コインランドリー乾燥機の使い方!乾燥の時間や料金なども解説 | カジタン

コインランドリー乾燥機の使い方!乾燥の時間や料金なども解説

コインランドリー乾燥機の使い方!乾燥の時間や料金なども解説

コインランドリーの乾燥機、使ってますか?

コインランドリーの乾燥機は雨の日の強い味方。家の乾燥機より早く乾かせるだけでなく、よりふわふわで、気持ちよく仕上がります。

この記事では、コインランドリーの乾燥機を使ったこのない人のために、かかる時間や料金、使い方、上手に使うコツなどを写真付きで紹介していきますよ。

この記事さえ読めば、乾燥機についてはバッチリです!

コインランドリーの乾燥機をみてみよう

コインランドリーに行ったことのある人ならわかると思いますが、乾燥機はこんな感じになっています。

コインランドリー乾燥機

ドシン、と陣取っていますね。

だいたいどこのコインランドリーにも、中サイズ・大サイズの2種類が用意されています。

コインランドリー乾燥機

サイズが違っても使い方は同じ。違うのは、
● 容量
● 料金
● 1回あたりの運転時間
だけです。

コインランドリー乾燥機の使い方!お金を入れるだけで簡単!

コインランドリー乾燥機の使い方は非常に簡単。

1.)洗濯物を入れて……

洗濯物を入れて

2.)稼働させたい時間分のお金を入れる。

稼働させたい時間分のお金を入れる

以上!!!簡単すぎますね。

ただしいくつか注意点があります!

コインランドリー乾燥機使用の注意点

①洗濯物を入れる量に気をつけて!

その機械が想定する容量を超えて入れすぎると、乾燥効率が極端に悪くなります。

基本的には、タンクの3分の1以上入れると乾燥効率が落ち始め、半分以上入れると急激に効率が落ちると言われています。

どこのコインランドリーでも、乾燥機の扉には「入れるのはここまででお願いしますね」といった意味で線が引かれています。

コインランドリー乾燥機

このラインを超えそうなら一つ大きいサイズの乾燥機に移すか、同じサイズでも二つにわけて乾燥させるのがおすすめです。

②運転させる時間に気をつけて!

乾燥機は自分で乾燥時間を決められます。多くの乾燥機では100円で8分〜10分くらい乾燥させてくれますが、10分では明らかに短すぎるので気をつけましょう。

適正な運転時間ですが、

一般的な洗濯物
30〜40分

毛布
50分
羽毛布団
80分

だいたいこんなところです。

出した直後はあったかく感じますが、実は中まで乾いてない……なんてことにならないように、気持ち長めに乾燥させてあげると安心です。

コインランドリーの壁に「◯◯なら◯分が目安!」と書かれたポスターが貼られていることもあります。
一番はそれを参考にすることですね。

③布団を乾燥させるのは気をつけて!

布団を乾燥機だけかける……というケースはあまりないかもしれませんが、「キルティング加工」の施されていない布団をコインランドリーの洗濯機や乾燥機にかけるときは注意しましょう。

洗濯中や乾燥中はグルグル回りますので、キルティング加工のない布団だと中身がよれてしまいます。
それを防ぐために、紐でグルグルと縛り、「擬似キルティング加工」をしてから洗濯機・乾燥機に入れるのがおすすめです。

キルティング加工付きの布団ならそのまま入れてOKです!

コインランドリー乾燥機に関するQ&A!お悩みをズバッと解決!

コインランドリー乾燥機に関するよくあるお悩みをズバッと簡潔に解決していきます!

Q. コインランドリー乾燥機の料金はいくら?

A. 機種によりますが、大体は8分〜10分で100円です。

一般的な洗濯物なら、1回あたり300円〜400円みておけば十分でしょう。

Q. コインランドリー乾燥機だけでも使えるの?

A. もちろん、乾燥機だけでも使えます。

濡れた洗濯物をお店まで持っていくのが大変ですけどね。

Q.コインランドリー乾燥機って汚いの?

A. 大丈夫。汚くありません。

コインランドリー乾燥機の内部は非常に高温ですから、妙な雑菌が繁殖することはありません。そもそも選択された後のものが入る場所ですし、基本的には毎日、係の人が掃除しています。

それでも気になるという方は……そもそもコインランドリーが向いていないかもしれませんね笑。

Q. コインランドリー乾燥機はネット使った方がいいの?

A. 使ってもいいし、使わなくても構いません。

「使っちゃダメ」という決まりはないですが、使わない方が乾燥効率としては優れています。ネットがあるとその中でしか動かないので、いろんな方向から熱風を与えて乾燥させたい乾燥機とは相性が悪いんですね。

また、ネットを使用するレベルで繊細な洋服は、ガス乾燥機(コインランドリーの乾燥機のことです)を使ってはいけない可能性もあります。洗濯表示を事前によく確認しておきましょう。

洗濯表示

この「タンブル乾燥」のマークを探してください!ガス乾燥機に関する表示です。

Q. コインランドリー乾燥機を使うと縮むって聞いたけど……

A. 縮んでしまう洋服は確かにあります。タンブル乾燥の表示を確認してください。

● ウールやシルクなど、熱に弱いデリケートな繊維
● ニットなど、生地の目が粗いもの
● 裏が透けるような薄めの洋服
● 刺繍やプリントといった装飾のあるもの

目安としては、上記のものが乾燥に弱いことが多いようです。

最終的にはやはり、「タンブル乾燥」の表示を確認することが大切です。

Q. コインランドリー乾燥機には「柔軟シート」が必要って聞いた。何それ?

A. コインランドリー乾燥機で使える、よりふわふわに乾かすためのアイテムです。

薬局やAmazonとかで売っているのですが、最近の機種は柔軟シートを入れなくてもふわふわに仕上げてくれるものが多いので、必ずしも必要ではありません。

ダウニーシート
ダウニーシート 105枚入り1,434円|Amazon

柔軟シートを使う場合は、洗濯物と一緒にドラムの中に突っ込むだけでOKです。

柔軟シート

1枚15円くらいです。そんなに高くないので、試しに買ってみるのもありですね。

Q. 乾燥終了後もしばらく放置していい?

A. 怒られることはないでしょうが、モラル的にはアウトです。

コインランドリー乾燥機の運転中は外で待っている人が多いので利用者が少ないように感じますが、実際はかなり多くの人が利用しています。

特に狭い店舗では機械の数が少ないので、できるかぎり早く取り上げるのがコインランドリーのマナーです。

放置しすぎていると、他の利用者に勝手にドラムから出されていることもあるので気をつけてください!

Q. コインランドリー乾燥機に布団ってどうなの?

A. もちろん大丈夫です。ただし上で説明したように「よれてしまう」危険があるので注意。

それから、布団は他の洗濯物に比べて乾きにくいです。下の項で説明する、「乾燥機を上手に使うコツ」を活用してみてください。

コインランドリー乾燥機を上手に使うコツ!

乾燥機はこまめに面倒を見てあげる
どうせなら、少しでも短い時間や、安い料金で利用したいですよね。

コインランドリーを使うときに役立つコツをまとめました。

脱水を入念にかけてから乾燥機をかけよう!

家で洗濯して乾燥機だけコインランドリーを利用するなら、脱水を2回3回と多めにかけてから乾燥するのがおすすめです。

それだけで数百円おトクに利用できます。

余熱が残っている乾燥機を選ぼう!

余熱が残っているだけで、少し乾燥効率が上がるもの。

前の人が使ったばかりでまだ暖かい乾燥機があれば、それを使いましょう。

洗濯物が重ならないように入れよう!

コインランドリー乾燥機はどれも結構奥行きがありますね。

手前や奥だけに重ねて入れるのではなく、洋服が散らばるように、重ならないように入れるのが正解です。

洗濯物はこまめに面倒を見てあげよう!

乾燥機は、運転中も扉を開けられるようになっているものが多いです。

10分おきくらいに扉を開け、洗濯物の配置を動かしてあげたりすることで満遍なく乾燥させられます。

特に布団のように長時間乾燥をかけるときはこれが大事です!

テニスボールを入れてみよう!

実は、テニスボールを洗濯物と一緒に入れると乾燥効率が上がると言われています。

小さめのネットにテニスボールを2〜3個入れ、洗濯物と一緒にドラムに入れるだけ。

洗濯物と一緒にテニスボール

マユツバではなく、知る人ぞ知る、ちゃんと効果のあるライフハックです。

これ知ってたら友達に自慢できそうです!

まとめ:コインランドリー乾燥機を上手に使って時短家事を!

最近のコインランドリー乾燥機はかなり性能が上がって、普通の洗濯物なら20分〜30分で十分乾かせるようになっています。

雨が続く時期や洗濯物が溜まりすぎた日、嫌なことがあって干すのが面倒な日などは、コインランドリー乾燥機をうまく使って時短してみてくださいね。

コインランドリーの使い方!はじめてコインランドリーに行くときに必要な持ち物など完全ガイド