赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング。選び方のコツとメリット

赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング

赤ちゃんのミルクや離乳食に水道水を使うのってなんだか不安…
ミネラルウォーターの方がいいのかな?

この記事では、赤ちゃんがいる家庭におすすめのウォーターサーバーランキングを紹介しています。

この記事でわかること
・赤ちゃんのミルクにウォーターサーバーがいい理由
・赤ちゃん向けウォーターサーバーランキング
・赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使うメリット
・赤ちゃんのミルクにウォーターサーバーを使うときの注意点

など、赤ちゃんのためのウォーターサーバーに関するすべての知識が詰まっています!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

赤ちゃんのミルクには水道水よりもミネラルウォーターがいい理由

日本の水道水は、世界から見ても清潔で質が高い水。
一般的に水道水は安全と言われていますが、赤ちゃんのミルクを作る際には、水道水よりもミネラルウォーターを使用することが好ましいです。

ここでは、その理由をご説明していきます。

水道水の殺菌に使われている塩素

普段私たちが飲んでいる水道水は、水道局で殺菌消毒されています。
きれいな水にするためには塩素が不可欠で、水道水には消毒の際に使用した塩素が残っています。
しかし、塩素はタンパク質を破壊したり、食道や胃などの粘膜を傷つけてしまったりする原因となるのです。
アトピーやアレルギーを持っている人は、症状を強めてしまうことも。
とくに赤ちゃんは免疫力が低く、塩素によって受ける影響が大きいと言われています。

貯水タンクや水道管の汚れや錆び

水道水がご家庭に運ばれる際に通過する貯水タンクや水道管は、清潔とは言えない環境。
貯水タンクや水道管は、一度設置してしまうと滅多にメンテナンスができません。
劣化した貯水タンクや水道管には、鉄や鉛のサビが大量発生してしまい、水道水とともにご家庭に運ばれてきます。

上記のような理由で、赤ちゃんのミルクに水道水を使うことに抵抗を持っている人は、非常に多いのです。
一方で、ミネラルウォーターは、有害物質を取り除いたきれいで安全な水です。
錆びた貯水タンクや水道管を通ることもないので、安心して赤ちゃんのミルクに使用することができます。

水に含まれる放射能について

赤ちゃんに飲ませる水で気にしたいのが、水に含まれる放射能についてです。
東日本大震災の際、福島県の原子力発電所で事故が発生し、放射能が問題になりましたよね。
この放射能は水道水にも影響を与えており、震災直後には都内や千葉などの関東の浄水場で放射能が検出されました。
今後同じような事故が起こった時に、放射能を含んでいるかもしれない水道水を赤ちゃんに飲ませたくはないですよね。

ミネラルウォーターの放射能について

ウォーターサーバーに使用されるミネラルウォーターのほとんどは、放射能汚染の影響がない富士山や長野、京都などから採水されています。
このきれいな水を、ろ過したり非加熱殺菌したりして安全な飲み水にしています。

また、各ウォーターサーバー会社は定期的に水の放射能検査を実施しており、公表しています。

この放射能検査がきちんと実施・公表されていれば放射能に関しては心配する必要はないと言えるでしょう。

RO水の放射能について

RO水と呼ばれる水の場合、水分子以外を通すことができない目の細かいフィルターで原水をろ過しています。
ROフィルターは塩素や最近はもちろん、環境ホルモンや放射能もしっかりと除去できるので、RO水についても放射能の心配は必要ないでしょう。

安心してミルク作りに使用できるのです。

ミルク作りに適したミネラルバランスは?

ミネラルウォーターは、含まれるミネラル成分によって硬水と軟水に分けられます。
水1リットルの中に溶け込んでいるミネラル量が120mg/L未満の水を軟水よび、120mg/L以上の水を硬水とよびます。

赤ちゃんのミルク作りに適しているのは、ミネラル分が少ない軟水です。
可能であれば100mg/L以下を選びましょう。
なぜなら、赤ちゃんはミネラル成分を多く含む水を飲むと、消化器官や腎臓に負担をかけて下痢になってしまうから。
軟水の中でも、ミネラル成分が低ければ低いほど良いとされています。

ウォーターサーバーを使ってミルクを作ってみました!

実際にウォーターサーバーを使って赤ちゃんのミルクを作ってみました。

step1:哺乳瓶とミルクの準備

まずは通常のミルク作りと同様に、しっかりと手洗いをし、月齢に合わせた分量の粉ミルクを用意します。
哺乳瓶はあらかじめ煮沸消毒をし、清潔にしておきます。

step2:ウォーターサーバーの温水を入れる

きれいな状態の哺乳瓶に粉ミルクを入れ、温水の注水口から温水を出来上がり量まで注水。
哺乳瓶を回すようにして粉ミルクを溶かしたら完成です!

step3:冷ます

このまま赤ちゃんに飲ませるのは熱すぎるので、人肌にくらいの温度になるまで流水で冷やします。

ウォーターサーバーでミルクを作った感想

水道水で作るときは、水を沸騰させて冷ます必要があるので時間がかかっていました。
しかし、ウォーターサーバーであれば、常時ミルク作りに適した温度の温水が用意されているので、楽に素早くミルクを用意できます。
赤ちゃんが泣き始めてからでも素早くミルクを作れるので、忙しいママには大助かりです。

ウォーターサーバーの水は安全面が高く便利なので、ミルク作りに適していると言えますね。

赤ちゃん向けウォーターサーバー比較ランキング

赤ちゃん向けウォーターサーバー比較ポイント

早速、赤ちゃん向けのウォーターサーバーおすすめランキングを見ていきましょう。

ランキングを選ぶ際には、主に次の項目に注目して厳選しました。

  • ミルク適温設定(70℃~80℃)
  • チャイルドロックつき
  • ボトルの衛生面
  • サーバー本体にクリーニング機能つき
  • 水交換のしやすさ

このような基準で選んだ、赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキングがこちらです。

  1. Slat(スラット)フレシャス
  2. 南アルプスの天然水サーバー サントリー
  3. コスモウォーター
  4. cado×PREMIUMWATERウォーターサーバー PREMIUM WATER
  5. 富士桜命水
一つずつ、詳しく見ていきましょう!

➀ Slat(スラット)フレシャス

Slat(スラット)フレシャス

おすすめポイント

  • 水ボトルの設置位置が低い
  • 注ぎ口の位置が高い
  • 安全性が高い
ミルク適温設定 ○(省エネモード:70-75℃)
チャイルドロックつき
ボトルの衛生面 ○(収縮ボトル)
サーバーのクリーニング機能
水交換のしやすさ ○(水ボトル設置位置:下)
赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング1位は、フレシャスのSlat(スラット)です。冷水・温水・常温水などの幅広い温度設定が可能なほか、シンプルでスタイリッシュなデザインで人気が高いウォーターサーバーですね。

省エネモードにすることで、温水が70-75℃になるため、ミルクを適温まで冷やすのも楽。

使い捨ての収縮ボトルを採用しているので、雑菌が入りづらく、ボトルの衛生面も安心です。

もちろん、サーバー本体にもクリーニング機能がついているため、清潔に使用できますよ。

また、水ボトルの設置位置が低いので、重たい水を持ちあげる必要がなく、水交換も簡単です。

ボトルを下に設置することで、注ぎ口の位置が高くなり、大人は使いやすく、小さな子どもの手には届きません。

キッズデザイン賞も受賞するなど、子どものいる家庭にぴったりの安全性の高いウォーターサーバーです。

➁ 南アルプスの天然水サーバー サントリー

南アルプスの天然水サーバー サントリー

おすすめポイント

  • 4段階の温度調節機能
  • チャイルドロックが2重
  • ボタン全てロックがかかる
ミルク適温設定 ○(弱温:70-75℃)
チャイルドロックつき
ボトルの衛生面
サーバーのクリーニング機能
水交換のしやすさ △(水ボトル設置位置:上)
赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング2位は、サントリー南アルプスの天然水サーバーです。4段階の温度調節機能や、1日1回の熱水循環で清潔さとおいしさを保つ「おいしさキーパー」機能などが、ユーザーに支持されていますよ。

弱温設定で、赤ちゃん用ミルクを作るのも簡単。

チャイルドロックは2重になっていて、注水だけでなく、ボタン全てロックがかかるので安心ですね。

水ボトルの位置が上なのが少し残念なところですが、ボトルの軽量化や、腰の位置で交換できるなど高さにも工夫がされていますよ。

③ コスモウォーター

 コスモウォーター

おすすめポイント

  • 特許技術の「クリーンエアシステム」
  • チャイルドロックは2種類
  • 水ボトルの設置位置は足元
ミルク適温設定 △(温水:80-90℃)
チャイルドロックつき
ボトルの衛生面
サーバーのクリーニング機能
水交換のしやすさ ○(水ボトル設置位置:下)
赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング3位は、コスモウォーターです。特許技術の「クリーンエアシステム」で衛生面の評価も高く、グッドデザイン賞受賞で誰もが使いやすいウォーターサーバーですよ。

チャイルドロックは2種類あり、

  • チャイルドロック解除ボタンを押しながらレバーを操作しないと冷温水が出ない
  • ボタンやレバーを押しても冷温水が出ない

子どもの成長や利用頻度によって使い分けることができます。

また、水ボトルの設置位置も足元にあるので、重たい水を持ちあげる必要なし。

専用のボックスにボトルを入れて、スライドさせるだけで完了です。

温水がミルクを作る際の適温よりはやや高いので、冷ます時間はかかってしまいます。

しかし、一からお湯を沸かす手間を考えれば、ウォーターサーバーがあったほうが楽ですね。

④ cado×PREMIUMWATERウォーターサーバー PREMIUM WATER

cado×PREMIUMWATERウォーターサーバー PREMIUM WATER

おすすめポイント

  • 高機能なウォーターサーバー
  • ロックをかけ忘れても安心
  • ボトル設置位置は床から2約0㎝
ミルク適温設定 △(温水:約83℃)
チャイルドロックつき
ボトルの衛生面
サーバーのクリーニング機能
水交換のしやすさ ○(水ボトル設置位置:下)
赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング4位は、PREMIUM WATERのcado×PREMIUMWATERウォーターサーバーです。弱冷水モードや再加熱などの高機能なウォーターサーバーならこれ。デザイン性の高い見た目も人気ですよ。

チャイルドロックももちろんついていますが、ロックをかけなくても、温水に切り替えるにはボタンを3秒長押しする必要があります。

そのため、うっかりロックし忘れていた時も、やけどの心配は不要です。

5歳までの子どもがいる場合、サーバーレンタル料が割引になるのも嬉しいポイント。

加熱クリーンシステム搭載で、タンク内を清潔に保つことができますよ。

ボトル設置位置も床から20㎝ほどの高さなので、無理なく楽に水交換が可能です。

➄ 富士桜命水

富士桜命水

おすすめポイント

  • ママ応援プランでお得
  • 床置きタイプと卓上タイプが選べる
ミルク適温設定 △(温水:80-89℃、省エネ中:65-75℃だが、70℃以上が適切なので少し低い)
チャイルドロックつき
ボトルの衛生面
サーバーのクリーニング機能
水交換のしやすさ △(水ボトル設置位置:上)
赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング5位は、富士桜命水です。富士山のおいしい天然水が、お家で手軽にいつでも飲めることで人気のウォーターサーバーですね。

「ママ応援プラン」では、サーバーのレンタル料が6ヶ月無料、11.5リットル×6箱プレゼントのほか、水を割引価格で購入することができます。

しかも、妊娠中から子どもが15歳になるまでプランが適用されるので、長期間お得にウォーターサーバーを利用可能です。

ボトルの衛生面やサーバーのクリーニング機能もばっちり。

床置きタイプと卓上タイプが選べるので、スペースや利用頻度に合わせて使えますよ。

赤ちゃん用のウォーターサーバーを選ぶポイント

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを選ぶなら、次のポイントに着目してみましょう。
  • サーバーのクリーニング機能つき
  • 雑菌が繁殖しにくい収縮ボトル
  • ミルクが作りやすい70~75℃設定が可能
  • 交換が簡単な水下置き型
  • チャイルドロックつき
では、一つずつ解説していきます。

サーバーのクリーニング機能つき

サーバーのクリーニング機能つき

赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶなら、サーバー本体にクリーニング機能がついたタイプを選びましょう。

赤ちゃんのことを思うと、雑菌の繁殖には特別気を使いますよね。

雑菌が繁殖しやすいのは、

  1. サーバー本体内
  2. ボトル内

で、特にサーバー本体の内部は、分解して掃除するのも限界があります。

そのため、自動で簡単にサーバー内部のお手入れをしてくれる、クリーニング機能がついたウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。

今回のランキングで紹介している5つのウォーターサーバーには、すべてサーバー本体にクリーニング機能がついていますよ。

雑菌が繁殖しにくい収縮ボトル

雑菌が繁殖しにくい収縮ボトル

雑菌が繁殖しにくい収縮ボトルタイプを選択するのも、赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶポイント。

先ほども書きましたが、ボトル内は雑菌が繁殖しやすい場所の一つです。

収縮ボトルを選ぶことで、水が減るとボトルが収縮していくため、雑菌が入りづらく衛生的ですよ。

今回のランキングで紹介している5つのウォーターサーバーは、すべて収縮ボトルタイプなので、どれを選んでも安心です。

ミルクが作りやすい70~75℃設定が可能

ミルクが作りやすい70~75℃設定が可能

赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶときは、ミルクが作りやすい70~75℃設定が可能なウォーターサーバーを選びましょう。

WHOは病原菌などの発生を抑えるため、ミルクを作る際70℃以上のお湯を使用することを推奨しています。

しかしあまりにも温度が高すぎると、ミルクを冷ますのも大変。そのため、70~75℃の温度設定ができるウォーターサーバーがおすすめなのです。

今回ランキングで紹介したウォーターサーバーの中では、以下の2つがミルクに適した温度設定が可能ですよ。

  • 1位 Slat(スラット)フレシャス
  • 2位 南アルプスの天然水サーバー サントリー

交換が簡単な水ボトル下置き型

交換が簡単な水ボトル下置き型

交換が簡単な水ボトル下置き型を選ぶのも、赤ちゃん向けウォーターサーバーを選択する上で重要です。

水の設置位置が上にあると、重い水を持ち上げなければならないので、交換にも一苦労。特に、妊娠中や産後すぐは困難ですよね。

ボトル設置位置が下にあれば、水を軽く持ち上げたり、スライドさせたりするだけで簡単に水交換が可能。

ボトルが空になったら、すぐに交換することができますよ。

今回紹介したランキングの中では、次の3つがボトル下置きタイプです。

  • Slat(スラット)フレシャス
  • コスモウォーター
  • cado×PREMIUMWATERウォーターサーバー PREMIUM WATER

チャイルドロックつき

チャイルドロックは必須

赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶならマストなのが、チャイルドロックつき

好奇心旺盛な子どもは少し大きくなると、家中を歩き回ります。

チャイルドロックがついていることで、子どもが触って床を水浸しにしてしまったり、温水でやけどをしてしまったりするのを防ぐことができますよ。

今回紹介したウォーターサーバーは、すべてチャイルドロックつきです。

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使うメリット

赤ちゃんのためにウォーターサーバーを使うメリットは、次のようなものがあります。
  • ミルクが速く作れる
  • 重たい水を運ぶ必要がなく、買い物が楽
  • 離乳食の調理にも安全な水が使える

ミルクや調理が楽になるほか、安全面でもメリットが大きいですね。

一つずつ、詳しく見ていきましょう。

ミルクが早く作れる

ミルクを早く作れる

赤ちゃん向けウォーターサーバーのメリットは、ミルクを早く作れることです。

水道水やペットボトルの水からミルクを作る場合、いちいちお湯を沸騰させて作る必要があります。

しかし、ウォーターサーバーなら、ボタンを押すだけでいつでも温水が出るので、すぐにミルクを作ることができますよ。

特に、夜中のミルク作りには便利。静かに素早くミルクができるので、育児の負担を軽減してくれますね。

重たい水を運ぶ必要がなく、買い物が楽

買い物が楽

重たい水を運ぶ必要がなく、買い物が楽なことも、赤ちゃん向けウォーターサーバーのメリットです。

妊娠中や小さい子どもを連れての買い物は、荷物が重くて大変ですし、時に危険が伴うこともありますよね。

ウォーターサーバーを使えば、換えのボトルは玄関まで配達してもらえるので、重たい水を運ぶ必要がありません。

買い物が楽になるので、家事や育児の負担を減らすことができますよ。

離乳食の調理にも安全な水が使える

離乳食の調理にも安全な水が使える

赤ちゃん向けウォーターサーバーのメリットは、離乳食の調理にも安全な水が使えることです。

赤ちゃんの健康を考えると、ミルクはもちろん、離乳食の安全性にも気をつけたいですよね。

ウォーターサーバーを使うことで、衛生管理された安全な水がいつでも使用できます。水にもこだわった離乳食が作れますよ。

赤ちゃん用ミルクの作り方の注意点

いざウォーターサーバーを使い始めたけど、ミルクを作るときはどんなことに気をつけたら良いの?

赤ちゃん用ミルクを作るときの注意点は、次のようなものがありますよ。

  • 必ず70℃以上の温水で作る
  • ウォーターサーバーの冷水を入れてミルクを冷まさない
  • 作ってから2時間経過したミルクは与えない
どれもミルクの衛生管理のために守るべきポイントです。

一つずつ、説明していきますね。

必ず70℃以上の温水で作る

必ず70℃以上の温水で作る

赤ちゃん用ミルクを作るときは、必ず70℃以上の温水で作りましょう。

先ほども書きましたが、WHOは赤ちゃん用ミルクを作るときに70℃以上の温水を使うことを推奨しています。

これは、サルモネラ菌やサカザキ菌などが、70℃以上のお湯で死滅するからです。

70℃よりも温度が低いと、上記のような病原菌が死滅しないどころか、雑菌が繁殖してしまう原因になることもありますよ。

赤ちゃんを病原菌や雑菌から守るためにも、ミルクは必ず70℃以上の温水で作ってくださいね。

厚生労働省|乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインについて

ウォーターサーバーの冷水を入れてミルクを冷まさない

冷水を入れてミルクを冷まさない

赤ちゃん用ミルクを作るときは、ウォーターサーバーの冷水を入れてミルクを冷まさないようにしましょう。

70℃以上のお湯でミルクを作った後は、赤ちゃんが飲める温度までミルクを冷ます必要があります。

このとき、ウォーターサーバーの水をミルクに入れて冷ますと、せっかくお湯で殺菌したミルクに雑菌が混入する恐れがありますよ。

もちろん、ウォーターサーバーの水は、衛生管理が徹底されている水です。実際にウォーターサーバーの水を入れて冷ましているという声も多くあります。

しかし、東京都は次のような見解を出しています。

ウォーターサーバーの安全性に関する調査より

特に粉ミルクの調乳の際には、熱いミルクにウォーターサーバーの冷水を入れるような利用方法は避けるべきと考えられる。」

引用:ウォーターサーバーの安全性に関する調査

WHOのミルクの作り方には「冷水を入れてミルクを冷ます」という過程がなく、あくまでも「流水や冷水などに浸して冷ます」ことが推奨されているからですね。

徹底的にミルクの衛生管理をしたいのであれば、ウォーターサーバーの水を入れてミルクを冷ますのはやめたほうが良いでしょう。

作ってから2時間経過したミルクは与えない

作ってから2時間経過したミルクは与えない

赤ちゃん用ミルクを作ったときの注意点として、作ってから2時間経過したミルクは与えないようにしましょう。

どんなに清潔に気をつけてミルクを作っても、病原菌0というのは困難です。

それでも、作ってからすぐに飲ませる場合は特に問題はありませんが、2時間経過すると菌が繁殖している可能性があります。

衛生に気をつけるためにも、作成から2時間経過したミルクは処分してくださいね。

赤ちゃん向けウォーターサーバーは楽で安心

ここまで、赤ちゃん向けウォーターサーバーについて見てきました。

最後に、赤ちゃん向けウォーターサーバーのおすすめランキングをおさらいしておきましょう。

赤ちゃん向けウォーターサーバーおすすめランキング
  1. Slat(スラット)フレシャス
  2. 南アルプスの天然水サーバー サントリー
  3. コスモウォーター
  4. cado×PREMIUMWATERウォーターサーバー PREMIUM WATER
  5. 富士桜命水

迷ったら、1位フレシャスのSlat(スラット)がおすすめです。

赤ちゃん向けウォーターサーバーに必要なポイントをすべてクリアしていて、デザイン性も高く、多くのユーザーに支持されていますよ。

赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶポイント
  • サーバーのクリーニング機能つき
  • 雑菌が繁殖しにくい収縮ボトル
  • ミルクが作りやすい70~75℃設定が可能
  • 交換が簡単な水下置き型
  • チャイルドロックつき
ぜひこの記事を参考に、赤ちゃんのためのウォーターサーバーを選んでみてくださいね。

ウォーターサーバーについてもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒ウォーターサーバー完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です