ナッシュ ・ニチレイ・ヨシケイ・ワンマイル4社の宅配弁当の違いを比較してみました | カジタン

ナッシュ ・ニチレイ・ヨシケイ・ワンマイル4社の宅配弁当の違いを比較してみました

スポンサードリンク

どこが良いの?宅配弁当会社4社を徹底比較!

「宅配弁当って実際どこの会社を頼むのが良いの?」
「便利なのは分かるけど不味かったら意味がない…何社か候補はあるけど…」

宅配弁当は料理の手間を省いて栄養バランスも整っていて、時短になりますよね。しかし宅配弁当の会社が多くて、どこにオーダーするか迷ってしまうでしょう。

そこで今回はナッシュ・ニチレイ・ヨシケイ・ワンマイルの4社の宅配弁当を徹底比較しました。

宅配弁当の会社選びの参考にしてみましょう。

ナッシュ ・ニチレイ・ヨシケイ・ワンマイル4社の宅配弁当を徹底比較

4社の宅配弁当を項目ごとに徹底比較
数ある宅配弁当の会社の中から、ナッシュ・ニチレイ・ヨシケイ・ワンマイル4社のお弁当を以下の項目ごとに比較しました。

  • 1食分の値段・配送料
  • お弁当の美味しさ
  • 注文しやすさ
  • 配達地域
  • 食事メニューの豊富さ
  • 健康面への配慮
  • 継続しやすさ
  • 容器の素材・捨てやすさ
  • 配達スケジュールの変更しやすさ
  • アプリやサイトの使いやすさ
  • 支払い方法

宅配弁当の美味しさや料金だけでなく、支払い方法や継続しやすさなど 気になるポイントをまとめています。

1食分の値段・配送料

まずは4社の宅配弁当の値段や配送料を比較してみました。

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル
1食分の値段 約499円〜 約750円〜 約340円〜 約738円〜
配送料 760円〜
(地域により異なる)
※初回送料無料
800円〜
(5,000円以上送料無料)
無料 918円
(一律)

1食分の値段と送料が最も安いのはヨシケイ!圧倒的にお弁当の料金も送料もお得ですよね。
次が低糖質弁当でおなじみのナッシュ、次がワンマイル、ニチレイと続きました。
ナッシュは初回のみ送料無料、ニチレイは5,000円以上の購入で送料が無料になります。まとめてお弁当を買う方に得ですね。
ワンマイルは全国一律918円と少々送料の高さがネックになるかもしれません。

お弁当の美味しさ

次は4社のお弁当をそれぞれ食べてみて、美味しさの比較をしてみました。
便利とはいえおいしくないと自分や家族も箸が進みませんからね!

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル

どこの宅配弁当も美味しかったのですが、美味しさはニチレイとワンマイルがダントツです!
ニチレイは冷食の会社だけに温め返しても水分が少なく、出来立てのような美味しさ。ワンマイルも食材に拘っているだけに、味付けもしっかりしていて非常においしく食べられました。
ナッシュはダイエットやトレーニングを意識しているので少し味付けが薄め。美味しいですが、濃い味付けが好みの方には物足りないかもしれませんね。
ヨシケイは量がやや少なく、副菜を用意した方が良いかもしれません。

注文しやすさ

次にサイトやアプリからの注文しやすさも比較してみました。

スポンサードリンク
ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル
サイト・アプリ サイト・電話・カタログ サイト・アプリ・電話・FAX サイト・電話

4社共通してネットからの注文が可能です。夜間でも関係なく発注できるのは便利ですね。
ナッシュとヨシケイには専用アプリがあり、いちいちブラウザからブックマークを開かなくて良いのは楽。
電話で注文ができるのはニチレイとワンマイル。どのお弁当を頼むか相談したり、詳細を聞きながら注文したい人はニチレイかワンマイルが良いでしょう。
ニチレイはカタログからの注文もできるので、じっくりメニューを選びたい方向けですね。

配達地域

4社それぞれがどのエリアの宅配に対応しているのか、配達地域を調べました。

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル
全国47都道府県 全国47都道府県 埼玉、東京、千葉、神奈川、福島、静岡、福井、滋賀、奈良、大阪、京都、兵庫、徳島、愛媛、広島、岡山 全国47都道府県

ナッシュ・ニチレイ・ワンマイルは全国47都道府県に宅配が可能です。ヨシケイは基本的に営業所があるところにしか配送をしていないらしく、全国で16都道府県のみの対応でした。送料無料だけに、全国エリアには配送ができないのは残念ですね。

食事メニューの豊富さ

次に食事のメニューの充実度を比較してみました。

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル
60種類 100種類以上 20種類程度 100種類以上

ワンマイルとニチレイが一番メニューの種類は豊富!ニチレイはさすが冷凍食品の大手だけあり、お弁当の種類も非常に多くて選ぶのが大変なほど。
ワンマイルはおかず、副菜、ご飯物など品揃え豊富なメニューが100種類以上、その中から好み物をチョイスしてオーダー可能です。
ナッシュも定期的に入れ替わりはあるものの、常時60種類のメニューがあります。デザートやパンなどもあり、バラエティも豊富といえるでしょう。
ヨシケイは季節ごとにメニューが入れ替わりますが、常時20種類程度のメニューが選べます。

メニューから個別に選ぶことも、◯食セットといくつかの献立がセットになっている物を選ぶこともできますよ。

健康面への配慮

私たちの体は食べる物で作られるので、健康面への配慮も気になりますよね。
素材や添加物などの観点から4社を比較してみました。

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル

どの宅配弁当も品目・栄養バランスに配慮して作られています。中でも特に素材への意識が高いと感じたのがワンマイル。社長が自身で食材を仕入れ、ご自身でも週5回は自社弁当を食べているそうですよ。
ニチレイも糖尿病の方用、1食300キロカロリーの食事など健康志向のお弁当が多いですね。
ナッシュはシェフが手作りして冷凍するだけに食材の新鮮さが魅力。糖質が低めなのでダイエット向けの食事と言えるでしょう。
ヨシケイも品目や野菜のバランスなどに気を使って作られています。

継続しやすさ

次は飽きが来ず続けて利用しやすいかどうかを比べてみました。

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル

ワンマイルはおかず、お寿司、ご飯物などメニューが単品購入できるので続けやすいです。定期お弁当だと飽きてしまうことがありますからね。
ニチレイは味がとても良くお弁当の種類自体が非常に多いので、毎日食べても違うメニューを楽しめるでしょう。
ナッシュはダイエットを意識した作りなのでどうしても味付けが似通ってしまう傾向があります。短期間でダイエットをした後は配達周期を長くして緩く取り入れるようにすると良いと思いますよ。
ヨシケイは入れ替わりがあるもののメニュー数・ボリュームがやや少ないため、おかずやご飯を別で用意する必要があるのがネックになる可能性があります。

容器の素材・捨てやすさ

宅配弁当の容器の素材と捨てやすさも比較しました。便利なのに容器が嵩張る、処分が面倒だとせっかく手間を省く意味がありませんからね!

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル
容器の素材 耐水性紙 プラスティック プラスティック 耐熱性ビニール
捨てやすさ

ダントツで捨てやすいのはワンマイル、耐熱性ビニールで湯煎をする形式なので燃えるゴミにそのまま捨てることができます。
ナッシュの容器も耐水性の紙でできていて、燃えるゴミに出すことが可能です。
ニチレイとヨシケイは一般的なプラスティックでできた弁当箱で届きますので、お住まいの地域によってはプラゴミに分別する必要があります。

配達スケジュールの変更しやすさ

次に定期購入や注文した食材が届くまでのスケジュール変更やキャンセルのしやすさを比べてみました。

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル
予定日4〜5日前までネット・アプリ・電話で変更可能 予定日1週間前までネット・アプリ・電話で変更可能 到着の前の週の水曜日まで
(それ以降は配達まで3営業日前であれば可能)
予定日1週間前までネット・電話で変更可能

ヨシケイは配達予定日の前の週水曜日が締め日。もしも過ぎてしまった場合は配達予定日の3営業日前まで変更が可能です。一番キャンセルや変更の融通が効きやすいですね。

次がナッシュで、アプリやサイト・電話から4〜5日前までの変更が可能。ニチレイ・ワンマイルはどちらも1週間前まではスケジュール変更ができるようです。

基本的に1週間前には翌週の献立や予定は立つと思うので、十分な変更期間があると言えるでしょう。

アプリやサイトの使いやすさ

ネットから注文をすることが多いと思うので、アプリやサイトの使い勝手も重要ですよね。
実際に利用してネット注文のしやすさを比べてみました。

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル

最もアプリやサイトが使いやすかったのがナッシュです。メニュー一覧がタイル形式で表示され、選んだメニューが横に出るようになっているので「何を頼んだっけ?」と混乱することがありませんでした。

ヨシケイとワンマイルは一般的なネットショップの作りとさほど大差はなく、楽天やアマゾンでお買い物をよくする方だったら不便なく使えると思います!

ニチレイはメニューが豊富なだけに、ネットだけだと少々使いづらい印象がありました。メニューをじっくり決めたい方はカタログを請求して内容を吟味、ネットで注文した方が良いかもしれませんね。

サイトの使いやすさではナッシュの圧勝ですね!

支払い方法

最後に宅配弁当4社の支払い方法を調べてみました。お得にポイントが貯まるクレジットカードが良いのか、現金払いが使えるかなどをチェックしてみましょう。

ナッシュ ニチレイ ヨシケイ ワンマイル
・クレジットカード
・代金引換
・コンビニ後払い
・クレジットカード
・代金引換
・先払い(コンビニ・銀行・ネットバンキング)
・後払い(コンビニ・銀行・郵便局・LINE Pay)
・Amazonペイメント
・現金(集金)
・ゆうちょ引き落とし
・クレジットカード(ヨシケイニコスに限る)
・クレジットカード
・代金引換
・Amazonペイメント
・銀行振り込み(先払い)

ニチレイは大手企業だけあり、最も決済の種類が豊富でした。クレジットカードや銀行振り込みはもちろん、後払いのLINE PayやAmazonペイメントも利用できます。

ワンマイルは後払いシステムはないものの、ニチレイ同様にAmazonペイメントが利用できて便利ですね。

ナッシュはクレジット・代金引換、コンビニ後払いの3種類。クレジットのみ手数料がかからないので、一番お得なのはクレジット決済と言えます。

最も決済方法が限られるのがヨシケイで、クレジットカード決済がヨシケイニコスカード限定になってしまいます。現金払いは毎週の集金かゆうちょ引き落とし(毎週水曜日)が選べますが、金融機関が限られるのは少々不便ですよね。

決済の点ではニチレイが最も優れているという結果になりました!

まとめ

なにを重視するか?で選ぶと良い!
今回はナッシュ・ニチレイ・ヨシケイ・ワンマイルの4社の宅配弁当を様々な観点から比較しました。
どこの冷凍弁当のクオリティも高く、美味しいのですが、配送地域や料金、容器の捨てやすさなどに差があります。
味を重視するならニチレイかワンマイルダイエットしたいならナッシュなど目的に合わせて選んでみると良いでしょう。
冷凍弁当は手軽に栄養価の高い食事を取れ、尚且つ料金も安くなっています。
是非この記事を参考にして、自分にあった宅配弁当会社を選んでくださいね!

▼nosh(ナッシュ)の口コミと体験談はコチラ♪▼
⇒簡単1分!nosh(ナッシュ)の定期コースの解約方法を徹底解説!スキップの仕方もご紹介