書いてある説明書をみてチェックしてください。

基本的に、手洗いできるような靴はすべてスニーカーランドリーでも洗えます!

スニーカーランドリーを使うメリット

スニーカーランドリーを利用するメリット

スニーカーランドリーは伊達に導入店舗が増加しているわけではありません。
使い勝手が非常に良く、しっかりとした需要があるからこその人気なんです!

洗濯時間が20分とかなり短い

スニーカーランドリーはいくつかのメーカーから出ているので誤差はあるものの、最も普及しているものであれば、たった20分で洗濯が完了します。

他のコインランドリー機械、洋服の洗濯機は30分〜40分かかることが多いので、これは時間がなくて急いでいる方にとってはかなりのメリットになります。

コインランドリーの中とか、駐車場の車の中で待っている時間ってもったいないので早いと嬉しいです。

他のコインランドリー機械より圧倒的に安い

洋服を洗うコインランドリーの洗濯機だと、もっとも安い縦型洗濯機ですら一回400円程度かかります。洗う量が多ければそれでもいいんですが、一人暮らしなどであまり洗い物がない場合はちょっともったいないです。

その点スニーカーランドリーなら、20分洗濯してたったの200円。乾燥機も20分100円なので、仮に1時間念入りにしっかり乾燥させたとしても500円で済んでしまうんです。

靴ですから、洋服より頻繁に汚れます。コインランドリーに行く回数も増えがちですので、低価格で洗濯できるのはありがたいところです。

関連 コインランドリーの料金や所要時間の目安!時間短縮&効率よく使うテクニックも教えます

最大4足までいっぺんに洗濯・乾燥できる

安い・早いとメリットばかりのスニーカーランドリーですが、実は大人の靴なら2足、子供の靴なら最大で4足まで同時に洗濯・乾燥させることができます。

大人だと外で遊ぶことも減りますし、靴がすごく汚れるってなかなかないですが、子供は外で元気に遊んだら当然靴を汚してきます。子供が何人かいても、4足まで洗えるので安心です。

子供の上履きなんかも洗えますので、終業式が終わったタイミングでとか、まとめて洗ってしまうのもいいかもしれません。

洗濯機のみ・乾燥機のみでも使える

スニーカーランドリー

スニーカーランドリーは洗濯機部分と乾燥機部分に分かれています。

これはもちろんどちらか片方だけ利用することができるので、例えば天気が良くて晴れている人か、次に履くまで時間があるといった場合には、洗濯機だけ利用して、乾燥は家で天日干しさせる、といったことも可能です。

逆に雨で天気が悪い日は、自分でで洗いだけやって、乾燥だけスニーカーランドリーを使うのも良さそうです。節約になります。

泥もしっかり落として消臭効果もプラス

そもそもの洗濯機能自体も結構優秀で、洗剤を自分で持っていく必要はなく、専用の洗剤を自動で投入してくれます。

専用の洗剤によって、ガンコな汚れを落とすだけでなく、消臭効果もプラスできます。

子供が長く履いていたり、洗うのもしばらくサボっていたりなどの理由でちょっとニオイが気になる靴があれば、ぜひスニーカーランドリーに持っていってみましょう。

スニーカーランドリーの使い方

スニーカーランドリーの使い方
ここからはスニーカーランドリーの使い方を写真付きで説明します。

洗いと乾燥は別の機械を使うため、干すのは自宅にするなど都合に合わせて利用できますが、今回はウォッシャーと乾燥機両方の使い方をチェックしていきましょう。

洗濯機

スニーカーランドリーは、泥汚れを予洗いすることなく利用できます。

靴の用意

スニーカーランドリーで洗いたい靴
まずは靴を用意。

洗えるのはスニーカーや上履きなど、自分で手で洗うことができるタイプのもの。

革靴やパンプス、厚手のブーツなどは洗えません。

靴の紐は外しておく

スニーカーの紐は外しておく
靴をしっかり結んでいる方は少し解いて、靴の中に入れておいてください。

しっかり洗いたい場合は完全に外してしまうのもいいかもしれません。

靴ひも部分①靴ひも部分②

靴ひもの部分も意外と結構汚れています。

お金を投入

スニーカーランドリーにお金を投入
※ まだ靴は入れない!

まずはお金を投入します。基本的に釣り銭は出ないので、コインランドリー内にある両替機や、近くのコンビニで小銭を用意しておきましょう。

「洗濯槽シャワー」ボタンを押す

スニーカーランドリーの洗濯槽シャワーボタン
※ まだ靴は入れない!

靴を入れる前に、「洗濯槽シャワー」を行います。これをすることで、前の人が使ったときに出た泥汚れや砂汚れなどを洗い流して、綺麗な状態で自分の靴を洗ってもらえます。

このとき自分の靴を入れてしまうと汚い水で洗うことになってしまいます。注意です。

スニーカーランドリーに靴をセット

スニーカーランドリーに靴をセット

洗濯槽シャワーが終わったら音が鳴るので、そうしたら靴をセットします。

靴の入れ方ですが、真ん中にぐるっとブラシがありますので、そのブラシに靴の甲が当たるようにセットしてください。

靴底が外側、です。

ここを間違えてしまうと思っていた通りに綺麗になりません。

またこのとき、靴紐が中にしっかりしまえているかどうかも再度チェックしておきましょう。

靴をちゃんとセットできたらボタンを押して開始します。

乾燥機

靴用乾燥機
靴の洗濯が終わったら、次に乾燥機で靴を乾燥させます。

乾燥器の使い方はウォッシャーよりも簡単!

では見ていきましょう。

乾燥機に靴をセットする

靴用乾燥機に靴をセット
乾燥機の場合は洗濯槽シャワーが必要ないので先に靴をセットします。

大人の靴なら上下で2足、子供の靴なら下に2足、上に2足の計4足入ります。

お金を入れてスタート

コイン投入口にお金を入れたら乾燥が始まるので、扉を閉めてあとは待つだけ。

スニーカーランドリーの所要時間は、洗濯機が約20分乾燥機は約20分です。

スニーカーランドリーでの仕上がり

スニーカーランドリーで洗濯した靴の仕上がりはこんな感じです。
靴のビフォー①靴のアフター①

靴のビフォー②靴のアフター②

靴のビフォー③靴のアフター③

合皮製の靴なのですが、これだけきれいになりました!

黒ずんでいた靴紐もきれいになってスッキリです。

乾燥は1度では乾燥しきれていなかったので2回(40分)しました。

靴を洗濯する頻度は?

靴の洗濯する頻度
スニーカーのクリーニング頻度は「汚れたら洗う」が基本です。子供は学校で毎日スニーカーを履くため、週に1回のペースで洗濯する家庭が多いです。

ただ、毎日同じ靴を履き続ける人、ファッションや気分に合わせて好きな靴を履く人と、人によって使用頻度は異なります。

同じ靴を履き続ける人は「週1回」、使用回数が少ない人は「月1回」の頻度で洗濯するのが望ましいです。

スニーカーランドリーを上手に使うコツ

スニーカーランドリーで汚れを落ちやすくしたり、より上手に使う方法をご紹介します。

靴底に挟まった砂利は落としておく

靴底に挟まった砂利は先に落としておく

子供用の運動靴など、靴底に細かい模様がある靴って砂利がよく挟まりますよね。

残念ながら、スニーカーランドリーの洗濯機だけであの砂利を全て綺麗に取り除くことはできません。

あれは乾いているときにやったほうが多少取りやすいため、スニーカーランドリーを使うより先にとっておくことをお勧めします。

家で洗剤につけておくのもアリ

汚れの気になる部分に洗剤をつけておき ランドリーに行く前に洗い流します

なかなかこれをやっているという話は聞いたことがありませんが、実は洗濯機の効果がかなり上がるのでお勧めの方法です。

事前に靴の集中的に綺麗にしたい部分に洗剤をつけておきます。

スニーカーランドリーに持っていく直前に洗い流し、そのままスニーカーランドリーで洗いましょう。つけてあった部分の汚れは、何もしなかったときに比べ落ちやすくなっています。

※洗剤をつけたままでスニーカーランドリーの洗濯機を使うと中が泡だらけになったりする可能性があるためオススメしません。

中敷を出して洗う

中敷が外せるタイプであれば、中敷は外してしまって洗うのがオススメです。

ニオイの元は中敷にあることが多いですから、消臭効果を大事にしたい方には特に効果ありです。

コインランドリーで靴を洗う方法まとめ

コインランドリーで最近増えてきている、スニーカーランドリー(靴の洗濯機)についてご紹介しました。

使い方はかなり簡単で、料金も他のコインランドリー機械に比べ非常に安いですので、これまでコインランドリーを使ったことのない人でも試しやすいと思います。

キレイは足元から。スニーカーランドリーをうまく使って、いつも清潔な足元を演出してみてくださいね!

\ またもっと綺麗にしたい方へ /

靴クリーニングのおすすめ(安い料金比較)抗菌、防臭加工で保管もできる!靴の丸洗いでピカピカに