(2020年6月)炭酸水メーカーを価格・コスパで比較したおすすめランキング | カジタン

(2020年6月)炭酸水メーカーを価格・コスパで比較したおすすめランキング

(2020年5月)炭酸水メーカーを価格・コスパで比較したおすすめランキング
自宅で、簡単に美味しい炭酸水が作れる炭酸水メーカー。

炭酸水には、健康にも良い!ということで気になっている方も多いですよね。

しかし、実際に買おうと思うと、何を基準に選んだらいいのか迷ってしまう方がたくさん。

そこで今回は、人気の炭酸水メーカーを14商品厳選してご紹介します!

選び方のコツもまとめているので、自分に合った炭酸水メーカーを選んでみてくださいね!

目次

炭酸水メーカーの選び方

まずは、炭酸水メーカーの賢い選び方をチェック!

次の5つの項目で、好みの炭酸水メーカーを選んでみるのがおすすめです。

  • シリンダー式 or カートリッジ式
  • 水以外にも炭酸注入できると良い
  • 炭酸の強さを重視!
  • ガス抜き自動だと後処理楽チン!
  • ランニングコストを比較

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

炭酸水メーカーの選び方①シリンダー式とカートリッジ式

炭酸水メーカーの選び方①シリンダー式とカートリッジ式
炭酸水メーカーには「シリンダー式」と「カートリッジ式」があります。

どんな機能が欲しいかによって、まずはここを選ぶ必要があるでしょう。

メリット デメリット
シリンダー式 ・炭酸の強さを調整できる
・カートリッジ式より選択肢の幅が広い
・シリンダーはメーカー回収が必須(自分で捨てるのはNG)
カートリッジ式 ・カートリッジは自分で捨ててOK
・比較的安価
・持ち運びが容易
・使用方法がシリンダー式より面倒なものが多い

炭酸水メーカーの選び方②水以外のジュースやワインにも炭酸注入できると良い

水以外の飲み物にも炭酸注入できるとベター!
ちょっと値段は高くなってしまいますが、水以外の飲み物にも炭酸を入れられる機種だとすばらしいです。

炭酸水メーカーを作りたい需要の中には「炭酸を使ったカクテルやジュースを作りたい」という声も。

そんなとき、「一度炭酸水を作って混ぜる」のではなく「直接炭酸を入れられる」なら、薄まることなく手軽に炭酸を楽しめますよね。

使い勝手は抜群に向上するので、ぜひ欲しい機能です!

炭酸水メーカーの選び方③炭酸の強さを重視!ハイボールもよりおいしく

なんといっても炭酸の強さを重視!
せっかく炭酸水メーカーを買うなら、入れられる炭酸は弱いより強いほうがいいと思います。

炭酸水メーカーの中には、市販の炭酸飲料ではめったにお目にかかれない「強炭酸」を入れられるものもあります。

ウィルキンソンのジンジャーエールドライなんかは強炭酸なので、あれくらいを家で作れると思えばいいです。

炭酸好きにはたまりません!

炭酸水メーカーの選び方④ガス抜きが自動のタイプだと後処理楽チン!

ガス抜きが自動のタイプだと後処理楽チン!
炭酸水メーカーを使って炭酸を入れた後は、基本的に「ガス抜き」が必要になります。

実は、これがまあまあ面倒くさい。

作業自体は1分くらいで終わる簡単なものなのですが、炭酸水メーカーを使うたびにやらなくてはいけないので大変です。

これが億劫で、炭酸水メーカーを使う頻度がだんだん減っていってしまったという話も聞きます。

自動でガス抜きをやってくれるタイプの機種だと、手間が減っておすすめです。

価格はちょっと上がってしまいますが、格段に楽になりますよ!

炭酸水メーカーの選び方➄ランニングコストを比較

炭酸水メーカー ランニングコスト

炭酸水メーカーを選ぶ際には、炭酸水メーカー本体の値段はもちろんですが、炭酸水を作り続けていくうえでかかるコストにも注目。

例えば、カートリッジ式の炭酸水メーカーは、本体はガスシリンダー式よりも比較的安価ですが、炭酸水1杯あたりの料金は高くなる傾向にあります。

そのため、毎日など高頻度で炭酸水を楽しむのであれば、ランニングコストが安いガスシリンダー式を選ぶ方がお得でしょう。

どれくらいの頻度でどれくらいの量の炭酸水を飲むのか、考えながら炭酸水メーカーを選ぶと良いですよ。

関連記事:ソーダストリームはシロップのフレーバーが豊富!カロリーやレシピも紹介

炭酸水メーカーのおすすめランキング!

ここからは、炭酸水メーカーをランキング形式で紹介していきます。

スペックも解説していくので、ぜひ気に入った炭酸水メーカーを見つけてみてくださいね。

14位.日本炭酸瓦斯 ソーダサイフォン|ステンレス系は重くて扱いにくい

価格 13,370円
500mLあたりの価格 74円
タイプ シリンダー式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整 X
自動ガス抜き機能 X
公式サイト https://www.espuma-advance.jp/syphon/index.html

シリンダー系の炭酸水メーカーは、炭酸注入後に炭酸をなじませるためボトルを振る作業が必要です。

しかしステンレス系の金属だと冷たいし、重いしでほとんどメリットがありません。

本体ごと冷蔵庫にいれて保存できる点や、金属で高級感があると言えばそうですが、実用的な面で言えば、あまり良いところはないでしょう。

13位.セブン・セブン ソーダサイフォン|炭酸の弱さと掃除のしにくさが難点

セブン・セブン ソーダサイフォン12角 サテン仕上 SSF-12S

引用元:Amazon

価格 16,200円
500mLあたりの価格 カートリッジによる
タイプ カートリッジ式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整 X
自動ガス抜き機能 X
公式サイト なし

こちらも、カートリッジ式の炭酸水メーカー。

カートリッジ2個つきで1万円代で買える手頃さはよいですが、水を十分に冷やす・炭酸を入れてから一晩置くなどの手間をかけないと、やや炭酸は弱めなようです。

12位.Baskiss ソーダサイフォン|炭酸が弱い…

Baskiss ソーダサイフォン

引用元:Amazon

価格 15,180円
500mLあたりの価格 カートリッジによる
タイプ カートリッジ式
炭酸の強さ X
炭酸の強さの調整 X
自動ガス抜き機能 X
公式サイト なし

「どのカートリッジでも使える」というのがウリのこちらの商品ですが、炭酸の強さが一番弱く、1万5千円出してこの炭酸の強さではがっかりしてしまいます。

もう少し出せばずいぶんいいものが買えるので、わざわざ購入する必要はないでしょう。

11位.メイスイ SODA MAKER S1000|安心の日本メーカー!アウトドアでも◎

価格 19,800円
500mLあたりの価格 65円
タイプ カートリッジ式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整 X
自動ガス抜き機能 X
公式サイト https://www.meisui.co.jp/sodamaker2017/

浄水器メーカーが作った、こだわりの炭酸水メーカー。

日本製カートリッジなので、水のおいしさや安全対策には安心感があります。

カートリッジ式にしてはやや割高ですが、メイスイの公式サイトから購入すればお得に購入可能。

10位.日本炭酸瓦斯 エスプーマスパークリング|ムースやデザートも作れる

価格 24,750円
500mLあたりの価格 66円
タイプ カートリッジ式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整
自動ガス抜き機能 X
公式サイト https://www.espuma-advance.jp/sparkling/

エスプーマスパークリングは、炭酸水だけでなく流行の新感覚調理「エスプーマ」も作れる炭酸水メーカー。

エスプーマの機能が主体なので、炭酸水メーカーにしてはかなり割高です。

エスプーマ調理も楽しみたい方にはおすすめですが、炭酸水作りだけに使用するなら、同じ値段でもう少し良いものが買えます。

9位.ソーダストリーム Source v3|ガス注入量が目で見てわかる

価格 20,900円
500mLあたりの価格 18円
タイプ シリンダー式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整
自動ガス抜き機能
公式サイト https://sodastream.jp/products/detail.php?product_id=79

ソーダストリームからSource v3 です。

ソーダストリームは評価の高い機種と評価のイマイチな機種が結構バラバラなので注意しましょう。

このSource v3はどうかとうと、よく悪くもなく……といったところです。

ガスの注入量が目に見える形で表示されるので、そこがきになる方にはいいかもしれません。

ただ、わざわざ購入の決め手にするほどの機能ではないような気も……。

8位.イデアインターナショナル ソーダスパークル イージーモデル|コスパが悪いが初めてのお試しにならアリ

価格 7,678円
500mLあたりの価格 45円
タイプ カートリッジ式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整 X
自動ガス抜き機能 X
公式サイト https://idea-in.com/?pg=product_detail&am=04902465

カートリッジ式のお試しになら、こちらがおすすめ。

本体価格が7,000円代と安く、とりあえず炭酸水メーカーを購入して使ってみたい方に向いています。

ただし500mLあたりの価格がちょっと高めなので、長期間使用するほどコスパが悪くなります。

気に入ったら、他の機種に乗り換えてみるのがいいかもしれません。

7位.ドリンクメイト 標準タイプ|コスパがなかなか高い一般的な炭酸水メーカー

価格 16,368円
500mLあたりの価格 18円
タイプ シリンダー式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整
自動ガス抜き機能 X
公式サイト http://www.drinkmate.jp/

一般的な機能を備えた、シリンダー式の炭酸水メーカーです。

シリンダーの交換が比較的しやすく、また、コスパが500mLあたり20円を切る安さでどのステータスも比較的高い感じです。

本体価格も1万円代半ばと高すぎず安すぎず、水以外の飲料も炭酸にできるのが魅力。

ただし、突出した良さがあるわけではないため、どうも中途半端な感は否めません。

6位.ソーダストリーム ジェネシスデラックス2|ガスシリンダーの交換がしやすい!

価格 13,200円
500mLあたりの価格 18円
タイプ シリンダー式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整
自動ガス抜き機能 X
公式サイト https://sodastream.jp/products/detail.php?product_id=84

ソーダストリーム ジェネシスデラックス2の特徴は、ガスシリンダーの交換がしやすいこと。

ガスの注入が簡単で、シリンダーの交換も楽チンなので面倒くさがり屋さんにおすすめです。

こういうちょっとしたストレスがないと、快適に長く使えそうですよね。

ソーダストリームの中では手頃な価格ですが、十分満足できる機能を備えています。

5位.ドリンクメイト マグナムグランド|コスパよく強炭酸を飲みたい方に

価格 21,868円
500mLあたりの価格 12円
タイプ シリンダー式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整
自動ガス抜き機能 X
公式サイト http://www.drinkmate.jp/

ドリンクメイトのマグナムグランドは、1本のガスシリンダーで142Lも炭酸水を作ることができます。

500mLあたり12円で炭酸水を作れるということで、非常にコスパの高い製品です。

もちろん、水以外のジュースやワインなども入れられます。

日常的に炭酸水を飲んだり、家事に使ったりする方におすすめですよ。

4位.グリーンハウス ツイスパソーダ|水以外にも使える!おすすめのカートリッジ式

価格 7,313円
500mLあたりの価格 38円
タイプ カートリッジ式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整 X
自動ガス抜き機能
公式サイト https://www.green-house.co.jp/products/sodabk/

持ち運びしやすくて手軽なカートリッジ式なら、一番のおすすめはこれ!

とにかくコンパクトでアウトドアでも使えるのと、水以外にも使用できる点が魅力的です。

持ち運びに便利な点を活かして、ピクニックやキャンプなんかに持っていってみてはいかがでしょうか?

自然の中でも、炭酸を味わうことができますよ。

カートリッジ式なので、かさばらない点も嬉しいポイントです。

3位.アールケ カーボネータ―Ⅱ|優れたデザイン性の高級炭酸水メーカー

価格 27,500円
500mLあたりの価格 18円
タイプ シリンダー式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整
自動ガス抜き機能
公式サイト https://aarke.jp/

アールケ カーボネータ―Ⅱは、他の有名炭酸水メーカーとは一線を画すスタイリッシュさが魅力。

ボトルをセットして、レバーを押すだけのシンプルな操作性も特徴です。

ソーダストリーム等のガスシリンダーも使えるので、お好みのシリンダーで炭酸水を作れます。

インテリアにもなじむ炭酸水メーカーを探している方に、おすすめです。

2位.シナジートレーディング ソーダ ミニ|飲み切りサイズでちょっとした利用にぴったり!

価格 10,780円
500mLあたりの価格 23円
タイプ シリンダー式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整 X
自動ガス抜き機能 X
公式サイト http://sodamini.jp/

本体価格の安い炭酸水メーカーを探していて、こまめに使用したい方におすすめなのが「ソーダ ミニ」!

こちらは飲み切りにちょうどいい350mLサイズなので、ひとり暮らしでいつも新鮮な炭酸水を飲みたいという方に向いています。

価格も1万円を切ってくるので、非常にコスパが高いです。

炭酸水メーカーのエントリーモデルとしてもいいかも!?

1位.ソーダストリーム Source Power スターターキット|迷ったらこれ買っとけば後悔なし!

価格 31,900円
500mLあたりの価格 18円
タイプ シリンダー式
炭酸の強さ
炭酸の強さの調整
自動ガス抜き機能
公式サイト https://sodastream.jp/products/detail.php?product_id=68

「とりあえずこれ買っとけ!絶対いいから!!」的な商品がこちらのソーダストリームSource Powerです。

ソーダストリームSource Powerの特徴は、なんといってもそのコストパフォーマンス。

もの珍しい機能はないものの、欲しい機能はほとんど揃っています。

他の炭酸水メーカーに比べて極めて綺麗で仕上がりのよい炭酸水が作れます。ぜひとも試してみてください!

人気炭酸水メーカーの価格・性能・コスパ比較表

画像

1

Source Power(ソース パワー) スターターキット

2

シナジートレーディング ソーダ ミニ

3

アールケ カーボネータ―Ⅱ

4

グリーンハウス ツイスパソーダ

5

ドリンクメイト マグナムグランド

6

ソーダストリーム ジェネシスデラックス2

7

ドリンクメイト 標準タイプ

8

 ソーダスパークル イージーモデル

9

ソーダストリーム Source v3

10

日本炭酸瓦斯 エスプーマスパークリング

11

メイスイ SODA MAKER S1000

12

Baskiss ソーダサイフォン

13

セブン・セブンソーダサイフォン

14

日本炭酸瓦斯 ソダーサイフォン

名前 ソーダストリーム Source Power シナジートレーディング ソーダ ミニ アールケ カーボネータ―Ⅱ グリーンハウス ツイスパソーダ ドリンクメイト マグナムグランド ソーダストリーム ジェネシスデラックス2 ドリンクメイト 標準タイプ  ソーダスパークル イージーモデル ソーダストリーム Source v3 日本炭酸瓦斯 エスプーマスパークリング メイスイ SODA MAKER S1000 Baskiss ソーダサイフォン セブン・セブン ソーダサイフォン 日本炭酸瓦斯 ソダーサイフォン
価格 31,900円 10,780円 27,500円 6,869円 21,868円 13,200円 16,368円 7,678 円 20,900円 24,750円 19,800円 15,180円 16,200円 13,370円
500mLあたりの価格 18円 23円 18円 38円 12円 18円 18円 45円 18円 66円 65円 カートリッジによる カートリッジによる 74円
タイプ シリンダー式 シリンダー式 シリンダー式 カートリッジ式 シリンダー式 シリンダー式 シリンダー式 カートリッジ式 シリンダー式 カートリッジ式 カートリッジ式 カートリッジ式 カートリッジ式 シリンダー式
炭酸の強さ X
炭酸の強さの調整 X X X X X X X
自動ガス抜き機能 X X X X X X X X X X
公式サイト ソーダストリーム Source Power スターターキットを見る シナジートレーディング ソーダ ミニを見る アールケ カーボネータ―Ⅱを見る グリーンハウス ツイスパソーダを見る ドリンクメイト マグナムグランドを見る ソーダストリーム ジェネシスデラックス2を見る ドリンクメイト 標準タイプを見る ソーダスパークル イージーモデルを見る ソーダストリーム Source v3を見る エスプーマスパークリングを見る SODA MAKER S1000を見る なし なし ソーダサイフォンを見る

実際にソーダストリーム使用してみた口コミを参考に検討してみてください!
ソーダストリームのおすすめモデルと実際に買ってみて使ってみた私の口コミ

炭酸水メーカーを取り入れて、健康で美味しい生活を!

今回は14の炭酸水メーカーを比較しました。

今から選ぶなら、1位のソーダストリーム Source Power がダントツでおすすめです。

初期コストを抑えたいなら、2位のソーダ ミニや3位のツイスパソーダもいいかもしれないですね。

炭酸は美味しいですし、そして健康にもいいと言われています。

ご家庭で炭酸を作れる炭酸水メーカーを取り入れて、健康にもおいしさにも気を使っていきましょう!