人気の宅配アプリ、デリバリーサービスアプリまとめ

職場近くのお店へランチ、忙しい日々の楽しみではありますが、その時の仕事によっては食べに行く暇がないというケースもあります。

その場合は出前、つまりオフィスデリバリーサービスを利用することになりますが、最近は電話注文しなくても、スマホアプリで簡単に注文をすることができ、時間指定ができたり、ポイントがついたりと、よりお得に、より便利になっています。

今回は、オフィスにいながら様々な食事や軽食を注文できる「オフィスデリバリー」のアプリをまとめてみました。

食事を楽しみながら、仕事を効率的に終わらせてしまいましょう。そのために何のアプリを使ったらよいのか、参考にしていただければと思います。

オフィスデリバリーアプリを使うメリットはこれ!
  • ご自身のよく使うポイントカードに対応したアプリがわかります
  • 大手のデリバリーチェーンはたいてい網羅されています
  • 新しいデリバリーサービスを知ります
  • 総合型と専門型を比較できます
  • ポイント還元がいいのかクーポンがいいのかで選び方が変わります

出前アプリ気ランキングへ移動

出前アプリの選び方

出前アプリ

出前アプリを使う場合、どのような基準で選べばよいのでしょうか?

「総合型」か「専門型」か

出前アプリには大きく分けて「総合型」と「専門型」という2つのタイプがあり、使い分けるとより便利になります。

「総合型」デリバリーアプリ

総合型とは、アプリ内に掲載されているたくさんのお店の中から、好きな店を選んでデリバリー注文ができるタイプです。

本当にたくさんのジャンルがあり、オフィス街ならば複数の大手の飲食チェーン店(ピザ、お弁当、デリ、カレーなど)だけではなく、個人がやっている飲食店も登録していることがあります。

どんなものがオフィスまでデリバリーできるのか、何を食べたいのか迷っている人は、「総合型」のアプリを使ってみるといいでしょう。
総合型アプリで注文すると、金額に応じてポイントが貯まり、それぞれのお店のものを合算することができるものもあります。
それを次回の注文に使えるため、部署の全員の分を注文すれば結果的に得になります。

「専門型」デリバリーアプリ

専門型とは、ある飲食チェーン(「○○ピザ」など)の公式アプリのことで、ここからそのチェーンのメニューをデリバリー注文することができます。

期間限定キャンペーンの適応や、地域限定メニューの紹介など公式アプリだからこそ、いち早く知ることができ、総合型には無いサービスを受けることができます。

あらかじめ注文するものが決まっている人は、こちらの専門型アプリを使いましょう。ポイントを貯めることができるものもあります。

掲載店舗数

総合型アプリの場合、どのくらいのお店が登録されているのか、チェックしてみましょう。登録件数が多ければ、デリバリー注文の選択肢も増えます。総合型のメリットが大きくなります。

配達エリア

都心のオフィス街ならば多くのお店からデリバリーで注文することができますが、郊外や地方の場合、デリバリーしてくれるお店が少なく昔からあるピザチェーンくらいかもしれません。

専門型アプリで検索しても、当該オフィスがあるところは配達エリア外、ということが十分にあり得ます。

自分のオフィスまで配達してくれるお店が多いこと、それがいろいろなデリバリーアプリを選ぶ楽しみの前提になります。

配達料金

大手ピザチェーンなどはデリバリー料金が料理代に含まれていますが(だから高い!?)、お店の中には店内で食べることもでき、デリバリーの場合は別途配達料金を請求するところもあります。

「一律配達料○○○円」なのか「○○○○円以上配達料無料」なのか「配達料は料理の料金込み」なのかで注文の仕方も変わってくるはずです。

クーポンやポイント

上でも書きましたが

  • アプリ限定クーポンやクーポンコードがあるもの
  • アプリ経由で注文した場合ポイントが貯まるもの

があります。

ポイントの場合、そのアプリ限定ポイントなのか、Tポイントや楽天ポイントなど他のポイントと合算でき(あるいはコンバートでき)、別の買い物に使えるものもあります。期間限定、アプリ限定のものもあり、それを知っていると得することが多そうです。

自分が一番利用しているポイントを獲得できれば、アプリで注文したくなりますよね。

これらの「選ぶポイント」を踏まえて、実際のデリバリーアプリを見ていきましょう。

【総合型】出前アプリ(外食宅配アプリ)人気ランキング6選

まず、1つのアプリで様々なデリバリーが注文できる総合型出前アプリの人気ランキングです。

1.出前館

出前館

apple評価 ★★
Google評価 ★★★☆
※☆は★半分、以下も同じ
掲載店舗数 18000店舗
会計方法 現金、クレジットカード、各種ペイメント、スマホキャリア決済
配達エリア 全国各地
ポイント対応 Tポイント

特徴
国内最大のデリバリーアプリになります。掲載店舗数は18000店を超え、デリバリーピザや宅配ずし、カレー、大手ファストフードなど、配達してくれるチェーンのお店であれば、たいていここに掲載されています。様々な料理を選ぶことができるため、宅配アプリを初めて使う人は、これを第一候補にしてもいいでしょう。

全国各地、たいていの地域で配達できるお店を網羅しています。オフィス街ならば、大手デリバリーチェーンを中心に数多くのチョイスができるはずです。

2.楽天デリバリー

楽天デリバリー

apple評価 ★★★★☆
Google評価 ★★★★
掲載店舗数 12000店舗
会計方法 現金、クレジットカード、請求書(後日振込)、楽天ポイント
配達エリア 全国各地
ポイント対応 楽天ポイント

特徴
楽天が運営するデリバリーサイトです。基本的な使い方や掲載店舗は出前館と似ています。ただし、楽天運営のサービスなので、注文して貯まるのは楽天ポイントです。楽天を日常的に使う人はこちらで注文するとよいでしょう。楽天の信用度もあり、請求書払いや後日のツケ払いもできるようです。

ただし、支払いが遅れた場合、楽天利用者としての「信用スコア」が地に落ちるので注意してください。

3.dデリバリー

dデリバリー

apple評価 ★★
Google評価 ★★★
掲載店舗数 10000店舗超(「国内最大級」という記載あり)
会計方法 現金、クレジットカード、請求書(後日振込)、dポイント
配達エリア 全国各地
ポイント対応 dポイント

特徴
こちらも基本的には出前館や楽天デリバリーと同じように、大手宅配チェーンの注文ができます。NTTドコモが運営していて、貯まるポイントは「dポイント」になります。dポイントはdocomoスマホの支払いのほか、「dアニメストア」などdocomo関連サービスの支払いにも使えます。

ただし、他のスマホキャリアユーザーにとって、dポイントはまったく使わない人もいるため、非docomoユーザーが敢えてここを利用するメリットはそれほどないかもしれません。

4.Uber Eats

Uber Eats

apple評価 ★★★★☆
Google評価 ★★★★☆
掲載店舗数 10,000店舗(2019年6月HP発表)
会計方法 クレジットカード+現金(一部地域)
配達エリア 東京23区、横浜市、川崎市、さいたま市周辺、市川市の一部、船橋市の一部、大阪市、兵庫県東部、京都市、福岡市の一部
ポイント対応 なし。ただし、世界のUberで使える「Uber Cash」が貯まる

特徴
配達エリア内の中小の飲食店(デリバリー要員がいない)も含めて、非常に多くの飲食店の料理をデリバリーできます。配達するのは、社員やバイトではなく、「配達パートナー」と呼ばれる業務請負をした人たちです。独自のおしゃれなスタイルで「ウバ活」として人気があります。

首都圏のオフィス街はかなり網羅されているので、街中のカフェのメニューなど思わぬものの配達が可能かもしれません。ただし、全国各地で利用できないため(利用できない地域の方が多い)、ご自身の地域が対応しているかどうか、アプリをDLしてGPS機能で確認してください。


※配達エリアはこのように地図で出ます。
この場合、ぎりぎり配達エリア外になります。

5ぐるなびデリバリー

ぐるなびデリバリー

apple評価 アプリなし
Google評価 アプリなし
掲載店舗数 非公開
会計方法 現金、クレジットカード(店舗による)
配達エリア 全国各地
ポイント対応 ぐるなびポイント(「ぐ」ポイント。それを各種ポイントに交換可能)

特徴
大手レストラン検索&口コミサイト「ぐるなび」が運営するデリバリーサイトです。スマホアプリはなく、パソコンやスマホのブラウザでHPにアクセスして利用します。

大手デリバリーチェーンだけではなく、ぐるなびにお店を掲載している高級店や、個人店も掲載されていて、大口の注文であれば受け付けてくれます。「ぐ」ポイントは、ぐるなび掲載店での食事費用に充てることができるほか、楽天ポイント、dポイント、auポイント、waonポイント、航空マイル、ギフトカードに交換も可能です。2度手間になりますが無駄にはならないので、積極的に利用してもいいでしょう。

6.fineDine

fineDine

apple評価 ★★
Google評価 ★★★★
掲載店舗数 880店舗(2018年3月決算資料より)
会計方法 クレジットカードのみ(アプリの場合、電話やHPは現金払いあり)
配達エリア 記載なし
ポイント対応 なし

特徴
いきなりステーキや、大戸屋といった、デリバリーサービスを通常行っていないチェーンの配達をしてもらえます。配送料が料理の料金の15%かかるので注意が必要です。「シェアクーポン」と言って、SNSにシェアをして友人等がそのクーポンを利用すると、ご自身にも割引クーポンが付与されるサービスがあります。

他ではデリバリーできないチェーンのものがある、というのが大きなポイントです。

【専門型】出前アプリ(外食宅配アプリ)人気ランキング6選

続いて、大手デリバリーチェーンの公式アプリ【専門型出前アプリ】を6つ紹介いたします。

1.マックデリバリー

マックデリバリー

apple評価 ★☆
Google評価 ★★
掲載店舗数 207店舗(2018年7月現在)
会計方法 現金、クレジットカード、マックカード
配達エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・京都・兵庫・福岡の一部店舗(全国のマックではないのに注意!)
ポイント対応

特徴
1500円以上(朝マックは1000円以上)の注文で、最寄のマクドナルドの店員さんが届けてくれます。なお、Uber Eatsでもマックの宅配を行っており、どちらのアプリから申し込むかで宅配をする人が変わります(マックデリバリーは従業員、Uber EatsはUberドライバー)。配送料300円がかかりますが、家に居ながらマックを食べられるので、忙しいオフィス街では重宝されているようです。

店舗で買うときには、楽天ポイントやdポイントに対応していますが、こちらはポイント非対応なので注意してください。

なお、マックデリバリーで配達できない地域でも、Uber Eats経由でマックの商品を注文できる地域があります。マックデリバリー未対応でも、Uber Eatsの方で探してみてください。

2.すかいらーくアプリ

apple評価 ★★★
Google評価 ★★★☆
掲載店舗数 全国のガスト、バーミヤン、ジョナサン
会計方法 現金、クレジットカード、QR PAY(R Pay、LINE Pay、PayPay)
配達エリア 全国のガスト、バーミヤン、ジョナサン周辺(アプリで検索し確認)
ポイント対応 Tポイント

特徴
ガスト・バーミヤン・ジョナサン・夢庵等を運営している「すかいらーくグループ」の公式アプリです。それぞれの店舗で使えるお得なクーポン情報が中心ですが、ガスト・バーミヤン・ジョナサンについては、アプリでデリバリー可能店を検索して、デリバリー依頼をすることもできます。

3.ピザハットアプリ

ピザハットアプリ

apple評価 ★★★☆
Google評価 ★★★
掲載店舗数 407店舗(
会計方法 現金、クレジットカード、スマホキャリア決済、R Pay、LINE Pay
配達エリア 全国各地
ポイント対応 Ponta

特徴
2018年に全国400店舗wp突破したデリバリーピザチェーンの公式アプリです。アプリを使ってオンライン注文をすると(デリバリー、持ち帰りもOK)、、必ず「福引クーポン」をランダムに引くことができ、必ず割引や特典を得ることができます。

なお、Tポイントや楽天ポイントを貯めたい場合は、この公式アプリではなく、それぞれに対応した「総合型アプリ」(Tポイントならば出前館、楽天ポイントならば楽天デリバリー)から注文をしてください。

4.銀のさら

銀のさら

apple評価 ★★☆
Google評価 ★★★★
掲載店舗数 359店舗(2019年3月決算資料より)
会計方法 現金、クレジットカード(一部店舗)
配達エリア 全国の店舗周辺(アプリで検索し確認)
ポイント対応 「銀のさら」「釜寅」「すし上等!」で共通の「デリポイント」

特徴
宅配寿司大手の公式アプリです。1人前から寿司の宅配注文が可能(最低金額あり)で、一度配達した住所を登録しておくことができます。

各種ポイントを貯めたい場合は、総合型アプリ経由で注文します。ほとんどのお店が総合型アプリに網羅されているので、あとは専門型の公式アプリにするかどうかは好き好きといったところです。

5.CoCo壱番屋

CoCo壱番屋

apple評価 ★☆
Google評価 ★★★
掲載店舗数 約1300店舗
会計方法 現金、クレジットカード
配達エリア 一部店舗の周辺(アプリで検索し確認)
ポイント対応 楽天ポイント

特徴
ご存知カレーの「ココイチ」では、一部店舗でデリバリーサービスを実施しています。公式アプリ上から注文することもでき、デリバリーの場合、支払いをすると楽天ポイントが貯まります。なお、店舗でカレーを食べたときには、各種ポイントカードのポイントは貯まりません。

通常400円かかる宅配料が、合計金額が3,000円(税込)以上で無料になります。

6.セブンミール

セブンミール

apple評価 ★★
Google評価 ★★★
掲載店舗数 全国のセブンイレブン
会計方法 1か月分まとめてクレジットカード、口座振替
配達エリア
ポイント対応 nanacoネットポイント

特徴
「omni7」というセブンイレブン系列のアプリから注文します。セブンイレブンのお弁当や「ミールキット」(おかずセット)などを、デリバリーサービス(配送料216円)か、セブンイレブンの店頭で受け取ることができるサービスです。

ご利用金額1,000円(税込)以上からデリバリーサービスを行います。ただし、お弁当などについては3日前午前10時30分までに注文することが必要で、当日「ランチに出る暇がないから出前を取る」ことはできないので注意してください。

人気の出前アプリ(外食宅配アプリ)まとめ

まとめ
  • 出前アプリには「総合型」と「専門型」がある
  • 総合型アプリはポイントカードの種類と紐づけられている(出前館→Tカード、楽天デリバリー→楽天ポイントなど)ことが多いので自分のよく使うポイントで選ぶ
  • 同じチェーンでもデリバリーしているお店とそうでないお店があるので、アプリで確認する
  • 専門型アプリの場合ポイントが貯まらないものもあるがクーポンが容易に入手できる
  • Uber Eatsは専門店や個人店でデリバリー要因がいないお店の宅配も担えるので今後シェアの拡大が期待できそう
  • 注文→即配達できるものとそうでないものがある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です