家庭用の真空パック器を比較しておすすめ!食材の保存と時短に超便利 | カジタン

家庭用の真空パック器を比較しておすすめ!食材の保存と時短に超便利



今回は、家庭用の真空パック器を比較しておすすめを紹介します!

真空パック器を買おうと思っても、商品がありすぎてわからないですよね。

この記事では、脱気力やサイズ・液体対応などの項目で徹底比較しました。

自分で真空パック器を選ぶ際のポイントもまとめていますよ。

真空パック器の購入を考えている人は、最後まで必見です!

\ 記事の途中に移動します /

料理に関する記事一覧はこちら

この記事でわかること

  • 家庭用真空パック器のおすすめ
  • 選び方のポイント
  • 家庭用と業務用の違い
  • フードシーラーは別物?

家庭用真空パック器を比較して選ぶポイント

真空パック器 選び方

家庭用の真空パック器を選ぶ際は、次のようなポイントに注意してみましょう。

  • ハンディor卓上タイプ
  • サイズ・大きさ
  • 脱気力(キロパスカル)
  • 液体・汁物に対応しているか
  • 専用袋が必要か不要か
  • パック完了までにかかる時間
  • 動作音の静かさ

一つずつ、順番に解説していきます。

ハンディor卓上タイプ

家庭用真空パック器は、大きく分けてハンディタイプと卓上タイプの2種類があります。

ハンディタイプは、片手で持てるようなコンパクトなサイズ感で、家の中だけでなく、アウトドアでも活躍。

あまりキッチンが広くない場合や、一人暮らしの人にもおすすめですよ。

一方卓上タイプは、その名の通りテーブルに置いて使う真空パック器。

ハンディタイプに比べて、スピーディーにたくさんのパックを作ることができます。

商品によってはかなりサイズが大きくなるので、持ち運びには適さず、キッチンでも定位置に置いておくことになるでしょう。

サイズ・大きさ

家庭用の真空パック器を選ぶ際には、どれくらいのサイズが必要かよく考えてみましょう。

大きな食材をそのままパックしたい人は、うまくパックできるサイズのものを。

一方で、小分けしてパックするだけの人は、あまり大きい真空パック器を購入してもキッチンで邪魔になります。

家庭料理の真空パック器は、大体35~40cmくらいの商品が多いです。

実際にパックしたい食材の大きさや料理の量を想定して、真空パック器のサイズを選ぶようにしましょう!

脱気力(キロパスカル)

真空パック器で最も大切なポイントが、脱気力です。

これによって、どれだけしっかりパックできるか=長期間鮮度を保って保存できるかが変わってきます。

家庭用の真空パック器なら、70~80kPa(キロパスカル)程度の商品を選べば、十分密封することができるでしょう。

ただし、中には30~40kPaくらいの脱気力しかなかったり、そもそも脱気力の表示がない商品もあったりします。

ちゃんとした性能の真空パック器を選ぶために、しっかり脱気力をチェックしてくださいね!

液体・汁物に対応しているか

液体や汁物をパックできるかどうかも、家庭用の真空パック器を選ぶポイントです。

特に料理は、汁気がある物が多いですよね。

どんな料理でも問題なくパックできるように、汁物にも対応したタイプの真空パック器を選んでおくと無難です。

真空パック器をより活用するためにも、幅広い食材をパック可能な家庭用の真空パック器かチェックしましょう!

専用袋が必要か不要か

家庭用の真空パック器に必ず必要なのが、ビニール袋。

専用袋が必要なタイプと不要なタイプがありますが、そのどちらにもメリット・デメリットがあります。

専用袋が必要なタイプは、その真空パック器に最適な規格の袋で密封できるので、しっかりとパックできるでしょう。

しかし、専用の袋はやや割高なので、コストが余計にかかってしまうデメリットがあります。

一方、専用袋が不要なタイプは、規定に合った袋なら何でも使用できるので、真空パックを安く利用可能なのがメリットです。

ところが、使用する袋によっては密封がうまくいかないことも。

どちらのメリットを優先するか、自分に合った家庭用真空パック器を選ぶようにしましょう!

パック完了までにかかる時間

たくさんの食品をパックする場合は、パック完了までにかかる時間もチェックしましょう。

まとめ買いした食品を一気に冷凍保存する際などは、なるべく早くパックできたほうが家事の時短になります。

とはいえ、パック完了までにかかる時間はおよそ20~1分程度。大量にパックする人でなければ、そこまで気にしなくても良さそうです。

動作音の静かさ

小さな子どもがいる家庭や夜中に作業をしたい場合は、真空パック器の動作音にも気を配ると良いでしょう。

脱気の際の「ブーン」という音はなかなか防ぐことが難しいですが、シールするときはかなり静かになる商品も多いです。

下手に「静音タイプ」と書いてある商品を購入してしまうと、脱気力が弱く食品の鮮度が保てないことも。

動作音だけでなく、その他の項目もしっかりとチェックするようにしてくださいね。

家庭用真空パック器と業務用の違いは?

真空パック器 家庭用 業務用 違い

真空パック器には、家庭用と業務用があります。

家庭用は、キッチンに置けるコンパクトなサイズ感とお手入れのしやすい構造になっていますよ。

業務用に比べて脱気力は低いですが、家庭で食材を保存する分には十分です。

一方で業務用は、家庭用に比べてサイズも大きく、お店でもない限りメンテナンスが大変。

脱気力が強く食材や料理の鮮度をより保つことができますが、その大きさや値段・お手入れの大変さゆえに、家庭で購入する必要はまずないと言えるでしょう。

たまに、明らかに家庭用のサイズ・脱気力なのに「業務用」として販売されている商品もあります。

脱気力などのスペックをよく確認して、見極めましょう。

家庭用真空パック器とフードシーラーは違う?

真空パック器 フードシーラー 違い

家庭用真空パック器について調べていると、フードシーラーという商品を目にすることがあると思いますが、この2つは別物です。

真空パック器は、食材や料理を入れた袋の中の空気を抜いて、食品の酸化を抑えて密封するための道具。

一方でフードシーラーは、袋を熱で溶かして封をするための機械で、食材に触れる空気を遮断することはできません。

ただし、真空パック器の中にはフードシーラーの機能のみを使用できるものも多いです。

そのため、今回紹介したアイリスオーヤマの「真空保存フードシーラー」のように、商品名に「真空」と「フードシーラー」の両方が含まれている場合もあります。

真空パック器とフードシーラーは見た目もよく似ているので、希望と異なる商品を間違って購入しないように注意しましょう。

家庭用真空パック器を比較!おすすめはどれ?

それでは、家庭用真空パック器を比較して見ていきましょう!

ワイドシステム 真空パックん PREMIUM(プレミアム)

真空パックん PREMIUM(プレミアム)は、約89.9kPaという家庭用の真空パック器の中では最強クラスの脱気力が特徴。

もちろん、脱気圧力は2段階に調節できるので、やわらかいものも問題なくパックできますよ。

スープなどの液体は、別売りのキャニスターを使うことで真空パック可能。

キャニスターでマリネ機能を使用すれば、浅漬けがたった6分で完成します。

真空室は丸洗いできるので、衛生面もばっちりです!

価格(税抜) 14,364円
サイズ 幅40.0×奥行19.4×高さ11.0cm
脱気力 約89.9kPa
液体対応 可(キャニスター利用)
専用袋
アフターサービス 1年保証

TOKAI 真空パック器

真空パック器 TOKAI

引用元:楽天

日本のメーカーTOKAIの真空パック器は、パックするのに専用袋がいりません!

そのため、袋代のコストを抑えたい人におすすめ。

脱気力も約70kPa~80kPaと、家庭用としては十分な圧力で、食材の鮮度を守ります。

独自開発のマグネットロックがついているので、力を入れなくても簡単に使えますよ。

汁物や液体もパックできるので、様々な料理や食材の保存に役立ちます。

価格(税抜) 29,800円
サイズ 幅40×奥行16.2×高さ13cm
脱気力 約70kPa~80kPa
液体対応
専用袋 不要
アフターサービス 1年保証

AKZIM 真空パック器

AKZIM  真空パック器

引用元:Amazon

まずは手頃な価格の真空パック器を試してみたい!という人におすすめなのが、AKZIMの商品。

安価ながら、約80kPaと十分な脱気力があります。

複数の袋を同時にパックできるので、家事の時短にもぴったり。

別売りのキャニスターを使えば、液体の保存や漬物も簡単に作れますよ。

価格(税抜) 4,998円
サイズ 幅38×奥行6.8×高さ5.4cm
脱気力 約80kPa
液体対応 可(キャニスター利用)
専用袋
アフターサービス 1年保証

アイリスオーヤマ 真空保存フードシーラー

アイリスオーヤマの真空保存フードシーラーは、手に取りやすい価格とシンプルな性能・操作性が魅力。

真空パック以外に機能はいらない、わかりやすい手順で操作できる商品が良い人におすすめですよ。

脱気力は約66.7kPaとやや弱めですが、家庭用として使う分には特に問題ない範囲です。

汁物も凍らせることで真空パックOK。

価格(税抜) 7,300円
サイズ 幅38×奥行16.5×高さ9.5cm
脱気力 約66.7kPa
液体対応 凍らせれば可
専用袋
アフターサービス 1年保証

ENKANG 真空パック器

真空パック器 ENKANG

引用元:Amazon

安価でコンパクトな真空パック器なら、ENKANGの商品がおすすめ。

ボタンを押すだけのシンプルな操作で、簡単に真空パックが作れます。

汁物も冷凍すればパックでき、料理や食材の保存には困りません。

脱気力は約60kPaとやや弱いですが、家庭用としては十分。

キッチンでの置き場にも困らないサイズ感です。

価格(税抜) 3,180円
サイズ 幅37.2×奥行7.6×高さ4.8cm
脱気力 約60kPa
液体対応 凍らせれば可
専用袋
アフターサービス 90日間保証

パナソニック 密封パック器 BH-951P

安心の日本メーカーにこだわるなら、パナソニックの真空パック器がおすすめ。

脱気力は約60kPaとやや劣りますが、家庭で使用する分には特に支障はないでしょう。

大きすぎず小さすぎず、ちょうど良いサイズ感で汎用性も高いです。

汁物も凍らせればパックOKなので、カレーやシチューの冷凍にも使えます。

価格(税抜) オープン価格
サイズ 幅38×奥行13×高さ9.5cm
脱気力 約60kPa
液体対応 凍らせれば可
専用袋
アフターサービス 1年保証

シーシーピー 真空パック器 セミプロタイプ BZ-V34-WH

シーシーピーの真空パック器は、なんといっても約80kPaの強い脱気力が魅力。

パワフルですが、脱気は自分の好きなタイミングでとめられるので、潰れやすいパンなどもちょうど良くパックすることができます。

シールの温度調節も可能なため、専用袋だけでなく、ポリ袋やアルミ袋も封可能。開封したお菓子も湿気ることなく保存できますよ。

価格(税抜) オープン価格
サイズ 幅36x奥行23×高さ12cm
脱気力 約80kPa
液体対応
専用袋
アフターサービス 1年保証

TINTON LIFE 真空パック器

TINTON LIFEの真空パック器は破格なので、とりあえず真空パック器を試してみたい人におすすめ。

3,000円を切る安さながら、大きさも程よく、ワンタッチ操作で簡単にパックできます。

本体にはマグネットがついているので、冷蔵庫などに貼って省スペースで保管できるのもメリットです。

価格(税抜) 2,545円
サイズ 36.5×5.5×5cm
脱気力
液体対応 冷凍すれば可
専用袋
アフターサービス 1年保証

Solis (ソリス) 真空パック器 バッククイック576

ソリスは、スイスの老舗家電メーカー。特に真空パック器は、国内でナンバーワンシェア率を誇る商品です。

脱気は自動と手動を選ぶことができ、ワンタッチ操作で誰でも簡単にパック可能な上、潰れやすい食品も程よく脱気できます。

海外メーカーならではの、洗練されたデザインも魅力です。

価格(税抜) 8,877円
サイズ 37×14.5x7cm
脱気力 約70kPa
液体対応
専用袋
アフターサービス 1年保証

Crenova 真空シーラー

Crenova 真空シーラー

引用元:Amazon

Crenovaの真空パック器は、4つの真空モードで、食品のやわらかさや汁気に合わせてパックできるのがメリット。

家庭用としてはかなり高い80kPaの脱気力で、どんな食品もしっかりパック。

付属のチューブを使用し、キャニスターを購入すれば、マリネも簡単に作ることができますよ。

価格(税抜) 9,909円
サイズ 43x19x11cm
脱気力 約80Kpa
液体対応 不可(キャニスターがあれば可)
専用袋 不要
アフターサービス 1年保証

朝日産業 シーラー DUCKY

DUCKYは、専用袋が不要なので、割高な専用袋を購入する必要がなく、パックコストを抑えられるのが魅力です。

集水タンクがついているので、汁気のあるものもそのままパックOK。

ただし、集水機能がある分、ノズルなどのお手入れはこまめに行う必要があります。

価格(税抜) 23,649円
サイズ 34.5×16.5×9cm
脱気力 約60kPa
液体対応
専用袋 不要
アフターサービス 1年保証

Genetech 真空パック器 JP290

Genetechの真空パック器は、専用袋不要かつ約80kPaの強い脱気力がポイント。

65db以下の静音設計で、人が普段会話しているのと同じくらいの音量で脱気できます。

水分収集カップつきなので、汁物を吸っても故障の心配がありません。

価格(税抜) 13,619円
サイズ 39×14.8×7.2cm
脱気力 約80kPa
液体対応
専用袋 不要
アフターサービス 1年保証

Toyuugo 真空パック器 シーラー

Toyuugoは、手頃な価格で大きめの真空パック器がほしい人におすすめ。

シール+脱気・シールのみ・手動・汁気のあるもの・乾きものに合わせたモードがあり、パックするものに最適な脱気力を選ぶことができます。

液体は脱気できませんが、専用のノズルとキャニスターを使用すればOK。マリネも作れますよ。

価格(税抜) 6,182円
サイズ 39.9×16×9.5cm
脱気力 50kPa
液体対応 不可(キャニスターがあれば可)
専用袋 不要
アフターサービス 1年保証

フードセーバー 真空パック機 フードセーバーV4880

フードセーバーの真空パック器は、吸引からシールまですべて自動で行ってくれる優れもの。

値段はそこそこしますが、本体に加えてキャニスターやパックなどがたくさんついてきて、届いたらすぐに使用できます。

ただし、肝心の脱気力については公式サイトに記載がありません。

これだけの大きさでかつ有名メーカーなので、脱気力が弱い心配はないと思いますが、脱気力にこだわる人は避けたほうが無難かも。

価格(税抜) 24,800円
サイズ 幅41x 奥行18x高さ22.4cm
脱気力
液体対応 凍らせるorキャニスターがあれば可
専用袋
アフターサービス 1年保証・30日間返品返金保証

kitchenboss ドライ&モイストフード保存用自動真空シールシステム

kitchenboss ドライ&モイストフード保存用自動真空シールシステム

引用元:Amazon

kitchenbossの真空パック器は、お手頃価格ながら同時シーリングOKの機能性の高さが魅力。

自動で脱気からシールまで15秒で行ってくれる上、手動脱気機能もついているので、柔らかい食品にも使用可能です。

専用ノズルつきなので、キャニスターを使えば液体の脱気やマリネをつくることもできますよ。

価格(税抜) 5,446円
サイズ 38×13.6x7cm
脱気力 60kPa
液体対応 不可(キャニスターがあれば可)
専用袋
アフターサービス 5年保証

ワイドシステム 真空パックんコードレス

真空パックんコードレスは、この記事で最もおすすめしている「真空パックん」のコードレスモデル。

コンパクトなサイズながら、約80kPaと家庭用では最大級の脱気力が魅力です。

保管スペースを取らないので、キッチンが手狭な場合や、使用頻度の低い人、一人暮らしの人にぴったりですよ。

価格(税抜) 4,537円
サイズ 9.5×17×4.7cm
脱気力 約80kPa
液体対応 不可(キャニスターがあれば可)
専用袋
アフターサービス 1年保証

フードセーバー ポータブルバキュームマシーン FS1196

フードセーバーのポータブルバキュームマシーンは、スタイリッシュなデザインも魅力。

本体に加え、キャニスターや繰り返し使用できるバッグも付いています。

別売りの真空ボトルストッパーを購入すれば、栓を開けたワインも真空状態で保存でき、酸化を防ぐことが可能です。

価格(税抜) 10,000円
サイズ 5.88×5.68×12cm
脱気力
液体対応 付属の真空フレッシュボックスを使えば可
専用袋
アフターサービス 1年保証・30日間返品返金保証

家庭用真空パック器で家事を時短しよう!

家庭用真空パック器の比較や、選ぶポイントについて詳しく見てきました。

最後に、記事の内容をもう一度おさらいしておきましょう!

順位 真空パックんPREMIUM(プレミアム) 真空パック器 TOKAI 真空パック器 AKZIM 真空保存フードシーラー アイリスオーヤマ 真空パック器 ENKANG パナソニック 密封パック器 BH-951P シーシーピー 真空パック器 セミプロタイプ BZ-V34-WH TINTON LIFE 真空パック器 Solis (ソリス) 真空パック器 バッククイック576 Crenova 真空シーラー 朝日産業 シーラー DUCKY Genetech 真空パック器 JP290 Toyuugo 真空パック器 シーラー kitchenboss ドライ&モイストフード保存用自動真空シールシステム ワイドシステム 真空パックんコードレス フードセーバー ポータブルバキュームマシーン FS1196
名前 真空パックんPREMIUM(プレミアム) 真空パック器 真空パック器 真空保存フードシーラー 真空パック器 密封パック器 BH-951P 真空パック器 セミプロタイプ BZ-V34-WH 真空パック器 真空パック器 バッククイック576 真空シーラー シーラー DUCKY 真空パック器 JP290 真空パック器 シーラー 真空パック機 フードセーバーV4880 ドライ&モイストフード保存用自動真空シールシステム 真空パックんコードレス ポータブルバキュームマシーン FS1196
メーカー ワイドシステム TOKAI AKZIM アイリスオーヤマ ENKANG パナソニック シーシーピー TINTON LIFE Solis (ソリス) Crenova 朝日産業 Genetech Toyuugo フードセーバー kitchenboss ワイドシステム フードセーバー
価格(税抜) 14,364円 29,800円 4,998円 7,300円 3,180円 オープン価格 オープン価格 2,545円 8,877円 9,909円 23,649円 13,619円 6,182円 24,800円 5,446円 4,537円 10,000円
サイズ 40.0×19.4×11.0cm 40×16.2×13cm 38×6.8×5.4cm 38×16.5×9.5cm 37.2×7.6×4.8cm 38×13×9.5cm 36×23×12cm 36.5×5.5×5cm 37×14.5x7cm 43x19x11cm 34.5×16.5×9cm 39×14.8×7.2cm 39.9×16×9.5cm 41x18x22.4cm 38×13.6x7cm 9.5×17×4.7cm 5.88×5.68×12cm
脱気力(kPa) 約89.9kPa 約70kPa~80kPa 約80kPa 約66.7kPa 約60kPa 約60kPa 約80kPa 約70kPa 約80kPa 約60kPa 約80kPa 約50kPa 約60kPa 約80kPa
液体対応 可(キャニスター利用) 可(キャニスター利用) 凍らせれば可 凍らせれば可 凍らせれば可 凍らせれば可 凍らせれば可 不可(キャニスターがあれば可) 不可(キャニスターがあれば可) 凍らせるorキャニスターがあれば可 不可(キャニスターがあれば可) 不可(キャニスターがあれば可) 付属の真空フレッシュボックスを使えば可
専用袋 不要 不要 不要
アフターサービス 1年保証 1年保証 1年保証 1年保証 90日保証 1年保証 1年保証 1年保証 1年保証 1年保証 1年保証 1年保証 1年保証 1年保証・30日間返品返金保証 1年保証 1年保証 1年保証・30日間返品返金保証
リンク 真空パックんPREMIUM(プレミアム)を見る 真空パック器を見る 真空パック器を見る 真空保存フードシーラーを見る 真空パック器を見る 密封パック器 BH-951Pを見る 真空パック器 セミプロタイプ BZ-V34-WHを見る TINTON LIFE 真空パック器を見る バッククイック576を見る 真空シーラーを見る シーラー DUCKYを見る 真空パック器 JP290を見る 真空パック器 シーラーを見る 真空パック機 フードセーバーV4880を見る ドライ&モイストフード保存用自動真空シールシステムを見る 真空パックんコードレスを見る ポータブルバキュームマシーン FS1196を見る
家庭用真空パック器比較おすすめ

家庭用真空パック器を選ぶポイント

  • ハンディor卓上タイプ
  • サイズ・大きさ
  • 脱気力(キロパスカル)
  • 液体・汁物に対応しているか
  • 専用袋が必要か不要か
  • パック完了までにかかる時間
  • 動作音の静かさ

 

家庭用真空パック器と業務用の違い

  • 脱気力・サイズ・お手入れの大変さ
  • わざわざ業務用を買う必要はない

 

家庭用真空パック器:袋の中の空気を抜いて密封

フードシーラー:袋を密封するだけ

実際に比較してみると、同じ家庭用真空パック器でもかなり違いがあります。

自分で選ぶ際は、ぜひ今回紹介したポイントを参考にしてみてくださいね!

ぜひ家庭用真空パック器を使って、作り置きのおかずや下処理済みの食材を保存し、日々の家事を時短しましょう!