筋トレ中におすすめの宅配弁当8選!バルクアップ・ボディメイクできる高たんぱくの食事 | カジタン

筋トレ中におすすめの宅配弁当8選!バルクアップ・ボディメイクできる高たんぱくの食事

筋トレ中におすすめの宅配弁当8選!バルクアップ・ボディメイクできる高たんぱくの食事

筋トレやスポーツをしているときは、高タンパク低カロリーの食事を摂ることが基本です。いくら筋トレを頑張っても、食事がいい加減だと筋トレの効果が半減してしまいます。

とはいえ、自分でバランスの取れた食事を考えたり作ったりするのは結構大変ですよね。とくに仕事が忙しい方は、毎日の食事がコンビニ弁当や外食になりがちで栄養バランスが偏ってしまうこともあると思います。

今回は、そんな筋トレ中の食事難民の方に向けて、気軽に高タンパク低カロリーな食事が摂れる宅配弁当についてご紹介していきます。

美味しくて栄養バランスが取れているものを厳選してみたので、バルクアップやボディメイクを実践中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

なぜ筋トレ中の食事管理には宅配がいいの?

まずは、今回おすすめしていく宅配弁当のメリットについて知っておきましょう。

自炊ができる方であれば、当然自炊した食事を摂ることが理想的です。しかし、「毎日トレーニング用のメニューを考えて作るのが面倒だ」と、結局コンビニ弁当や外食をしてしまう方も少なくはありません。

コンビニや外食をするくらいなら、絶対に宅配弁当を利用した方がメリットは多いです。ここからは、筋トレ中の食事管理に宅配弁当をおすすめする理由についてお伝えしていきます。

メリット
  • 買い物・調理・後片付けの手間が省ける
  • 高たんぱく食の種類が豊富
  • たんぱく質・糖質・脂質が最適のバランス
  • 冷凍なので好きな時に食べられる

買い物・調理・後片付けの手間が省ける

買い物・調理・後片付けの手間が省ける
宅配弁当の大きなメリットとして挙げられるのが、用意の手軽さです。すでに出来上がったお弁当が自宅まで届くので、買い物や調理、後片付けの手間が一切不要になります。

トレーニングをしている方のほとんどが、昼間に仕事をして夜や休日の時間をトレーニングに当てているかと思います。そんな多忙なスケジュールの中で、バランスのいい食事を摂るのは大変ですよね。だからこそ、温めるだけで食べられる宅配弁当がおすすめなのです。

宅配弁当なら、トレーニングが終わって着替えているうちに準備ができてしまいます。時間に余裕ができるので、余った時間でクールダウンをしたり休息を取ったりと、忙しいトレーニング期間の中でも時間の有効活用ができるようになりますよ!

高たんぱく食の種類が豊富

高たんぱく食の種類が豊富
宅配弁当の中には、高タンパク食事だけを届けてくれるコースが用意されている商品もあります。管理栄養士がメニューを考案しているので、タンパク質の量をキープしながら美味しさにもこだわったお弁当が多い点が特徴的です。

自分で高タンパクな食事を用意しようと思うと、サラダチキンやブロッコリー、ゆで卵などメニューが偏りがちになってしまいますよね。しかし宅配弁当なら、豊富なメニューを楽しみながら高タンパクな食事ができるのです。

自分で用意する高タンパクメニューに飽きたと感じている方には、美味しくて便利な宅配弁当で食事管理することをおすすめします。

たんぱく質・糖質・脂質が最適のバランス

たんぱく質・糖質・脂質が最適のバラン
トレーニング中の食事で気をつけたい栄養素は、タンパク質だけではありません。糖質や脂質、そのほかの栄養素もバランスよく摂取することで、トレーニングの効果は最大限に引き出されます。

トレーニング中は低糖質な食事が望ましいですが、糖質を全く取らないとエネルギー不足になって筋肉の生成が抑制されてしまいます。また、脂質は筋肉を肥大させるホルモンの材料になるため、適度に摂取することが望ましいです。

このように、トレーニング中は「PFCバランス」と呼ばれるタンパク質・脂肪・炭水化物(糖質)のバランスを整えることが非常に大切なのです。

理論は分かっていても、自分で食事管理をしてPFCバランスを整えるのは大変ですよね。そんなときも、宅配弁当なら温めて食べるだけでバランスの取れた食事が摂れます。

冷凍なので好きな時に食べられる

冷凍なので好きな時に食べられる
宅配弁当は冷凍で届くので、賞味期限が長いというメリットがあります。いつでも好きなときに食べられるのも、トレーニングで忙しい方にとって嬉しいポイントですよね。

本格的なトレーニングをしている時期は、体や筋肉を追い込むだけではなく、超回復を促す休息も大切になってきます。いつもは自炊をしているという方でも、このときばかりは料理をすることも食べることも負担になってしまうことがあるでしょう。

「今日だけ料理をサボりたい」「追い込み期間だけ厳しい食事管理をしたい」という場合は、宅配弁当が非常に便利です。冷凍して保管しておけるので、「購入しておいて必要なときだけ食べる」なんて使い方もできます。

もちろん、毎日の食事を宅配弁当に置き換えてもOK!

トレーニングのスタイルに合わせて、好きなときだけ利用できるのが宅配弁当の魅力です。

筋トレ中・アスリート向け宅配弁当8選!ボディメイク・バルクアップにもおすすめ

さて、ここからは筋トレ中の方やアスリートの方に向いている宅配弁当を7種類ご紹介していきます。

毎日の食事管理が楽になるだけではなく、味もおいしい人気の宅配弁当ばかりです。気になる業者があれば、ぜひ試してみてくださいね。

マッスルデリ

マッスルデリ

【おすすめポイント】

  • 目的に合わせてコースが選べる
  • ボリュームが多めで味も好評
  • 主食・メイン・おかずがセットになっている
  • 食材や油にこだわりがある
  • 送料が無料
料金(税抜) ・LEAN(減量)
5食セット 5,300円
・MAINTAIN(維持)
5食セット 5,400円
・GAIN(増量)
5食セット 6,400円
1食あたり 1,060〜1,280円
送料 無料
内容 玄米飯+メイン+副菜
・エネルギー:550〜750kcal
・タンパク質:55〜65g
・脂質:25g以下
・糖質:65g以下
※GAINコースの場合
お試しセット
※都度購入OK

マッスルデリは、ボディメイクやバルクアップ、ダイエットや健康な体づくりを目指している方におすすめの宅配弁当。「マッスルデリ」という名前の通り、脂肪を減らして筋肉を増やすことを目的としたお弁当です。

目的別にコースが分かれており、性別や身長、体脂肪率を入力すると自分に合ったコースを紹介してくれます。

タンパク質だけではなく、炭水化物やエネルギーの摂取量にもこだわった宅配弁当。脂質の多い鶏皮を取り除いたり、タンパク質の吸収を高めるためにビタミンBを積極的に取り入れるなど、まさにトレーニングを頑張るアスリートのために作られたお弁当だと言えますね。

そのこだわりは食材だけにはとどまらず、トランス脂肪酸を排除してオリーブオイルやごま油を使用するなど、細部にまで行き渡っています。

1食あたり1,000円以上とやや高価ですが、高品質なトレーニング食を食べたい方にはおすすめです。

ナッシュ

ナッシュ

【おすすめポイント】

  • 全てのメニューが糖質90%OFF
  • 70品以上のお弁当から好きなものを選べる
  • トレーニングコースがある
  • 業界で唯一臨床試験で効果を実証している
  • シェフや板前がメニュー調理しているから味が美味しい
料金(税抜) 6食セット 3,880円
8食セット 4,780円
10食セット 5,680円
1食あたり 568〜647円
送料 760円〜
内容 メイン+3種類の副菜
・エネルギー:352kcal
・タンパク質:20.6g
・脂質:32.8g
・糖質:12.4g
※平均値
お試しセット
初回300円OFF+送料無料

全てのメニューの糖質が90%OFFになっているのが、ナッシュの大きな特徴。スイーツやスムージーなども糖質オフになっているので、トレーニング中でも我慢せずに甘いものを摂取することができます。

ナッシュは、毎月変わる約70種類ものメニューから好きなものを自分で選んで注文できるところが人気の秘密です。よりトレーニング効果を高めたい方は、筋トレに特化したトレーニングコースがおすすめです。

ナッシュは、業界で唯一臨床試験で効果が実証された宅配弁当。科学的根拠に基づいてトレーニング食を作っているので、ストイックなトレーニング中も信頼して食べることができます。

管理栄養士がバランスのいいメニューを考案し、一流のシェフや板前が調理を担当しています。栄養面だけではなく、味に関しても自信を持っておすすめできる宅配弁当です。

食宅便 低糖質セレクト

食宅便 低糖質セレクト

【おすすめポイント】

  • 7種類のセットから選べる
  • 7食分のおかずを週替わりで楽しめるお任せコースがある
  • 健康に配慮した宅配弁当
  • 糖質が10g以下と圧倒的に低い
料金(税抜) 7食セット 3,630円
1食あたり 518円
送料 390円
内容 メイン+4種の副菜
・エネルギー:200〜300kcal
・タンパク質:10〜25g
・脂質:11〜20g
・糖質:2〜7g
お試しセット
※都度購入OK

食卓便は、「健康的な食事を取りたい」「自炊をする体力・時間がない」方向けに販売されている宅配弁当。今までご紹介してきたお弁当のようにアスリート用のメニューはありませんが、糖質が10g以下に抑えられた低糖質セレクトコースが販売されています。

糖質が少なめでカロリーも抑えられているため、減量しながら体づくりをしたい方におすすめの宅配弁当です。

7種のセットから選んで都度購入することもできますし、週替わりでメニューを届けてくれるお任せコースも飽きが来なくて便利です。

糖質だけではなく塩分や栄養バランスにも配慮しているので、毎日の健康管理にももってこいですよ。

ニチレイ パワーデリ

ニチレイ パワーデリ

【おすすめポイント】

  • タンパク質と糖質のバランスがいい
  • 体力や筋肉をキープしたい方におすすめ
  • メインが2品でボリュームたっぷり
  • 単品購入も可能
料金(税抜) 880円
1食あたり 880円
送料 800円
内容 2種のメイン+2種の副菜
・エネルギー:363kcal
・タンパク質:25.0g
・脂質:18g
・糖質:15.1g
※平均値
お試しセット
※都度購入・単品購入OK

食卓便と同様、健康的な食事を目指す方向けに販売されている宅配弁当「ニチレイフーズ」。塩分やカロリーを控えたい方向けの健康管理食が豊富に取り扱われていますが、その中でもボディメイク中の方におすすめなのが、高タンパクな食事に仕上げたパワーデリです。

タンパク質と糖質のバランスがいいので、体力や筋肉をキープしたい方に向いている宅配弁当になります。

「宅配弁当は量が少なくて物足りない」という方でも満足できるよう、メインのおかずは2種類。そのままで食べても、玄米と一緒に食べても満足できる量になっているでしょう。

単品購入も可能なため、気に入ったお弁当だけを購入しておくことも可能。非常に使い勝手のいい宅配弁当になっています。

B-Kitchen(ビーキッチン)

ビーキッチン

【おすすめポイント】

  • 管理栄養士による正確なメニュー作成
  • フィットネスジムがプロ目線で監修
  • 九州大手仕出し弁当会社の手作り
  • 全15種類のお弁当が週替わりで届く
  • PFCバランスを考えた食事に最適
料金(税込) 定期コース 5食セット 6,048円
1食あたり 1,209円
送料 770円
内容 主食+メイン+2種の副菜
・エネルギー:400〜500kcal
・タンパク質:20~30g
・脂質:15g未満
・糖質:50g前後
※平均値
お試しセット
初回1,058円(税込)

B-Kitchenはダイエットしながら理想の美ボディを手に入れたい人向けの宅配弁当です。
一般女性の健康体型体重を指標とした独自のPFCバランスと、味・素材・調理法、品質にもこだわり九州大手の仕出し弁当工場で手作りされています。
女性専用フィットネスジム「Confit」による監修なので「やせる・引き締める」に効果的。
しっかり食べてキレイにダイエットしたい方ダイエット後のリバウンドを気にしている方忙しくて栄養を考えた食事がとれていない方自宅で簡単に満足感のある食事をしたい方には特におすすめです。

PFCバランスのPFCとは、タンパク質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbo)の頭文字をとったものです。
PFCは健康を維持する上で重要なエネルギー源となる3大栄養素。
正しいダイエットを健康的に行いたい方は、PFCバランスを意識することが大切ですよ。

びるめし

びるめし

【おすすめポイント】

  • 体づくりを知り尽くした「超筋肉系管理栄養士」監修
  • お肉の柔らかさや味わいにこだわったお弁当
  • 鮮度・安全性の高い肉を採用
  • ビーフ・チキン・ポークから好きなコースが選べる
  • 添加物を極限まで排除
料金(税抜) 10食セット 10,800円
1食あたり 1,080円
送料 無料
内容 主食+メイン+副菜
・エネルギー:400〜500kcal
・タンパク質:40g
・脂質:10g未満
・糖質:40g
※平均値
お試しセット

筋肉のことを知り尽くした「超筋肉系管理栄養士」が監修した、トレーニング専用宅配弁当です。メニューは3種類。「ビーフ多め」「チキン多め」「ポーク多め」の中からお好きなセットが注文可能です。赤身100%ハンバーグや低脂肪カレーなど、気に入ったメニューがあれば単品やアラカルトを購入できます。

パサパサのささみやブロッコリーなど、トレーニング中の味気ない食事ではなく、「味にも徹底的にこだわったお弁当を食べて欲しい」という想いから生まれた商品です。栄養価がコントロールされているとは思えないほどのお肉の柔らかさや味わいを、ぜひ体感してみてくださいね。

調理過程だけではなく、原材料となる鶏肉の飼育過程からも添加物を排除するという徹底した安全管理が特徴的。

安心して長く食べ続けられる宅配弁当になっています。

GOFOOD(ゴーフード)

GO FOOD

【おすすめポイント】

  • 糖質量を徹底管理
  • 高たんぱく質
  • 美味しさを実現する冷凍方法
料金(税込) 5食セット 3,280円
10食セット 5,980円
20色セット 11,960円
1食あたり 598円~
送料 940円〜
内容 メイン+副菜
・エネルギー:200〜400kcal
・タンパク質:20~40g
・脂質:25g未満
・糖質:10g未満
※平均値
お試しセット
※都度購入OK

GOFOODは糖質量を徹底的に管理したダイエットに最適な宅配弁当。
まさに糖質制限食の決定版です。
栄養バランスが良いのはもちろん、保存料も入っていません。

また、本格シェフこだわりの調理法、劣化を抑えるための冷凍方法を用い、冷凍弁当とは思えない美味しさを実現しています。

冷凍方法にもこだわっているため、解凍してもみずみずしい食感を楽しめますよ。

ミールラボ(MEALLAB)

ミールラボ

【おすすめポイント】

  • スポーツトレーナーが監修した筋肉弁当
  • 減量期と増量期に応じた2つのコースがある
  • ボリュームが多め
  • トレーニングジムでも購入可能
料金(税抜) ・低脂質コース
7食セット 4,536円
・低炭水化物コース
7食セット 5,670円
1食あたり 648〜810円
送料 1,500円〜
内容 玄米ご飯+メイン
・エネルギー:400〜450kcal
・タンパク質:30〜35g
・脂質:30〜35g
(低脂質コースの場合 3〜8g)
・糖質:60g前後
(低炭水化物コースの場合 5〜8g)
お試しセット
※都度購入OK

ミールラボは、全国のトレーニングジムと連携している、ジムでも購入できる冷凍弁当です。送料が1,500円と高いですが、ジムだけではなく通販でも購入可能です。

季節ごとにメニューが変化するので、飽きずに食べ続けることができますよ。

トレーニング向けのメニューは、増量期間用の低脂質コースと減量期間用の低炭水化物コースの2種類。

アスリートや筋トレをしている人はトレーニングの内容によって必要な栄養素が異なるため、今の自分に合ったメニューが注文できるのは嬉しいポイントですね。

ダイエットが目的の筋トレにおすすめの宅配冷凍弁当

「筋肉をつけたい」というよりもダイエットが目的の方におすすめの宅配冷凍弁当をご紹介。

ボディメイクって食べるもの限られそうですが、種類も豊富で楽しくダイエットにチャレンジできますよ!

RIZAP(ライザップ)

ライザップのサポートミール

【おすすめポイント】

  • ダイエットしている人におすすめ
  • 豊富で飽きない日替わりメニュー
  • 考え抜かれた栄養バランス
  • 簡単調理で長く続けられる
  • 健康的な食生活がおくれる
料金(税抜) サポートミール1週間セットA 6,180円
1食あたり 882円
送料 800円
内容 メイン+3種の副菜
・エネルギー:200〜300kcal
・タンパク質:18g以上
・脂質:15g前後
・糖質:10g前後
※平均値
お試しセット
※都度購入OK

RIZAPの食事メソッドを1食に凝縮した「サポートミール」。
手軽に食べられるプレートのアソートセットは栄養価に加え、味・彩り・満足感もこだわっています。
高たんぱく低糖質なため、ダイエット目的の方にはもちろん、野菜量は100g以上と栄養バランスまでこだわっているため、健康的な食生活を求めている方へもおすすめ。
健康とダイエットを美味しくしっかり応援してくれます。

ダイエットしたい方、低糖質の食事を心がけている方、食事の栄養を気にする方には特におすすめですね!

筋トレ中の食事のポイント

宅配弁当を利用するしないにしろ、筋トレをする方であれば食事の内容に気を配るのはとても大切なことです。最初にもご紹介しましたが、せっかく筋トレをしても食事に内容がいい加減だと、効果は半減してしまいます。

ここからは、トレーニング中の方に最低限知っておいてほしい「食事のポイント」について解説していきます。

筋肉を増やす(バルクアップ)ために必要なたんぱく質の量

筋肉を増やす(バルクアップ)ために必要なたんぱく質の量
バルクアップは単に体重を増やすことではなく、筋肉を大きくして体を大きくしていくことを指します。たくさん食べて体重を増やすだけではバルクアップは叶わないため、トレーニングと並行してしっかりと栄養管理をしていく必要があるのです。

厚生労働省によると、健康維持にためには体重1kgあたり1g以上のタンパク質が必要だと言われています。しかし、これではバルクアップは叶いません。

バルクアップを目的としている場合、最低でも体重1kgあたり2g以上のタンパク質が必要になります。つまり体重が80kgの場合、160gのタンパク質が必要になるということになりますよね。

高タンパクだと言われている鶏ささみでも、100gあたり23gしかタンパク質が含まれていません。これだけのタンパク質を、普通の食事で摂取するのは非常に難しいことです。そのため、トレーニング専用の食事やプロテインで効率的にタンパク質を摂取することが欠かせないのです。

たんぱく質だけではない!積極的に摂るべき栄養素

タンパク質だけを摂っていればトレーニング効果がでるかというと、実はそうではありません。トレーニング中は栄養バランス管理が非常に大切で、過不足なく栄養素を取ることが求められます。

トレーニング中に摂るべき栄養素は、以下の4つになります。

炭水化物
トレーニングのエネルギーとなる栄養素。不足すると体内のタンパク質がエネルギー源として消費されるため、トレーニング中も適度に摂取する必要があります。

減量中の場合は、玄米やかぼちゃ、レンコン、とうもろこし、さつまいも、果物など方炭水化物を摂取することがおすすめです。

脂質
筋肉を作ったり長時間のトレーニングのエネルギーとなる脂質も、適度に摂取しておきたい栄養素です。摂取しすぎるとカロリー過多になってしまうので、摂取量を管理して適切な摂取量を守ることが大切です。

太るのが気になるという方は、オリーブオイルや肉、魚やナッツ、ごまなどから脂質を摂取することをおすすめします。

ビタミン
ビタミンは、人の体では生成することが難しい栄養素。不足すると体の調子が悪くなってしまって思うようにトレーニングできなくなるため、しっかりと摂取しておきたいです。

なかでもタンパク質は、ビタミンBと一緒に摂取すると吸収率がグッとアップします。

ビタミンが豊富だと言われている緑黄色野菜やフルーツはもちろんのこと、マグロやカツオなどの魚介類やレバーなどの肉類もバランスよく摂取しましょう。

ミネラル
ミネラルは体の中では合成されない栄養素なため、毎日の食事で摂取する必要があります。とくにカルシウムや鉄、マグネシウムは食事制限をすると不足しやすい傾向にあります。意識して摂取することを心がけてくださいね。

カルシウム:乳製品、ひじき、インゲン、小松菜など
鉄:レバー、卵、緑黄色野菜など
マグネシウム:乳製品、青野菜、オレンジ、バナナなど

減量中にはついつい栄養が偏りがちですが、最低限ここでご紹介した栄養素は積極的に摂取するように注意してみましょう。

糖質・脂質はどの程度なら食べていい?

トレーニング中でも炭水化物や脂質を摂取する必要があると説明しましたが、どれくらいの量であれば食べても問題ないのでしょうか。

代謝や適切な量は人によって異なるので一概には言えませんが、糖質であれば250〜350g程度、脂質であれば34〜45g程度の摂取量が理想的だとされています。

ご飯1杯あたりの糖質量は約37g、オリーブオイル小さじ1杯の脂質は4.5gになります。普通に食事をしているとあっという間に摂取量を超えてしまうため、栄養管理をしやすい宅配弁当がおすすめなのです。

食事のタイミングも重要

トレーニングをしている間は、食事のタイミングもとても大切です。筋トレ初心者の場合、食前と食後のどちらにトレーニングをしたらいいか迷ってしまいますよね。

結論から言いますと、筋トレは「空腹も満腹でもない状態」のときにすることをおすすめします。筋トレ後30分〜1時間はタンパク質吸収に適した「筋肉のゴールデンタイム」と呼ばれているため、筋トレをしてからゆで卵などの軽い食事をしてもいいでしょう。

空腹の状態でトレーニングをすると、栄養不足になってしまって筋肉が分解されてしまいます。空腹時にトレーニングをしたい場合は、ゆで卵やバナナなどで軽く栄養補給をしてから行うようにしてください。

逆に満腹の場合は、消化活動にエネルギーが使われるので体調を崩してしまう可能性が高いです。また、満腹時は体をリラックスさせる副交感神経の働きが活発になるため、トレーニングに不向きです。

食後にトレーニングをする場合は、消化が落ち着いた食後2〜3時間後に開始するようにしてくださいね。

高たんぱくの食事で注意すべき3つのこと

プロテイン
筋トレには欠かせない高タンパクの食事。しかし、とにかく大量にタンパク質を摂取すればいいのかというと、実はそうでもないのです。

高タンパクな食事をとるときには、注意して欲しいポイントがあります。

プロテインと併用するとたんぱくの摂りすぎになることも

トレーニングに不可欠なプロテイン。食事だけでは足りないタンパク質を効率よく補給できるので、愛飲している方は非常に多いと思います。

しかし、高タンパクな食事と一緒にプロテインを飲むと、タンパク質の過剰摂取につながってしまいます。

体が必要とする量以上のタンパク質を摂取すると、脂肪としてどんどん体に蓄積されて体重が増加してしまう可能性が高いです。食事に気をつけていても、タンパク質のせいで太ってしまっては元も子もないですよね。

またタンパク質は、摂取しすぎると腎臓の負担になってしまいます。健康を害してしまうリスクもあるため、自分に必要なタンパク質の量を知って、しっかりと管理することが大切になります。

十分に水を飲むこと

タンパク質が豊富な食品を食べるときは、水分を十分に摂取するように心がけましょう。

タンパク質を摂取すると、体内で分解されてアミノ酸になります。このアミノ酸には窒素が含まれており、体は窒素を尿として体外に排出しようとします。そのため、脱水症状を防ぐためにも水分補給が重要になるのです。

水分補給をするときは、体重1kgあたり60ml程度の水分を摂るように意識してくださいね。

良質なタンパク質・植物性タンパク質を摂る

タンパク質を摂取するときは、「何からタンパク質を摂るか」ということも非常に大切になります。

サーモンやチキン、牛肉などのタンパク質なら問題はありません。しかし、ベーコンやコンビーフなどの加工肉には添加物や保存料が大量に含まれているため、タンパク質摂取のために食べることはおすすめしません。

また豆類など、植物性のタンパク質を摂取することも意識してみましょう。植物性のタンパク質には、肉には含まれていないビタミンやミネラルも豊富に含まれています。食物繊維も豊富なため、トレーニング中の健康維持には欠かせない食材なのです。

どんな食材のタンパク質を摂取するのかも、ぜひ意識してみてくださいね。

筋トレ中におすすめの宅配弁当サービスを一覧表で比較

  マッスルデリ ナッシュ 食宅便 低糖質セレクト ニチレイ パワーデリ ビーキッチン びるめし ゴーフード ミールラボ RIZAP(ライザップ)
名前 マッスルデリ ナッシュ 食宅便 低糖質セレクト ニチレイ パワーデリ B-Kitchen(ビーキッチン) びるめし GOFOOD(ゴーフード) ミールラボ RIZAP(ライザップ)
特徴 ボリュームが多めで味も好評 70品以上のお弁当から好きなものを選べる 糖質が10g以下と圧倒的に低い 体力や筋肉をキープしたい方におすすめ フィットネスジムがプロ目線で監修 「超筋肉系管理栄養士」監修 糖質量を徹底管理 ボリュームが多め ダイエットにおすすめ
エネルギー 550〜750kcal 352kcal 200〜300kcal 363kcal 400〜500kcal 400〜500kcal 200〜400kcal 400〜450kcal 200〜300kcal
タンパク質 55〜65g 20.6g 10〜25g 25g 20~30g 40g 20~40g 30〜35g 18g以上
脂質 25g以下 32.8g 11〜20g 18g 15g未満 10g未満 25g未満 30〜35g 15g前後
糖質 65g以下 12.4g 2〜7g 15.1g 50g前後 40g 10g未満 60g前後 10g前後
リンク マッスルデリ ナッシュ 食宅便 低糖質セレクト ニチレイ パワーデリ B-Kitchen(ビーキッチン) びるめし GOFOOD(ゴーフード) ミールラボ RIZAP(ライザップ)

筋トレにおすすめの宅配弁当まとめ

筋トレの効果を左右すると言っても過言ではない、トレーニング中の食事。食事の管理が大切だとわかってはいても、仕事とトレーニングを両立する方にとってメニューの考案や自炊は難しいものですよね。

自分で管理することが難しいと感じたら、ぜひ筋トレ中におすすめの宅配弁当を活用してみてください。

最近は栄養バランスがよくて美味しいお弁当も増えてきているので、きっとトレーニング中のサポートをしてくれるはずですよ。