【ペットボトルが使えるウォーターサーバーをおすすめしない理由】コスパや衛生面など徹底比較! | カジタン

【ペットボトルが使えるウォーターサーバーをおすすめしない理由】コスパや衛生面など徹底比較!

スポンサードリンク

【ペットボトルが使えるウォーターサーバーをおすすめしない理由】コスパや衛生面など徹底比較!

「ペットボトルサーバー」を知っていますか?

ウォーターサーバーよりもシンプルで、月々のレンタル代がかからないということで検討している人も多いはずです。

でもちょっと待ってください!ペットボトルサーバーは、安物買いの銭失いになる可能性の高い商品です。買うには事前によく調べる必要がありますよ!

この記事では、ペットボトルサーバーでお金を無駄にしてしまう人はどんな人か?について解説。

また、ペットボトルサーバーとよく比較されるウォーターサーバーとの違いは何か?についても比較していきたいと思います。

目次

ペットボトルサーバーとは?

ペットボトルサーバー

これがペットボトルサーバー。

ちっちゃいウォーターサーバー……?

その通り!

ペットボトルサーバーとは簡単にいうと、ウォーターサーバーの機能を落とした「廉価版」もしくは「買い切り版」といえるでしょう。

ペットボトルサーバーとウォーターサーバーの違い

細かい部分での比較はまた後ろの見出しでやっていくとして、まずはウォーターサーバーとの違いをわかりやすくするために簡単な表を用意しました。

ペットボトルサーバー ウォーターサーバー
主な料金体系 ・買い切り・縛りなし ・レンタル・縛りあり
かかってくる費用 ・本体購入代金
・水代(自分で用意)
・月々のレンタル代
・水代(定期配送)
水の容量 2L 12L
冷水・温水 弱い 強い

こんなところでしょうか。
この表を見ていただくと、「廉価版」「買い切り版」という表現がしっくりくると思います。

ペットボトルサーバーのメリット・デメリット

ペットボトルサーバーのメリットとデメリットを見てみましょう。

ペットボトルサーバーのメリット

ペットボトルサーバーのメリットは以下の3点です。

メリット
  • 水代が安い
  • 買い切り(縛りがない)
  • コンパクト

①あとで詳しく比較しますが、だいたい500mLあたり平均して30〜50円近くウォーターサーバーより安くなります。

②ウォーターサーバーは2年縛りや3年縛りが多いです。

③ほぼ全てのペットボトルサーバーは「卓上タイプ」のサイズ感です。セットするペットボトルも2Lサイズなので、ウォーサーバーに比べれば随分とコンパクトに収まります。

ペットボトルサーバーのデメリット

一方デメリットはこんな感じ。5点あります。

デメリット
  • 買い切りなので初期費用(本体代)がかかる
  • 冷水がぬるい
  • 衛生的じゃない(特に夏場)
  • 水をこまめに変える必要がある
  • ウォーターサーバーに比べて壊れやすい、修理しにくい

①だいたい10,000〜20,000円です。

②夏場は冷水がぬるいという口コミ多数。冷水を飲みたいのはおもに夏場なのに、それでは本末転倒な感じがあります。

③ウォーターサーバーのような自動清掃・消毒機能がついていないため、特に夏場は自分でこまめに清掃・消毒しないと不衛生になりがちです。腐らせないよう、早く飲むことも意識しないといけません。

④2Lのペットボトルまでしかセットできないので、普通に飲んでいれば一人暮らしでも1日2日でなくなります。ゆっくり飲む人なら当然もっと持ちますが、あまりゆっくりだと今度は衛生面が心配です。

⑤どの商品でも、水を出す部分(コック)の不調に関する口コミが多数挙げられています。初期不良なら交換等してもらえますが、保証期間を過ぎてから故障した場合は買い換えなければいけません。

ウォーターサーバーのメリット・デメリット

反対に、ウォーターサーバーのメリットとデメリットを確認します。

ウォーターサーバーのメリット

ペットボトルサーバーと比べたときの、ウォーターサーバーのメリットは5点あります。

メリット
  • 冷水・温水ともにしっかりと温度が出る
  • 衛生的
  • 水をこまめに買えなくていい
  • 壊れても基本無料で交換・修理してくれる
  • デザインの優れたものが多い

①ウォーターサーバーは冷水・温水ともに、季節によらずしっかりと希望の温度が出ます。

②ほぼ全てのウォーターサーバーは、自動で清掃・消毒を行う機能が実装されています。また水が腐りにくいように真空にするなどボトルにも工夫が加えられており、夏場でも1〜2週間くらいなら衛生に問題ありません。

③ウォーターサーバーの水ボトルは12Lが一般的。ペットボトルサーバーの6倍です。

④ウォーターサーバーはレンタルなので、故意による故障でないかぎりは無料で交換・修理してくれます。

⑤最近のウォーターサーバーはコックが剥き出しになっていないなど、シンプルでおしゃれなものが増えてきました。

ウォーターサーバーのデメリット

デメリットは3点あります。

デメリット
  • 水の値段が高い
  • レンタル(縛りがある)
  • 場所を取る
①水の値段は、ペットボトルサーバーようの水を自分で買うのに比べて500mLあたり30〜50円ほど高くなります。

②縛りがあるのがきついです。無料お試し期間があればまだいいのですが、お試し期間なしにもかかわらず縛りだけある機種も多いです。縛り期間はだいたい2年〜3年。

③卓上サイズのペットボトルサーバーと比べれば場所はとります。水ボトルも12Lサイズと大きいので、縦に積み重ねできないタイプの水ボトルだと邪魔になることが多いです。

ペットボトルサーバーとウォーターサーバーを比較!

ペットボトルサーバーとウォーターサーバーの違いを、具体的な商品を比較しながらさらに詳しくみていきます!

比較の対象は、ペットボトルサーバーはAmazonで一番人気の「ニチネン HWS-101A」、RO水ウォーターサーバーは人気上位のアクアクララからベーシックモデルの「アクアスリム」、天然水ウォーターサーバーはこちらも人気のコスモウォーターのベーシックモデル「Smart プラス」の3つです。

ペットボトルサーバー RO水ウォーターサーバー 天然水ウォーターサーバー
ニチネン HWS-101A アクアクララ アクアスリム コスモウォーター Smart プラス
初期費用(水代は除く) ・本体代 9,780円 ・あんしんサポート料 月々1,000円(任意) ・安心サービス 月々100円(任意)
・自宅の希望の位置まで設置サービス 2,500円(任意)
レンタル料
水の宅配 自分で購入 定期的に自動配送 定期的に自動配送
機能性 ・冷温水の出し分け ・冷温水の出し分け
・自動洗浄/消毒
・チャイルドロック(弱)
・冷温水の出し分け
・自動洗浄/消毒・チャイルドロック(強)
・水ボトルの設置箇所が下側
水の温度(冷水 / 温水) 10~15℃ / 80~90℃ 5~12℃ / 80~90℃ 6~10℃ / 80~90℃
ボトル容量 2L 12L / 7L(選択可) 12L
デザイン性
機種の豊富さ X
サポート・メンテナンス X ・あんしんサポート:故障時の修理
・交換無料対応、冷水へのチャイルドロック追加など
・安心サービス:故障時の修理・交換無料対応
気になるポイント
スポンサードリンク
  1. ペットボトルサーバーの場合、ネット通販で購入しないと重い水を自分で家まで運ぶことになる。
  2. ペットボトルサーバーはウォーターサーバーに比べて冷水の温度があまい(ぬるい)。この差は夏場になるとより顕著になる。

ペットボトルサーバーとウォーターサーバーどっちがお得?

次は水代も含めた料金にフォーカスして比較します!
ペットボトルサーバー RO水ウォーターサーバー 天然水ウォーターサーバー
アクアクララ アクアスリム コスモウォーター Smart プラス
初期費用(水代は除く) ・本体代 9,780円 ・あんしんサポート料 月々1,000円(任意) ・安心サービス 月々100円(任意)
・自宅の希望の位置まで設置サービス 2,500円(任意)
レンタル料
水の種類 商品による RO水 天然水
水の容量 2L 12L / 7L(選択可) 12L
水の購入価格 1,656円※1 2,400円※2 3,800円※2
500mLあたりの水代 34.5円 50円 79円
月額費用(2ヶ月目以降) 1,656円(水代) 3,400円(水代+あんしんサポート) 3,900円(水代+安心サービス)

※1 「サントリー 南アルプスの天然水」2Lを12本購入した場合(24L)
※2 12Lの水ボトルを2本購入した場合(24L)

ペットボトルサーバーはレンタル料がいらない

ペットボトルサーバーは水の価格が圧倒的に安上がり!
上記の比較では、ペットボトルサーバーが圧倒的に安上がりなことがわかりました。

ウォーターサーバーの水代より月あたり約1,000円安いので、1年使用すれば、本体購入代10,000円のもとがとれる計算です。

ちなみに、水をもっと飲む人だったり、「サントリー 南アルプスの天然水」よりも安い天然水を買ったりといった場合はさらに差が広がります。

ペットボトルサーバーとウォーターサーバーどっちが衛生的?

次に、衛生面を比較してみましょう!

ペットボトルサーバー RO水ウォーターサーバー 天然水ウォーターサーバー
ニチネン HWS-101A アクアクララ アクアスリム コスモウォーター Smart プラス
収縮ボトル X X
サーバー内クリーン機能 X

ウォーターサーバーはクリーン機能がある

ほとんどのウォーターサーバーには、自動クリーン機能が搭載されています。

これは、定期的に端末内に熱湯を循環させることで殺菌・消毒を行うものです。ペットボトルサーバーにはこの機能はありません。

ウォーターサーバーはボトルに空気が入りにくい

ウォーターサーバーはどれも専用のボトルに入って送られてきます。

専用ボトルは中に空気が入りにくいように工夫が凝らされていて、水が空気に触れる時間や触れる体積が減ることで水の腐食を防いでいます。

また、コスモウォーター Smartプラスにみられるような「収縮ボトル」は、硬いプラスチックではなく、水を使うごとにぺしゃっと潰れる素材でできています。これにより、通常の水ボトルよりもさらに腐食を防ぎます。

収縮ボトルは使い終わった後にそのままゴミ箱に捨てられるので場所もとりません!

ペットボトルサーバーとウォーターサーバーの水を比較!

最後に水を比較しましょう!サーバーによって、どれくらいの冷水温度が出るのか違います。
ペットボトルサーバー RO水ウォーターサーバー 天然水ウォーターサーバー
ニチネン HWS-101A アクアクララ アクアスリム コスモウォーター Smart プラス
冷水温度 10~15℃ 5~12℃ 6~10℃

ペットボトルサーバーだけは最低温度が10℃未満ではありません。夏は15℃前後が多くなり、これは誰でも「ぬるい」「冷水ではない」と感じる温度です。

水タンクの容量は?

水タンクは、機械内部で水を貯めている部分のこと。ここに水を貯めながら冷やしたり温めたりしてスタンバイしているので、この容量が小さいと連続で冷水・温水を出すことができません。

ペットボトルサーバー RO水ウォーターサーバー 天然水ウォーターサーバー
ニチネン HWS-101A アクアクララ アクアスリム コスモウォーター Smart プラス
水タンク容量(冷水/温水) 0.62mL / 0.62mL 3.4L / 1.8L 1.6L / 1.25L

一般的なマグカップの容量が250mLくらい、大きめで400mLくらい。ペットボトルサーバーだと3杯連続で入れるのは厳しそうです。

ペットボトルサーバーは交換の手間が多く、水がぬるい

ペットボトルサーバーは水タンクの容量が少ないことに加え、2Lごとにボトルを交換しないといけません。

交換のたびに消毒・清掃などをする必要があるため、これがけっこう手間に感じる人も多いようです。

ペットボトルサーバーのネットでの残念な口コミ

ペットボトルサーバーは残念な口コミが多いのも事実。口コミをよく確認して、本当にペットボトルサーバーでいいのか考えましょう!

水がぬるい

  • 使いやすいけど水がぬるい。全然冷たくない!
  • この時期だから冷たい冷水が飲みたくて買いましたが、思っていた程の冷たい水は出てきません。お湯に関してはカップラーメンも出来るので大丈夫です。冷水は少し残念です。
  • お湯の温度と使いやすさは気に入りましたが、お水がもう少し冷たかったら良いと思います。

夏場に水がぬるくなるのはペットボトルサーバーの宿命ですね……。

交換の頻度が高すぎる
・二人用ですね。それ以上は沸くのも冷やすのも時間かかります

一人用、二人用くらいまでが妥当のようです。それ以上の人数になると交換の頻度がかなり高くなりますし、連続使用も難しいです。

お手入れが面倒
・旅行などで家を留守にする時、水抜きや重曹で掃除をしなければいけないのが面倒ですね!

ウォーターサーバーのような自動クリーン機能がないので、掃除やお手入れが億劫な人には向いていません。

レバーが破損しやすい、水漏れがする

  • コックが貧弱ですぐに壊れそうです。
  • 温水レバーが破損してしまいました。お湯が使えず困りました。

レバーが壊れやすい、レバーが壊れて水漏れするようになった、という口コミも多いです。保証期間内なら基本的には交換してもらえますが、壊れやすいのはやはり不安材料です。

初期費用がかかりすぎ

人気ペットボトルサーバー3選!

Amazonで人気のペットボトルサーバーをチェックしておきましょう!

ニチネン HWS-101A|Amazon一番人気のおすすめ商品!

ニチネン HWS-101A

初期費用(水代は除く) ・本体代 9,780円
レンタル料
機能性 ・冷温水の出し分け
水の温度(冷水 / 温水) 10~15℃ / 80~90℃
ボトル容量 2L
デザイン性
サポート・メンテナンス X

この記事の比較でもご紹介した、ニチネンのペットボトルサーバーが一番おすすめです!

Amazonでは一番買われているのでその分マイナスの評価も多かったりするのですが、初期不良ならメーカーに問い合わせれば対応してくれるので安心してくださいね。

コンビニサーバー 05268 |テレビショッピングの人気商品!

コンビニサーバー 05268

初期費用(水代は除く) ・本体代 8,800円
・送料880円
レンタル料
機能性 ・冷温水の出し分け
水の温度(冷水 / 温水) 10~15℃ / 80~95℃
ボトル容量 2L
デザイン性
サポート・メンテナンス X

テレビショッピングの人気商品「コンビニサーバー」もおすすめです。

料金・機能はニチネンとほぼ同じですが、こちらの方が少しだけ熱いお湯が出ます。

BLIST コンパクトウォーターサーバー BW-188|ちょっとオシャレなペットボトルサーバーが欲しい方に!

BLIST コンパクトウォーターサーバー

初期費用(水代は除く) ・本体代 9,980円
レンタル料
機能性 ・冷温水の出し分け
・コックではなくボタン
水の温度(冷水 / 温水) 10~15℃ / 80~95℃
ボトル容量 2L
デザイン性
サポート・メンテナンス X

コック式ではなくボタン式のペットボトルサーバーが欲しい方にはこちらがおすすめ。

ボタン式になったことで、コックレバーの故障や、それによる水漏れの可能性が少なくなっています。値段はちょっと高くなりますがおすすめです。

見た目も上の二つよりスマートですよね。

価格で選ぶペットボトル水3選!

Amazonで買えるおすすめのペットボトル水の中から安いものをご紹介します。ペットボトルサーバーと組み合わせて使いましょう!

いろはす|有名ブランドだといろはすが最安値でおすすめ!

いろはす

水の種類 軟水
水の容量 2L
500mLあたりの水代 31円
セット価格 10本入 1,239円
月額費用(ひと月24L=12本の場合) 1,488円

いろはすってコカコーラ社が出してるんですね。知りませんでした。

いろはすはボトルが捨てやすいので、ペットボトルサーバーでの利用にも向いていると思います。

Happy Belly|Amazon限定ブランド!500mLあたり30円以下!

Happy Belly

水の種類 軟水
水の容量 2L
500mLあたりの水代 29.5円
セット価格 9本入 1,066円
月額費用(ひと月24L=12本の場合) 1,416円

Amazonブランドってほんと安いですね……。
500mLあたり30円を切ってきました。

日本の岐阜・美濃で取られた天然水なので、味も普通に美味しいです。

南アルプスの天然水|味は文句なし!価格もウォーターサーバーより全然安い

南アルプスの天然水

水の種類 軟水
水の容量 2L
500mLあたりの水代 34.5円
セット価格 9本入 1,245円
月額費用(ひと月24L=12本の場合) 1,656円

いろはすと同じく有名なブランドの天然水です。

価格はいろはすやAmazonブランドより高いけど、これでもウォーターサーバーと比べたら全然安いです。

個人的には、味はこれが一番好きでした。

カジタンおすすめウォーターサーバー5選

カジタン一推しのウォーターサーバーを5つご紹介します!ウォーターサーバーは各社で特徴があるので、選ぶのも楽しいとおもいます。

コスモウォーター Smartプラス|チャイルドロック&下からボトル交換でおすすめ!

コスモウォーター Smartプラス

初期費用(水代は除く) ・安心サービス 月々100円(任意)
・自宅の希望の位置まで設置サービス 2,500円(任意)
レンタル料
水の宅配 定期的に自動配送
機能性 ・冷温水の出し分け
・自動洗浄/消毒
・チャイルドロック(強)
・水ボトルの設置箇所が下側
水の種類 天然水 / 軟水
水の購入価格(24L) 3,800円
500mLあたりの水代 79円
水の温度(冷水 / 温水) 6~10℃ / 80~90℃
ボトル容量 12L
収縮ボトル
デザイン性
機種の豊富さ
サポート・メンテナンス 6~10℃ / 80~90℃

コスモウォーター Smartプラスの特徴は以下の3点。

  1. チャイルドロックが強力
  2. 水ボトルの設置箇所が下側
  3. 収縮ボトル

チャイルドロックが非常に強力で、ロック解除の難しさを3段階で調整できます。小さいお子さんならレバーを取り外して完全に水・お湯が出なくすることもできますし、子供が大きくなってきたら簡単なロックで火傷だけ防ぐようにすることもできます。

また、水ボトルが機械の上ではなく下側に設置するのも特徴です。これにより、力の弱い方でも腰を痛めずにボトルの交換が可能です。

収縮ボトルで、ボトルが場所を取らないのも嬉しいポイントです。

アクアクララ アクアスリム|ウォーターサーバーといえばこれ!ベーシックなものが一台欲しい方におすすめ

アクアクララ アクアスリム

初期費用(水代は除く) ・あんしんサポート料 月々1,000円(任意)
レンタル料
水の宅配 定期的に自動配送
機能性 ・冷温水の出し分け
・自動洗浄/消毒
・チャイルドロック(弱)
水の種類 RO水 / 軟水
水の購入価格(24L) 2,400円
500mLあたりの水代 50円
水の温度(冷水 / 温水) 5~12℃ / 80~90℃
ボトル容量 12L / 7L(選択可)
収縮ボトル X
デザイン性
機種の豊富さ
サポート・メンテナンス ・あんしんサポート:故障時の修理
・交換無料対応、冷水へのチャイルドロック追加など
サポート・メンテナンス 6~10℃ / 80~90℃

アクアクララのアクアスリム。ウォーターサーバーといえばこれを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

アクアスリムは良くも悪くもベーシックなウォーターサーバーです。特別何か目立った特徴を持っているわけではないのですが、冷温水の出し分けや自動クリーン機能といったウォーターサーバーに求める機能はきちんと備えています。

それでいて安いので、とりあえず安く、ベーシックな物を持っておきたいという方におすすめです。

クリクラ クリクラサーバー |無料お試し期間あり!縛りもないから気軽に試せておすすめ!

クリクラ クリクラサーバー

初期費用(水代は除く) ・あんしんサポートパック 月々480円(任意)
レンタル料
水の宅配 定期的に自動配送
機能性 ・冷温水の出し分け
・チャイルドロック(弱)
・自動クリーン機能
水の種類 RO水 / 軟水
水の容量 12L
水の購入価格(24L) 2.920円
500mLあたりの水代 61円
水の温度(冷水 / 温水) 5~12℃ / 80~90℃
ボトル容量 12L
収縮ボトル X
デザイン性
機種の豊富さ X
サポート・メンテナンス ・あんしんサポートパック:冷水へのチャイルドロック追加、年1回のサーバーメンテナンス、故障時の修理・交換無償対応など

クリクラもよく見かけるウォーターサーバーですね。なぜか病院でよく見かけるイメージです。

クリクラの特徴は縛り期間がないこと。入会金・解約金も一切ないので、いつ解約しても余計なお金がかかることはありません。縛り期間がないのは、ウォーターサーバー業界の中でもおそらくクリクラだけです。

水代はウォーターサーバー業界の中では平均的な価格ですが、縛り期間がないのは本当に嬉しい。味も美味しいと評判なので、ウォーターサーバー始めたの方はまずクリクラでどんなものか試してみるのがいいでしょう。

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ|ちょっと高くても天然水&オシャレなウォーターサーバーが欲しい方におすすめ!

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ

初期費用(水代は除く)
レンタル料
水の宅配 定期的に自動配送
機能性 ・冷温水の出し分け
・チャイルドロック(強)
・自動クリーン機能
・エコモード(電気代節約)
水の種類 天然水 / 軟水
水の購入価格(24L) 4,233円
500mLあたりの水代 88円
水の温度(冷水 / 温水) 6℃ / 85℃
ボトル容量 12L
収縮ボトル
デザイン性
機種の豊富さ
サポート・メンテナンス ・故障時の修理交換無料

プレミアムウォーターは、天然水が飲めることを一番重要にしたい方におすすめのウォーターサーバーです。

オシャレですし、収縮ボトルにチャイルドロックも強力なものがついていて機能性も抜群です。ちょっと価格が高いですが、3年契約にすればもう300円ほどお得に契約できますよ。

ウォータースタンド|水道直結型ウォーターサーバーが最近の流行りでおすすめ!

ウォータースタンド

初期費用(水代は除く) ・レンタル料 月々3,980円
レンタル料 ・3,980円(水は使い放題)
水の宅配
機能性 ・冷水/温水/常温水の出し分け
水の種類 浄水(逆浸透RO膜よりちょっと弱いくらいの浄水機能)
水の容量
水の購入価格(24L)
500mLあたりの水代
水の温度(冷水 / 温水) 5~12℃ / 80~90℃
ボトル容量
収縮ボトル
デザイン性
機種の豊富さ
サポート・メンテナンス

ウォータースタンドは、12Lのウォーターサーバーでもボトルの交換が面倒、という方向けに考案された、「ウォーターサーバー風の浄水器」です。

水道の蛇口にくっつける浄水器のオシャレ版と考えていただければ大丈夫。浄水器なので、月々のレンタル代3,980円だけで水はもちろん使い放題です。工事を経て(工事は無料)、家の水道に直結させて設置します。卓上サイズなので場所もとりません。

浄水能力も優れていて、蛇口にくっつけるタイプの浄水器よりも優れた「ろ材」を使用してます。使い放題で美味しい水が飲めるのは嬉しいですよね!個人的にはいま一推しのウォーターサーバーです。

ペットボトルサーバーのまとめ:自分に合っているかはしっかり見極めよう!

ペットボトルサーバーがおすすめなのは以下のような人です。

  • とにかく安く美味しい水を飲みたい
  • もし壊れた時に買い直せるくらい心とお金に余裕がある
  • ペットボトルの頻繁な交換や、その度に発生する掃除・消毒作業が苦にならない
逆に、結構水を飲む人だったり、壊れた時に無償で直してもらいたい人にはペットボトルサーバーは向いていません。

カジタン的には、ウォーターサーバーの方がおすすめです。ウォーターサーバーでもクリクラなどは1週間無料でお試しができるので、ぜひ検討してみてくださいね!