水道水ろ過式のウォーターサーバーを比較しておすすめ!水道直結型のメリットとデメリット

水道水をそのまま使える水道直結型ウォーターサーバーが、あることを知っていますか?
「水道水だからマズいんじゃないの?」と心配に思う人もいますよね。

水道直結型ウォーターサーバーには、高性能なろ過フィルターが組み込まれているので、水道水に含まれる不純物をほとんど除去してくれます。
「安全でおいしいお水が使い放題で安い!」と口コミでも評判です。

最近、話題の水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット、選び方のポイント、おすすめの会社を詳しく調べてみました。

「水道の水がカルキ臭くてマズイ」
「赤ちゃんのために安全な水を使いたい」
「宅配型ウォーターサーバーは高いのでやめたい」

そんなことを考えている人は、必見ですよ。

この記事でわかること

  • 水道直結型ウォーターサーバーは料金が安いので水代が節約できる
  • 高性能なろ過フィルターで水道水でも安全でおいしい
  • 注文の手間や保管場所を確保する必要がない
  • 工事が必要なので使えるまで少し時間ががかかる
  • 水道管の近くじゃないと設置がむずかしいこともある

宅配型とのちがいは何?水道直結型ウォーターサーバー

水道直結型ウォーターサーバー

水道直結型ウォーターサーバーとは、自宅の水道水で給水するウォーターサーバーのこと。
ウォーターサーバー内部のろ過フィルターが不純物を除去してくれるので、おいしくてきれいな水を飲めます。
ウォーターサーバーなので浄水器とちがって、冷たい水やお湯、常温とさまざまな温度の水が利用できます。
使い方は従来の宅配型ウォーターサーバーと変わりません。

要は浄水器と従来のウォーターサーバーのいいとこどりをしたものが、水道直結型ウォーターサーバーだと思ってください。

水道直結型ウォーターサーバーのメリット3つ

水道直結型ウォーターサーバーのメリット3つ

ボトル宅配型のウォーターサーバーと比較した水道直結型ウォーターサーバーのメリットは3つあります。

安くて水を使い放題


水道水で給水するので、いつでも好きなだけ水が使えます。
毎月支払う費用はサーバーのレンタル代だけなので、水道代とわずかな電気代しかお金はかかりません。

4人家族が飲用と調理用で使う1か月の平均的な水の量は、約300リットルといわれています。
12リットルで1,500円の宅配型ウォーターサーバーを300リットル使うと、水代だけで毎月18,000円と高いお金を支払わなければなりません。

その点、水道直結型ウォーターサーバーで使う水は水道水なので、調理や食器洗い、飲み水とさまざまな用途で使い放題なのです。

給水の手間がかからない


水道水をそのまま引っ張ってくるので、宅配型ウォーターサーバーのように水がなくなったらボトルを交換する必要がありません。

水12リットルの重さは12kg。
容器の重さも加わるのでボトル1つで約13kgとなります。
宅配型ウォーターサーバーの多くは、サーバーの上部にボトルを設置します。
そのせいか、宅配型ウォーターサーバーは「ボトルの交換が大変」と、不満の声を漏らす人が少なくありません。

ボトルの交換の必要がないので、力のない女性や高齢者でも安心して利用できます。

保管場所に困らない


水道水をそのまま使うため、ウォーターサーバーの設置スペースを確保するだけ。
注文したボトルの保管場所の確保は不要です。
定期的なボトルの注文や、注文したボトルを受け取るため決まった時間に家にいる必要もありません。

狭い家に住んでいる、もしくは共働きで日中家にいない家庭は、水道型直結型ウォーターサーバーの利用が向いているでしょう。

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット3つ

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット

「水が使い放題」「安い」「給水不要」「保管場所不要」「注文不要」と一見いいことづくめのように思える水道直結型ウォーターサーバー。
しかし、水道直結型ならではのデメリットもあります。

水道から離れた場所は設置しづらい


自宅の水道を使うため、水道のある場所から離れた部屋に設置しづらい点がデメリットです。
水道管から水を引くため、設置場所はキッチンの近くになってしまいがち。
宅配型ウォーターサーバーのように好きな部屋に設置することがむずかしいです。
水道管から離れた場所に設置する場合は、細い延長パイプを使いますが、水道管が通っていない部屋に設置できるかは業者次第。

水道直結型ウォーターサーバーには、冷水と温水タイプと冷水専用タイプとさまざまな種類があり、会社ごとに機種のデザインも異なります。

設置場所を選ぶと、好きなデザインのものが選べなかったり、機能が限定されたりすることを覚えておきましょう。

工事が必要


水道直結型ウォーターサーバーは、利用前に必ず工事が必要です。
提供会社の専門スタッフが自宅に来て工事を行うため、その時間は家にいなければなりません。

工事は、水道管とウォーターサーバーをつなぐためものですが、水道のタイプや設置場所により工事のやり方は異なります。
キッチン下の水栓に付属の分岐部品をつけて給水することもあれば、水道の蛇口部分や外付けの食洗器、壁掛けの給油機に分岐部品をつけるなど工事のやり方もさまざま。
イメージとしては、卓上型食洗器の取り付け工事に近いものと思ってください。
水栓の形状にもよりますが、工事の時間はだいたい60~90分程度で完了します。

申し込んでから最短で1週間程度と各社の公式ホームページに書かれています。
しかし、工事の依頼は土日に集中するようなので、利用できるまでにもう少し時間がかかると思っておいたほうがよいでしょう。

申し込んでからすぐに使えないところが、水道直結型ウォーターサーバーのデメリットといえます。

天然水より味が落ちることもある


水質がよくない自治体の水道やマンションの給水タンクや水道管が汚れていると、期待したほど水がおいしくないこともあるようです。

水道直結型ウォーターサーバーにろ過フィルターがついていますが、性能はサーバーの機種により異なります。
浄水機能が弱い、かつ水道の水質があまりよくないと、期待したほどおいしくないことが十分に考えられます。

逆に浄水機能が優れたウォーターサーバーだと、水道水でも天然水と変わらない味が期待できるでしょう。

水道直結型ウォーターサーバーの利用が向いている人

先ほど紹介したメリット、デメリットから、以下に該当する人が水道直結型ウォーターサーバーの利用に向いています。

向いている人
  • 安全な水を調理や飲用に使いたい
  • 家族の人数が多い
  • きれいな水であれば、天然水にこだわらない
  • 水道代を節約したい
  • 注文するのが面倒
  • 家が狭いので水を備蓄しなくてもよい

注文やボトルの交換は必要ありませんが、毎月3,000~4,000円のレンタルサーバー代は支払わなければなりません。
1人暮らしであまり自炊しない人、飲み水ぐらいにしかウォーターサーバーを使わない人には、水道直結型ウォーターサーバーの利用はあまりおすすめできません。

水道直結型ウォーターサーバーを選ぶときのポイント6つ

水道直結型ウォーターサーバーを選ぶときのポイントを6つ紹介します。

フィルターの種類

水の味を大きく左右するのがフィルターの種類。
水道直結型ウォーターサーバーでは、主に次の3種類のフィルターが内部に組み込まれています。

ROフィルター(逆浸透膜)

ROフィルター(逆浸透膜)

RO膜と呼ばれる超微細な膜で、水道水に含まれる化学物質や菌、放射線物質などの不純物を約99.9%の割合で取り除くことで純水(ピュアウォーター)を作ります。
純水なので調理の際に、食材の味を損なうことなくおいしいご飯が食べられますよ。

ただし、水道水に含まれるミネラルも除去するので、エビアンやボルビックなどペットボトルのミネラルウォーターに慣れている人は、少し物足りないと感じることも。
1リットルの純水を作るのに2~3リットルの廃棄水を排出するので、1か月の水道代が数百円程度高くなるでしょう。
人によりミネラルが豊富に含まれた水を飲みすぎると、消化器官に負担がかかることもあります。
胃腸の弱い人や消化器官が発達していない赤ちゃんのいる家庭は、ROフィルターの水道直結型ウォーターサーバーを選ぶとよいでしょう。

ナノトラップ・フィルター

ナノトラップ・フィルター

静電気で水道水に含まれるウイルスやバクテリアなど、有害物質を約99.5%除去します。
不純物は除去してもミネラルは残るので、おいしく水が飲めるでしょう。
ROフィルターとちがい、水道水を純水にする過程で廃棄水を排出しません。
ナノトラップ・フィルターは、水道代を節約しつつ、安全でおいしい水を飲みたい人におすすめです。

UFフィルター

UFフィルター

ウイルスや細菌など人体に有害な物質を除去する機能はありますが、ROフィルターやナノトラップ・フィルターほどろ過能力はありません。
水道水に含まれるミネラルは残るので、おいしい水が飲めますよ。
ROフィルターやナノトラップ・フィルターと比べて値段が安いので、4人以上の家族でたくさん水を使う人におすすめです。

温度調節やチャイルドロックなどの機能

ウォーターサーバーによって機能はさまざま 必要な機能があるのかチェック!

水道直結型ウォーターサーバーを選ぶときは、機能にも注目しましょう。
温度調節は、常温・冷水・温水と3段階で調節できるものもあれば、冷水専用のものもあります。
また、電気代を節約したい人のために常温水のみのウォーターサーバーも用意しています。
温度調節機能がついていても、電気代が気になる人のために節電モードにできる製品も少なくありません。

子供や高齢者のいる家庭向けに、何かのはずみで水が出ないようにチャイルドロック機能を備えているものもあります。

サーバーの設置タイプ

卓上タイプと床置タイプ

水道直結型ウォーターサーバーは、卓上タイプと床置タイプと2種類あります。

卓上タイプはだいたい以下のようなサイズです。

  • 幅20~30cm
  • 高さ:30~50cm
  • 奥行き:40~50cm

パナソニックの卓上型食洗器「NP-TH3」のサイズが、幅55cm×高さ59.8cm×奥行き30.1cm。
卓上型の水道直結型ウォーターサーバーは、食洗器より一回り小さいサイズだと思ってください。
キッチンで使うことが多い人は、コンパクトサイズの卓上タイプのものを選ぶとよいでしょう。

一方、床置タイプのものでも、幅30cm前後×高さ120cm前後×奥行き50cm前後と、高さはあってもスリムなものが多いです。
幅と奥行きが狭いので、キッチンの空いたスペースに置くことができますよ。

床置タイプは、水道から離れた場所で設置できるように給水タンク式のものも用意しています。
給水方法がタンクタイプのものでも、キャリーバックと専用の給水ホースを使えば、力のない女性や高齢者でも給水がラクにできるでしょう。

各社で卓上タイプと床置タイプの両方の製品を用意しているので、機能も含めて水道直結型ウォーターサーバーを選ぶときは設置場所も考慮してみてください。

料金プラン

水道直結型ウォーターサーバーで支払う費用は、工事代・メンテナンス代と月額料金です。
そのほかには水道代と電気代がかかると考えてください。

水道直結型ウォーターサーバーは定期契約なので、契約期間内に解約すると解約料金が発生することも覚えておきましょう。

月額料金

料金プランは各種とも月額定額制となっていますが、選ぶ機種により月額料金が異なります。
毎月3,000~6,000円かかると思ってください。
サーバー内部に高性能なフィルターが組み込まれていて、温度調節機能が多いものほど月額料金が高くなります。

ウォータースタンドと楽水ウォーターサーバーでは長割りプランも用意していて、通常プランよりも月額料金が約500~1,000円安くなってお得です。

工事代

各社とも工事代は、10,000円前後かかります。
水栓の形により、別売りのアダプターの取り付けや穴あけ工事などを行う場合は、工事代とは別に部品代がかかるので注意してください。
追加料金が気になる人は、申し込みの際に自宅の水道や水栓の写真を送って、工事費がいくらかかるか事前に質問するとよいでしょう。

フィルター交換は無料で対応する会社が多いですが、それ以外の修理や定期メンテナンスは有償対応となるケースもあります。

解約料金

水道直結型ウォーターサーバーは3年間の定期契約で契約期間中に解約すると、10,000~30,000円の解約料金が発生します。

携帯電話やインターネットの途中解約と同じで、契約期間が短ければ短いほど解約料金が高額です。
また、3年未満の解約だと撤去費用やサーバーの返送代は、自己負担となる会社もあります。

申し込みの際は、月額料金や工事代だけでなく、解約料金もチェックすることを忘れないようにしましょう。

メンテナンスの方法

水道直結型ウォーターサーバーは、月額料金に有人のフィルター交換や定期メンテナンスが含まれていると会社もあれば、取り扱い説明書を見て自分で行うところもあります。
クリーン機能がついていて、3~6か月に1度ボタンを押すだけで内部の清掃ができる機種も少なくありません。

また、有人のメンテナンスサービスがあっても、外装や冷却ファンの汚れやほこりは、自分でこまめに掃除しなければなりません。
抽出口や受け皿もそのままにしておくと、カビやにおいの原因となります。

水道直結型ウォーターサーバーを選ぶときは、提供会社のメンテナンスサービスや機種のお手入れのしやすさにも注目しましょう。

対応エリア

都市部は、ほぼ100%どこの会社を選んでも利用できますが、一部地方のエリアや離島では設置できないケースもあります。

申し込みたい会社の公式ホームページ、もしくはカスタマセンターに電話して自分の住むエリアで設置してもらえるか確認してみてください。

おすすめの水道直結型ウォーターサーバー4社を徹底比較

人気の高い水道直結型ウォーターサーバー4社の機種、サービス、料金を徹底的に調べてみました。
どの会社で申し込もうか迷っている人は参考にしてみてください。

サービス重視の人におすすめ!ウォータースタンド

ウォータースタンド

ウォータースタンドは、選べるウォーターサーバーの種類が豊富です。
7種類の卓上タイプと3種類の床置タイプから好きな製品が選択できます。
どれもオシャレでスタイリッシュなデザインなので、インテリアを重視したい人におすすめです。

ウォータースタンドの料金プランやサービス内容を表にまとめてみました。

月額料金 通常プラン 3,480~6,980円
長得プラン 3,000~6,000円
初期費用 10,000円(長得プランのみ、通常プランは無料)
1か月の水道代の目安(※) 約90円
1か月の電気代の目安(※) 約500~700円
メンテナンス料 無料
解約料金 1年未満の解約だと10,000円
ろ過フィルター ROフィルター
ナノトラップ・フィルター
サーバーの種類 卓上タイプ7種類
床置タイプ:3種類
水温 冷水:4.5~75度
温水:85~93度
常温水:0~1度

※:東京23区で1か月間、「ナノラピアネオ」で約300リットルの水を使用した場合の料金。利用するエリアや選ぶ機種、水や電気の使用量で料金は異なります。
フィルター交換、定期メンテナンス、機種故障の修理対応、経年劣化による本体交換など各種サービスの費用がすべて月額料金に含まれているのでお得です。

10種類のうち半分以上のサーバーが冷水・常温水・温水と温度調節できます。

導入前に1週間お試しで人気の卓上タイプのウォーターサーバー「ナノラピアネオ」が利用できますよ。
水道から直接給水するので、水道直結型ウォーターサーバーの申し込みを検討する人は、「自宅のどこに設置するべきか」迷うことも少なくありません。
ウォータースタンドでは、申し込みや設置場所に迷っている人のために、無料訪問診断も用意しています。
専任アドバイザーが、自宅を訪問しておすすめの機種や設置場所を提案してくれるので、申し込み後の機種選びや設置作業がスムーズに進むことでしょう。

ウォータースタンドについて詳しく知りたい方はコチラ
⇒ウォータースタンドを実際に使ってみた!口コミや使い心地を徹底調査

料金の安さを重視する人向け!ダイオーズ

ダイオーズ

ダイオーズは、オフィス向けのコーヒーサービスやボトル型のウォーターサーバーを提供する大手企業。

ダイオーズの料金プランやサービス内容を表にまとめてみました。

月額料金 契約期間3年:2,980~3,980円
工事費 10,000円
1か月の水道代の目安 不明
1か月の電気代の目安(※) 約800円
メンテナンス料 フィルター(カートリッジ)代は無料
訪問メンテナンスはなし
解約料金 1年未満の解約:8,940~11,940円
1年以上2年未満の解約:5,960~7,960円
2年以上3年未満の解約:2,980~3,980円
ろ過フィルター UFフィルター
ROフィルター
サーバーの種類 卓上タイプ1種類
床置タイプ:1種類
水温 冷水:5~12度
温水:90~95度

※電気料金は電力会社や料金プランにより異なります。詳細は電気会社に確認してください。

ダイオーズは、卓上タイプと床置タイプそれぞれ1機種しかサーバーが選べません。
しかし、温度調節やチャイルドロック、ECOモードがある高性能なサーバーです。
卓上タイプが白・赤・黒の3種類、床置タイプが黒と白の2種類から好きな色を選択できます。

料金のちがいはろ過フィルターの種類です。
UFフィルターの月額料金が2,980円で、ROフィルターは3,980円かかります。
フィルター(カートリッジ)はレンタル料金に含まれているので、定期的に郵送で自宅に届きますが、交換は自分で行わなければなりません。
フィルターはワンタッチで交換できるので、機械の操作が苦手な人でも簡単にできることでしょう。
ウォーターサーバーのクリーン機能が内部の清掃を自動でやってくれるので、訪問メンテナンスのサービスはありません。
普段のメンテナンスは、取扱説明書を見て自分で行うことなります。

メンテナンスを自分でやらなければならない分、他社と比べて料金が安くなっています。
また、1年以上使った場合の解約金も10,000円以下なので、他社よりも良心的な価格設定といえますね。
対応エリアも広くて、離島以外なら全国各地の幅広い地域で利用できます。

とにかく安い水道直結型ウォーターサーバーを探している人は、ダイオーズに申し込んでみてはいかがでしょうか。

どこでも設置できる!クール・クー

クール・クー

クール・クーの水道直結型ウォーターサーバーは、設置場所を選びません。
料金プランやサービス内容は以下のようなっています。

月額料金 契約期間3年:4,200~9,000円
工事費 1か月分のレンタル料金
※ROフィルター(水素水)は初期費用に加えて保証金20,000円が必要
1か月の水道代の目安(※1) 約30~90円
1か月の電気代の目安(※2) 約800円
メンテナンス料 年1度の無料の訪問メンテナンス
解約料金 1年未満の解約:30,000円
1年以上2年未満の解約:20,000円
2年以上3年未満の解約:10,000円
ろ過フィルター UFフィルター
ROフィルター
ROフィルター(水素水)
サーバーの種類 卓上タイプ2種類
床置タイプ:3種類
水温 冷水:4~8度
温水:85~90度

※1リットル0.1~0.3円として1か月300リットル使った場合の金額。地域により水道料金が異なるので詳細は最寄りの水道局に確認してください。
※電気料金は電力会社や料金プランにより異なります。詳細は電気会社に確認してください。

月額料金が4,200円からなので、他社と比べて少し高いと感じるかもしれません。
しかし、UFフィルターとROフィルターのウォーターサーバーの初期費用は1か月分のレンタル料金しかかかりません。
他社の半分の料金しかかからないので、格安で設置できます。

しかも、水道と離れた部屋やどんな構造の家でも設置できる点が、他社にない大きなメリットでしょう。
水道から離れた場所でも、延長パイプを使って配置します。
延長パイプは壁沿いの床や天井に目立たないように張り巡らせるので、掃除機で延長パイプをひっかける心配もありません。
延長パイプを隠す資材を使って設置するので、インテリアを損なうこともないですよ。

月額料金は9,000円と少し高くなりますが、ROフィルターに水素水を含むタイプのウォーターサーバーもあります。
水素にはシミやシワ、生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きがあるといわれています。
そのほかにも、アレルギーの症状や脂質代謝を改善する効果が期待できますよ。

水道から離れた場所に設置したい人、健康や美容が気になる人は、クール・クーのウォーターサーバーを使ってみるとよいでしょう。

長く使えば使うほどお得!楽水

楽水

楽水では、ほとんどの料金プランが3,000円以下と格安の値段で水道直結型ウォーターサーバーを提供しています。
楽水の料金プランやサービス内容をまとめてみました。

月額料金 通常プラン 契約期間3年:2,980~3,980円
長期割6年目以降 2,500~3,500円
長期割10年目以降 2,000~3,000円
初期費用 5,000~12,000円
1か月の水道代の目安 不明
1か月の電気代の目安(※) 約800円
メンテナンス料 フィルター(カートリッジ)代は無料
サーバーの修理や交換は無料
解約料金 残りの契約月数×レンタル料40%
ろ過フィルター UFフィルター
ROフィルター(月額料金に1,000円プラス)
サーバーの種類 卓上タイプ2種類
床置タイプ:3種類
水温 冷水:5~12度
温水:90~95度

※電気料金は電力会社や料金プランにより異なります。詳細は電気会社に確認してください。

温度調節ができるものと冷水器専用のものと、2種類のサーバーから選択できます。
基本的にどの機種もUFフィルターを利用することとなります。
レンタル料金はほとんどの機種で2,980円。
温度調節ができる製品は1,000円追加すれば、ROフィルターに変更することも可能です。
長期割プランがあり、6年目以降の利用は2,500円、10年目以降だと2,000円と長く使えば使うほどお得な料金プランになっています。

温度調節が可能な製品は、サーバーを自分で設置するDIYプランを選ぶこともできますよ。
その場合、通常12,000円の初期費用が5,000~8,000円と安くなります。

実は、大容量プラン以外の温度調節ができる製品は、ダイオーズと同じサーバーを使っています。
フィルターの交換方法や配送頻度、メンテナンス方法はダイオーズと同じと考えてください。
サーバーが壊れたときの修理や、交換は無料で対応してくれます。

お得な値段でずっと水道直結型ウォーターサーバーを使い続けたい人、工事費を節約したい人に楽水はおすすめですよ。

水道直結型ウォーターサーバーのよくある疑問

最後に、水道直結型ウォーターサーバーを使ってみたい人のよくある疑問をまとめてみました。

引越しする場合は料金がかかるの?

引越しする場合

ウォータースタンドは、引越しの際のサーバーの撤去、新居での取り付けは無料です。
しかし、ほかの会社はサーバーの撤去、取り付けは別途料金が発生します。
各社の費用を紹介するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

  • ダイオーズ:10,000円
  • クール・クー:20,000円
  • 楽水:20,000円前後

賃貸物件でも設置できるの?

賃貸物件でもOK

基本的にどの会社の水道直結型ウォーターサーバーも賃貸物件でも設置できます。
退去後の原状回復も対応してくれますよ。
ただし、水栓の形状により設置できない場合もあるようです。

賃貸物件に住んでいる人は、申し込みの前に電話で確認したほうがよいでしょう。

お水の長期保存はできる?

サーバー内部のフィルターが殺菌作用のある塩素をろ過してしまうため、長期保存には向いていません。

水道直結型ウォーターサーバーの水は、2~3日以内に使い切るようにしましょう。

まとめ:安くて安全な水道水を使いたい人におすすめ

水道直結型ウォーターサーバーは、まだ新しいタイプのサービスなので宅配型ウォーターサーバーほど数は多くありません。

しかし、水道水が使えて、サーバー内部のろ過フィルターが不純物を除去してくれるので、安全できれいなお水を好きなだけ調理や飲用に使えます。

温度調節やチャイルドロックなどもサーバーの機能も豊富です。
フィルター交換やメンテナンスも無料でサポートしてくれる会社もあります。
有人サポートがない会社では、誰でも簡単にフィルター交換ができて、クリーン機能がついている機種を用意しているので、お手入れの手間もかかりません。

こんな人におすすめ!
「水道水がカルキ臭いので、ウォーターサーバーを使ってみたい」
「子供が生まれたので安全な水を使いたい」
「高くて交換が大変な宅配型ウォーターサーバーから乗り換えたい」

など考えている人は、この機会に水道直結型ウォーターサーバーの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーのことをもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒【2019年】ウォーターサーバーのおすすめ5社を比較!導入前に読むべき完全ガイド