ウォーターサーバーとペットボトル徹底比較!お得なのはどっち?

今、飲料水としてペットボトルを買っている人の中には「ウォーターサーバーにした方がお特なのでは?」と、悩んでいる方は結構いるのではないでしょうか?

最近ではウォーターサーバーを設置している一般のご家庭も増えました。でもウォーターサーバーといっても、様々な提供業社があり水の種類も様々です。

そこで今回は、ウォーターサーバーの設置と、ペットボトルを買い続けるのでは、どちらの方がお得なのか?またもう一つの選択肢でもあるペットボトルをサーバーとして使えるペットボトルサーバーもおすすめできるので、色々と比較をしてみました。

それぞれのメリット、デメリットを知ることであなたにとっての「お得!」は、どっちなのか?検討の目安にしていただけたらと思います。

ペットボトルを使ったウォターサーバーと普通のウォーターサーバーをメリット・デメリットで比較

ウォターサーバーにはペットボトルを使うタイプなど数種類あります。

今回はそれぞれの特徴をみていきましょう!

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバーの利用を検討している人は、ウォーターサーバーのメリット、デメリットを知ることが大切です。以下に4つのメリットと3つのデメリットをご紹介しますので参考にしてください。

ウォーターサーバー利用4つのメリット

まずはウォーターサーバー利用のメリットについて4つ見てみましょう。

メリット①お湯を沸かす手間が楽

やはりウォーターサーバーのメリットは、お湯を沸かす手間が楽という点ですよね!ウォーターサーバーは、常にお湯の温度が80〜90℃の状態です。

コーヒーやお茶が飲みたいときには、わざわざお湯を沸かさなくてもすぐに作ることができます。赤ちゃんがいるご家庭でもミルク作りの手間がすごく楽です。

メリット②冷たい水がいつでも飲める

多くの利用者が感じているメリットの一つには「美味しい水を安心していつでも自宅で飲める」ことを挙げています。蛇口から出る水道水も品質が整ってきているとは言え、まだまだ不安を感じている人も多くいるようです。

「水を買う」という時代になるとは一昔前には考えられませんでした。

しかし今は「水を買う」のは当たり前になりました。そんな時代に沿ったサービスがウォーターサーバーなのです。お金を払って「安心して飲める水」を届けてくれます。

メリット③ゴミが減らせる

ペットボトルはすぐにゴミ箱がいっぱいになりませんか?「この間、出したばかりなのに、もうこんなに溜まっている!」とぼやく人も多いと思います。

ペットボトルを飲料水にしている人のほとんどは、2Lサイズだと思います。多い時には、1日に1本を飲み切ることもあります。だからすぐにゴミ箱がいっぱいになるのです。

一方で、ウォーターサーバーは一般的に12 Lのものがほとんどです。ペットボトルに比べて空き容器が出る頻度は比べ物にならないぐらい少ないのです。

しかも空き容器が出ても業者が回収をしてくれるのでゴミ出しの必要がありません。

メリット④インテリアとしておしゃれ

最後に、ウォーターサーバーのメリットとして利用者の多くが納得しているのがインテリアとしておしゃれだという点です。

最近は形もデザインも様々なタイプがあり、リビングに設置しても違和感なくインテイアの一つとしておしゃれを演出してくれます。

ウォーターサーバー利用3つのデメリット

ウォーターサーバー利用のデメリットについて3つ見てみましょう。

デメリット①ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーを利用する上で絶対に外せないのが、ランニングコストです。
当たり前ですが、水の購入費用が定期的に発生します。水の代金はメーカーによって異なるものの大きな差はほとんどないようです。

  • 12 L入りで1,500円前後が標準的です。

また電気代も外せません。

  • 月に約350円〜1,000円ほどかかります。

他にも

  • レンタル代(月に約1,000円程度)

※無料のものと有料のものがありますが、一般的にはメーカーからレンタルをする利用者が多いです。

  • メンテナンス代

※通常は、最低でも年に1回のメンテナスが必要

デメリット②置き場所の確保

これも当然なのですが、ウォーターサーバーの置き場所を確保しなければなりません。メーカーによってもサーバーの大きさには差があるのですが、さほど大きな差はありません。

一般的なサイズで

幅30センチ前後
奥行き40センチ前後
高さ1メートル前後です。

サイズだけを聞くと、それほど大きいとは感じないかもしれません。しかし実際に置いてみると意外と大きいですよ!マンションやアパートでは設置する場所を確保するのが難しいという理由でウォーターサーバーの導入を諦める人も多いようです。

また電源が取れるようにしなければならないので設置場所によっては延長コードが必要になりますから見栄えも悪くなることがあります。

デメリット③メンテナンスが面倒

メーカーのメンテナンスは最低でも年に1回は必要です。しかし普段の衛生管理としてのメンテナンスは自分で行わなければなりません。

実はウォーターサーバーの最大のデメリットとして利用者の多くが挙げているのが、この衛生管理によるメンテナンスなのです。

ウォーターサーバーの水は、殺菌の塩素が使われていないので雑菌が繁殖する危険性があります。そのためにサーバーの注ぎ口、ボトルの差し込み口へ雑菌を繁殖させないように定期的にお手入れをする必要があるのです。

年に1回のメーカーによるメンテナスだけでは不十分なので日頃のお手入れは必ず行う必要があります。

こんな人はウォーターサーバーがお得

ウォーターサーバーのメリット・デメリットについて見てきましたが、まとめてみると以下のような人にはウォーターサーバーがお得だと言えます。

  • 「お湯を頻繁に使う人」
  • 「赤ちゃんがいるご家庭」
  • 「飲料水を買うのが面倒という人」
  • 「ゴミ出しが面倒という人」

ウォーターサーバーはいつでもお湯が出て、冷たい水が飲めます。飲料水を買わずに済むのでペットボトルゴミも出ません。そこにメリットを感じる人にはウォーターサーバーがお得なのです。

ペットボトル購入のメリット・デメリット

ペットボトルの特徴

今、飲料水としてペットボトルを購入している人のメリット、デメリットについて見てみましょう。以下にペットボトル購入の4つのメリットと3つのデメリットをご紹介します。

ペットボトル購入4つのメリット

ペットボトル 購入のメリットについて4つ見てみましょう。

メリット①いつでもどこでも購入できる

ペットボトルの水は、定期的に購入をしなければならないという決まりはありません。いつでもどこでもコンビニやスーパーなどで購入をすることができます。

ペットボトルのサイズも豊かで自由にその時々に合わせて選ぶことも可能です。

小さめのもので280mlや350ml、普通のサイズが500mlと、外出先での持ち歩きも楽ですよね!

自宅用としては大きめの1Lや2Lサイズがありますし、最近では4L〜5Lの特大サイズも販売されています。だからこそ「ウォーターサーバーではなくペットボトルを飲料水として購入をする」という人も多いのです。

メリット②ランニングコストがかからない

ペットボトルはウォーターサーバーのようなランニングコストはかかりません。

先ほどもご紹介しましたが

ウォーターサーバーを使用するには

  • 「水の購入費用が定期的に発生」
  • 「電気代」
  • 「レンタル代」
  • 「メンテナンス代」

などと色々なランニングコストがかかるのです。

それに対してペットボトルは

水の購入費用だけです。電気代もレンタル代もメンテナンス代も一切必要ありません。

「水を飲むだけなのにランニングコストがかかるのなら、ウォーターサーバーは使わなくてもいい!」と考える人も少なくありません。

メリット③水の値段が安い

何と言ってもペットボトルを購入する最大のメリットは、水の値段が安いことです!スーパーでは2Lの水が100円以下で販売されています。ウォーターサーバーの12リットル入りで1,500円前後なので、2Lあたりの値段は250円ということになります。

そこへランニングコストがかかるので250円以上になる計算です。それに比べるとペットボトルの値段がいかに安いかということがわかります。

特定の銘柄にこだわりがない人には、断然ペットボトルの方がコストを抑えられます。

メリット④衛生的である

ウォーターサーバーの水は、殺菌の塩素が使われていないので雑菌が繁殖する危険性があり衛生面が気になります。また常に衛生面を考えて定期的なメンテナンスも必要で面倒です。

それに対してペットボトルの水は、サーバーを通さなくてもよいので衛生面の不安がありません。いつでも新しいボトルから飲めることがペットボトル購入のメリットなのです。

ペットボトル購入3つのデメリット

ペットボトル 購入のデメリットについて3つ見ていきましょう。

デメリット①冷蔵庫で冷やす必要がある

ペットボトルの水を冷たい状態で飲みたいときには、冷蔵庫で冷やす必要があります。飲料水のサイズであれば2Lが一般的です。しかし冷蔵庫の中に2Lサイズのペットボトルを入れると意外と場所を取ってしまいます。

家族が多ければ、その分のペットボトル を冷やしておかないとならないので、かなり邪魔になってしまいます。一人暮らしの場合では、冷蔵庫も大きくはないので1本冷やしておくだけでも、圧迫感を感じることがあります。

デメリット②ゴミが増える

どうしてもペットボトルはゴミが大量に出ます。水は毎日飲むので2Lのペットボトルがあっという間になくなってしまい、すぐにゴミ箱行きになります。

普通、どこの自治体でもペットボトルのゴミ出しは2週間に1回しか回収をしてくれません。飲料水として飲むペットボトルは、2週間もあれば相当な空きペットボトルが出るのでデメリットの一つだと言えるでしょう。

デメリット③お湯を沸かす手間がかかる

ウォーターサーバーはいつでもお湯が利用できます。それに対してペットボトルの場合はお茶やコーヒーを飲むときには、その都度お湯を沸かさなければなりません。
1日に何度もお湯を使う人にとってはかなりの手間になります。特に赤ちゃんがいる家庭ではミルク作りにお湯が必要なので、その都度お湯を沸かすのはかなり面倒です。

こんな人はペットボトル購入がお得

ペットボトル購入のメリット・デメリットについて見てきましたが、まとめてみると以下のような人にはペットボトル購入の方がお得だと言えます。

  • 自由に好きな銘柄の水を飲みたい人
  • ランニングコストを抑えたい人
  • 飲料水の費用を安く抑えたい人
  • 定期的なお手入れが面倒という人
  • 衛生面に不安なく水を飲みたい人

ペットボトルはいつでも自由に好きな銘柄の水が飲めます。ランニングコストの必要もなく水の値段もかなり安いです。
衛生面も安心して飲むことができ定期的なお手入れの必要もありません。そこにメリットを感じる人にはペットボトル 購入の方がお得なのです。

もう一つの選択!ペットボトルサーバー

ペットボトルサーバーの特徴

これまでウォーターサーバーとペットボトルを比較してきましたが、もう一つの選択肢としてペットボトルサーバーがあるのをご存知でしょうか?
知らない人もいると思うのでペットボトルサーバーについてご紹介します。

ペットボトルサーバーとは

ペットボトルサーバーとは、スーパーなどで市販されているペットボトルを使ってウォーターサーバーのように冷たい水と温かいお湯が使えるようになるペットボトル専用のサーバーです。

ペットボトルサーバー利用のメリット・デメリット

ペットボトルサーバー利用のメリット・デメリットについてご紹介しますので、あなたにとってメリットが多いと感じたらウォーターサーバーとペットボトルの購入よりもお得になるのでじっくりと見てくださいね。

ペットボトルサーバー利用のメリットとは?

ペットボトルサーバー利用には以下のようなのメリットが挙げられます。

  • いつでも好みの水を飲める
  • ランニングコストが抑えられる
  • スーパーで買える
  • 水の値段が安い
  • サーバーのサイズがちょうど良い

何と言ってもペットボトルサーバーのメリットは、スーパーで市販されているペットボトルを使ってサーバーにセットできるという点です。それによってペットボトル購入と同様のメリットが得られます。

特に水の値段やランニングコストが抑えられます。
定期的な水の購入ノルマもなく気軽に利用ができます。

ペットボトルサーバー利用のデメリットとは?

ペットボトルサーバー利用には以下のようなのデメリットが挙げられます。

  • 安っぽく見える
  • 初期費用が必要
  • 定期メンテナンスがない
  • 衛生面の心配

どうしてもウォーターサーバーに比べるとデザイン性に乏しいのは事実です。インテリアにこだわる人には安っぽく見えるのでデメリットになるでしょう。

またペットボトルサーバーは自分で購入をする必要があるので、最初に20,000円前後の購入費がかかり、メーカーのメンテナンスもありません。
ペットボトルをセットするサーバーは水垢や汚れが発生するので定期的に掃除をしなければ衛生的に使うことはできません。

ウォーターサーバーとペットボトルサーバーの気になる “3つ”を比較

ウォーターサーバーとペットボトルサーバーの「コスト」「使いやすさ」「ゴミの量」と、気になる “3つ”を比較しました。

比較⒈コストが安いのは

ペットボトルサーバー ウォーターサーバー
水の値段 100円(2Lあたり) 250円(2Lあたり)
電気代 平均300円(一ヶ月) 平均600円(一ヶ月)
メンテナンス代 0円 無料〜5,000円程度
(メーカーにより異なる)
レンタル代 0円 1,000円程度(一ヶ月)

上記の表を見比べてもはっきりとわかりますが、コストが安いのは圧倒的にペットボトルサーバーです。

比較⒉使いやすいのは?

使いやすさに関しては、正直に言って変わりません。
水のセットが異なるぐらいです。

  • ペットボトルサーバーは2L
  • ウォーターサーバーは12L

使用方法は両方ともほとんど変わりませんが、セットに関しての違いがあります。

ペットボトルサーバーの水の容量は2Lと軽くてセットが簡単です。一方でウォーターサーバーは、12Lという大容量のボトルがほとんどなので、かなりの重労働となります。

比較⒊ゴミ出しが楽なのは?

ウォーターサーバーは、空き容器を業者が回収してくれるまで保管をする必要はありますが、基本的にゴミ出しの必要はありません。
先ほどもご紹介した通りでペットボトルは容量が少ない分すぐにゴミ箱がいっぱいになります。しかしウォーターサーバーは一般的に12 Lのものがほとんどなので、空き容器が出る頻度はペットボトルに比べて圧倒的に少ないです。

このことからも空き容器のゴミ出しが楽なのはウォーターサーバーです。

結論!お得なのはペットボトルサーバー

さて、ウォーターサーバーとペットボトルサーバーの「コスト」「使いやすさ」「ゴミの量」と、気になる “3つ”を比較しましたが、ゴミの量以外は全てペットボトルサーバーの方がお得です。

その結果、ペットボトルサーバーの方がお得!という結論に至りました。

おすすめのペットボトルサーバー3選

ペットボトルサーバーにも様々な種類があります。「どれを選ぶといいのかわからない?」という人へ、オススメのペットボトルサーバーを3つご紹介しますので検討している人は是非とも参考にしてくださいね。

ニチネン・ウォーターサーバー

数多くのペットボトルサーバーの中で、今一番人気があるのが「ニチネン・ウォーターサーバー」です。

詳細
本体価格 10,500円
ペットボトル容量 2L
冷水温度 10℃〜15℃
温水温度 85℃〜95℃
本体サイズ 約幅270・高さ300・奥行き360(㎜)
  • コンパクトで置き場所に困らない
  • ボトル交換が簡単
  • 好きな銘柄の水で冷水、温水がいつでも使える
  • 電源は家庭用コンセント

セルフサーバー

「ニチネン・ウォーターサーバー」に次いで人気があるのが、「セルフサーバー」です。

詳細
本体価格 34,500円
ペットボトル容量 2L1本〜4本セット可能
冷水温度 7℃~15℃
温水温度 85℃〜90℃
本体サイズ 約幅350・高さ500・奥行き350(㎜)
  • 浄水器の水を飲みたい人
  • コンパクトで置き場所に困らない
  • ボトル交換が簡単
  • 好きな銘柄の水で冷水、温水がいつでも使える
  • 電源は家庭用コンセント
  • 2Lペットボトルを4本セット可能

トフィーウォーターサーバー

「トフィーウォーターサーバー」は、特にデザインがおしゃれだということで安定した人気を誇っています。

詳細
本体価格 15,330円
ペットボトル容量 1.5L
冷水温度 10℃〜15℃
温水温度 85℃〜95℃
本体サイズ 約幅270・高さ617・奥行き325(㎜)
  • コンパクトで置き場所に困らない
  • ボトル交換が簡単
  • 好きな銘柄の水で冷水、温水がいつでも使える
  • 電源は家庭用コンセント

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、飲料水としてペットボトルを買っている人へ「ウォーターサーバーの設置と、ペットボトルを買い続ける」のでは、どちらの方がお得なのか?ということで比較をしてみました。

さらに、もう一つの選択でもある「ペットボトルサーバー」と「ウォーターサーバー」を比較しました。その結果「ペットボトルサーバーの方がお得!」ということがわかりました。

ペットボトルサーバーは確かに便利です。
これを機に、あなたのお気に入りのペットボトルサーバーを検討してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です