ウォーターサーバーの安い商品はどれ?月額料金いくらかかる?

ウォーターサーバーと聞くと「お店にある高いミネラルウォーターをサーブするもの」という印象を受ける方もいらっしゃると思います。

確かに、上のボトルから一瞬にして冷水や熱湯が出てくるシステムですし、電気代もかなりかかりそうです。
月額料金はどうなのでしょうか?

お高いんでしょう?

そう思われる方もいるかもしれません。

すぐに熱湯が必要なければ、スーパーでミネラルウォーターを買ってきておいた方が安いかもしれませんよね。
あれば便利なのは事実ですが、月額の料金があまりに高いようだと二の足を踏んでしまいますよね。

そこで、今回はウォーターサーバーの月額料金について考えてみたいと思います。

月額料金が思っていたよりも安く、「十分手が届く」と思われた場合、各社の商品を比較してぜひ契約を検討してみてください。そのための一助になれば幸いです。

ウォーターサーバー安さ比較!月々いくらかかるか知るメリットはこれ!
  • ウォーターサーバーの料金体系が理解できます
  • 世帯人数や用途の違いでの月額料金を知ります
  • 安いメーカーのウォーターサーバーを知ります
  • 天然水とRO水という2種類の水があります
  • 水の料金だけではなく他の料金(サーバー代、配送料、解約料等)があるということに気付きます

ウォーターサーバーにかかる月額料金には何が含まれている?

ウォーターサーバーを家に置く場合、「月額料金」と言われているものは、ウォーターサーバーメーカーに支払うもので、以下の金額の合計になります。

1.サーバーレンタル代

サーバーレンタル代

水をサーブするあの機械のレンタル料です。
これがあることで、いつでも冷たい水が飲め、逆に熱湯をサーバーから注ぐこともできます。

料金は月額料金に込みとなっているので、実際にいくらぐらいの機械なのかわかりません。購入ではないので、契約終了時や、壊れたときなどは返却することになります。

2.お水の料金

お水の料金

水そのものの料金です。水は定期便で(だいたい毎月1回)、ボトルで届きます。このボトルをサーバーにセットします。

ボトルは大きく分けて2種類あります。

  • 回収型
    ウォーターサーバーメーカーの車が、各家庭に使い終わったボトルを回収に来ます。企業や薬局などにある、大きく硬いプラスチック製のものです。
  • 使い捨て型
    そのまま燃えるごみとして捨てられる、ビニールパウチ制のボトルです。シャンプーの詰め替え用をイメージしていただくとわかりやすいです。それをそのままサーバーにセットします。使い終われば、小さくまとめることができます。
料金は一般的に回収型の方が安いです。
そりゃそうですよね、再利用できるわけですから。ただ、都市部、オフィス街など専門業者が回収できる地域でないといけません。
地方やウォーターサーバーメーカーの車が回れないところは必然的に「使い捨て型」ボトルになります。

料金は

  • 天然水:12Lボトル:月々1,000~2,300円
  • RO水 :12Lボトル:月々700~1,300円

が相場になっています。
水が足りなくなった場合、有料で追加発送してもらうこともできます。

3.送料

送料
最初に送られてくる、サーバーの発送料と、定期便の水の送料になります。
回収型ボトルが安いのは、再利用できるからだけではなく、自社の車で配送もできるから、他の民間業者を利用しないで済むから、ということもあります。

以上1~3を「月額料金」としている会社が多く、その金額を毎月、口座引き落としやカードなどで支払うことになります。

サーバー代+水代+電気代+送料の合計金額が月額の総額になる!

電気代も忘れないで!

ならば、毎月ウォーターサーバーにかかる費用は、ウォーターサーバーメーカーに支払うお金だけ、と思うかもしれませんが違います。

そう、ウォーターサーバーは電源が入り、電気の力で水を冷やしたり、熱湯にしたりします。その電気代は自分たちで負担することになります。

金額は、サーバーの「燃費」次第ですが、だいたい月々300円~800円程度のものが多いです。
家を長期不在にするときは、スイッチを切ったり、コードを抜いたりしておけば、その間の電気代はかかりません。

中にはサーバーレンタル代が無料や送料無料のサービスもある!

サーバー代・送料無料もあり

メーカーに支払うウォーターサーバーの料金は、「サーバー代+水代+送料」、ということがわかりました。

メーカーによっては「サーバー代○○円」「水1ボトル○○円」「送料○○円」という記載のところもありますが、逆に「サーバー代、送料無料」というところもあります。

長く使ってもらいたくサービスとしてやっているところもありますが、逆にサーバー代と送料を水代に含めているところもあるようです。

メーカーに支払う総月額料金を比較して、「サーバー代、送料無料」のところが明らかに安いならば、非常にいいサービスをしていることになります。同じくらいの場合は・・、単に水料金に含めて、お得感を出しているだけかもしれませんし、高い水なのかもしれません。

注意!月額費用が安くても購入ノルマや解約金がある場合もある!

購入ノルマや解約金

ウォーターサーバーメーカーによっては、月額料金が安くても、途中解約すると違約金、解約金が取られるケースもあります。

1年以上、2年以上使い続ける前に解約したい場合、5,000~10,000円を支払わないといけない契約をするメーカーのウォーターサーバーがあります。

あるいは、毎月数パックずつ水ボトルを買わされる、というケースもあります。1人暮らしや夫婦2人ならばそんなに使わないのに、買わないことは許されない、休会や1か月配送をストップするのもNG、そういう契約です。

「そんな話は聞いていない」

いあや、契約書に書いてあるはずで、クーリングオフ期間を過ぎてしまうと、納得して契約したとみなされるケースが多いです(よほど騙すような書き方をしていれば別ですが・・)。

注意!毎月はかからないけど、年間メンテナンス料にも注目

メンテナンス料

月額料金とは直接関係ありませんが、「メンテナンス料」として、毎年数千円~10000円くらいかかるウォーターサーバーもあります。

メーカーの人が家に来て、ウォーターサーバーをメンテナンスしたり、新しいウォーターサーバーと引き換えに、今まで使っていたウォーターサーバーを送り返したり、やり方は様々ですが、そうしたことに費用が発生するものもあります。

同じウォーターサーバーをずっと使い続けることは難しく、どこかで修理に来てもらったり、新しいものと交換してもらったりする必要がありますが、その際に料金が発生するのか、しないのかは、ウォーターサーバー選びの重要な要素になるかもしれません。

天然水とRO水によって費用は変わる?

ウォーターサーバーのお水が大きく分けると、「天然水」と「RO水」に分けられます。

  • 天然水
    「富士山の湧き水」なあど天然に湧いているお水を汲んできたもの。
  • RO水
    水道水を超微細フィルター(RO:Reverse Osmosis)でろ過しているお水で無味無臭。

「RO水」という言葉を聞きなれない人もいますが、水道水のように塩素臭さもなく、安全な水なのですが、おいしさもないため評判はイマイチです。

天然水は「硬水」「軟水」があるように、水の中の鉱物分やミネラルが違いますが、RO水は水道水などをさらにろ過した、混じりっけなしの「純水」に近いものです。

費用は

  • 天然水
    12リットルボトル:月々1,000~2,300円
  • RO水
    12リットルボトル:月々700~1,300円

でRO水はとても安いことがわかります。

味を取るか、安さを取るかの選択になります。

天然水とRO水の違いについて詳しく知りたい方はコチラ
⇒天然水とRO水は似ているようで実は違う!それぞれを比較しました

天然水・RO水のそれぞれ月額料金を比べて安い順に並べてみました!

天然水、RO水、それぞれのウォーターサーバーの月額料金を安い順に3社並べてみました。より安いものを先に書きます。水によって味に差がある天然水の方がいいのか、無味無臭のRO水

天然水の月額料金安い順

1位 ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター

月額費用 3,800円 (500ml 79円)

業界最安値!ウォーターサーバー・宅配水のワンウェイウォーター【公式】

「業界最安値」を堂々宣言しているウォーターサーバーメーカーです。天然水は「富士の名水」「京都三岳山麓」「九州日田天寿」から選ぶことができます。

12リットルボトル×2本 から注文できます。
1,900円×2=3,800円

サーバー代、配送料、メンテナンス費、すべて無料なのがうれしいですね。

2位 コスモウォーター

コスモウォーター

月額費用 3,800円 (500ml 79円)

《公式》天然水ウォーターサーバーNo.1【コスモウォーター】の宅配水

天然水のウォーターサーバーとして、とても人気のあるブランドです。水ボトルをサーバーの下にセットするので、女性やお年寄りでも簡単にボトルの詰め替えができます。サーバーもおしゃれで、家具として飾っていても問題ないくらいです。

初期費用、サーバー代、配送料、メンテナンス料すべて無料で、水ボトル代だけを負担します。

水ボトルは1本1,900円。12リットルボトル×2本 から注文できますので、まずウォーターサーバーを始めてみたいという方にもおすすめできます。1,900円×2=3,800円です。

安さで見ると、ワンウェイウォーターと同率1位になります。ただ、ワンウェイウォーターの方が3種類の天然水から選べるので、上に書かせていただきましたが、コスモウォーターの天然水も全国3地区の採水地から、みなさんの住所に近いより新鮮なものをお届けしています。

3位 フレシャス

フレシャス

月額費用 5,060円 (500ml 87.8円)

ウォーターサーバー顧客満足度No.1|フレシャスの天然水【公式】

円柱状のおしゃれなサーバーが特徴的な、ウォーターサーバーブランドです。「顧客満足度ウォーターサーバー業界1位」を謳っていて、確かに、「富士山」「朝霧高原」「木曽の森」の3地区の天然水から選べるのは大きな魅力です。

7.2リットルパック(使い捨て)4個で1箱となり、1箱単位で注文します。毎月2箱以上注文すると、サーバー代(500円)が無料になります。配送料、メンテナンス料は一律無料です。

3種類の水は料金が異なっていて、一番安いのが「朝霧高原」の水です。

「朝霧高原」の水を、毎月1箱注文したとすると

  • 水:1,140円×4パック=4,560円
  • サーバー:500円

合計:5,060円

500mlあたり87.8円となり、上記ブランドに比べるとやや高めですが、価格に差がある天然水ということは味にも特徴があるのでしょう。

毎月2箱以上注文するならば、サーバー代が無料になるため、500mlあたり79円~81円と、上のブランドとほぼ同じ価格で飲むことができます。

RO水の月額料金安い順

1位 ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーター

月額費用 3,750円 (500ml 52円)

業界最安値!ウォーターサーバー・宅配水のワンウェイウォーター【公式】

ワンウェイウォーターではRO水「プラスプレミアム」も販売しています。こちらは1か月3ボトルからの注文になりますが、500ml当たり52円という衝撃の安さになります。

もちろん、サーバー代、配送料、メンテナンス料等すべて無料です。

2位 アルピナウォーター

アルピナウォーター

月額費用 4,022円 (500ml 55.8円)

ウォーターサーバー・水を宅配 アルピナウォーター

こちらも業界ではかなり安い部類のRO水のウォーターサーバーです。

毎月、12リットル(1,050円)3本から購入できます。ただし、こちらはサーバーのレンタル代がかかります。

  • 水:1,050円×3=3,150円
  • サーバー:毎月 872円

月額合計:4,022円

となります。ただし、500ml換算すれば55.8円 とこちらも非常に安くなっています。サーバーは一部地域(関東)ではもっと安いもの(月額572円)を選択できることもあり、その場合500ml51.7円となり、ワンウェイウォーターよりもわずかですが安くなります。

3位 クリクラ

クリクラ

月額料金 4,167円 (500ml 57.9円)

ウォーターサーバー・宅配水なら売上高シェアNo.1のクリクラ

売上高業界第一位のウォーターサーバーメーカーです。専任の配送員が水のボトルを届けて、空きボトルを回収します。したがって、自分で何もしなくていいのでとても楽です。

ボトル代は1本1,250円ですが、3か月6本以下の場合1,000円が加算されます。また、あんしんサポートパック料毎月417円も必要です。

  • 水:1,250円×3=3,750円(36l)
  • 安心サポート:417円

月額合計:4,167円

が基本になります。この場合、500mlあたり57.9円になります。

まとめて表にしてみました。

(すでにできているリンクの表を入れてください)

利用者別!平均月額費用シミュレーション

それでは、ウォーターサーバーを利用する場合、どういう利用者だとどのくらい毎月かかるのかシミュレーションしてみましょう。

ただ、「水を飲むときだけウォーターサーバーの水を使う」「たまに自炊をして、炊いたり煮たりするときもウォーターサーバーの水を使う」「毎日自炊をして、その水も、外出時のお茶(マイボトル等)も全部ウォーターサーバー」ではまったく消費量が違います。

そこで、下記の3パターンでシミュレーションしてみました。

  1. 飲み水に使う程度
  2. 飲み水+たまの自炊
  3. 飲み水+お茶やマイボトル+毎日自炊

場合によっては、ウォーターサーバーではなく、水道に浄水器をつけた方がいいケースもあるかもしれません。

また、ウォーターサーバーメーカーやプランによっても料金が異なります。あくまで1つの目安として考えてみてください。

一人暮らしでウォーターサーバーを使うとき月額料金はどれくらい?

一人暮らし

一人暮らしでウォーターサーバーを使うときの月額料金を考えてみましょう。

飲み水に使う程度のケース

毎月の水の消費量は約12リットルくらいです。

月額料金は2500円前後。

ボトルノルマがある場合、24リットル程度からのことが多く、これでは水が余ってしまいます。ノルマがないウォーターサーバーメーカーのものを選びましょう。

飲み水+たまの自炊のケース

毎月の水の消費量は約26リットルくらいです。

月額料金は4500円前後。

ボトルノルマがああっても、その最低ロットで済みそうです。ただ、夏場は水を飲む量が増えるので多少足りなくなるかもしれません。

飲み水+お茶やマイボトル+毎日自炊のケース

毎月の水の消費量は約56リットルくらいです。

月額料金は9000円前後。水道代の数倍ですね。

水代だけで10000円!かなりかかります。料理に使うウォーターサーバーの水ですが、そこまでこだわらなくてもいいような気もします。加熱すれば壊れてしまう水内の栄養素もあります。水道水でも問題ないケー巣もあるかもしれません。

それでも水が大切!という人は水道に取り付ける浄水器の方がいいかもしれません。

 

会社・オフィスでウォーターサーバーを使うとき月額料金はどれくらい?

会社・オフィス

会社やオフィスにウォーターサーバーを置く場合、料理に使うことはないはずなので、飲み水あるいはお茶やコーヒー作り専用になります。

社員20名のオフィスで計算

社員が20名くらいいるフロア、会社で計算してみましょう。

1人1日2杯200mlずつお水を使うと仮定すると、1か月の水の消費量は160リットルになります。

料金は20000円前後になります。

オフィス内にある=日中必ず人がいる というのがポイントで、オフィス用のウォーターサーバーは、より安いリターナブルタイプ(水ボトルが回収のもの)が使える可能性が高いです。も少し料金を下げられるかもしれません。

家庭用のウォーターサーバーよりも選択肢が多い、というのが会社・オフィスのウォーターサーバーなのでよく検討してみてください。

子供のいる家庭でウォーターサーバーを使うとき月額料金はどれくらい?

子供のいる家庭

「夫婦+子供2人、赤ちゃんはいない」という構成で考えてみたいと思います。なお、お子さんがいる場合「チャイルドロック」付き(熱湯が出る方はある操作をしないとお湯が出ない仕掛け)のウォーターサーバーを選び、不意のやけどを避けるようにしましょう。

飲み水に使う程度のケース

毎月の水の消費量は約36リットルくらいです。

月額料金は7000円前後。

お子さんは大人ほど飲まないのですが、このくらいの出費になります。余裕があれば是非健康のためにもウォーターサーバーを取り入れていいと思います。

飲み水+たまの自炊のケース

毎月の水の消費量は約60リットルくらいです。

月額料金は10000円前後。

水代だけでこのくらいかかります。家計費を考えると、定額プランや浄水器なども考えてもいいかもしれません。

飲み水+お茶やマイボトル+毎日自炊のケース

毎月の水の消費量は約100リットルくらいです。

月額料金は16000円前後。水道代の数倍ですね。
相当稼いでいないと家計に工夫が必要です。浄水器等の併用も考えてみてください。

結局、飲み水(お茶やコーヒー含む)としてウォーターサーバーを使うならば、コスパも良く便利なものですが、料理にも使うと一気に使用量が増え、料金も高くなります。

定額プランや追加ボトル割引なども考えてみるべきですが、そもそも「ミネラルウォーター+冷水や熱湯がすぐに出る」のがウォーターサーバーの長所です。料理に使うのであれば、サーバーの機能は必要ありません。

ミネラルウォーターだけの定期配送(ポリタンク等で配送)や家庭用浄水器の方がコスパがいいです。特に家族が多いご家庭は、「何に買った水を使うのか」をよく考えてプランを決めてください。

ウォーターサーバーは月々いくらかかる? まとめ

ウォーターサーバーの費用まとめ
  • 2人ぐらいであれば毎月4,000円~5,000円程度で済む
  • サーバーには電気代がかかることに注意する
  • 天然水とRO水があり、価格は「天然水>RO水」
  • 水ボトルは引き取りに来てくれる「リターナブルタイプ」(交換式)の方が安いが、対象地域が制約される
  • 好き嫌いがあるのでどちらがいいとは言えない
  • 料理にもウォーターサーバーの水を使うと月額料金が跳ね上がる(月額20,000円近くになる)
  • 場合によっては家庭用浄水器の利用も考える(特に料理用水)
  • 各メーカーが特色のあるウォーターサーバーを出している

ウォーターサーバーについてもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒ウォーターサーバー完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です