食材宅配で共働き家族が得られる30分と家族団らん※夫婦喧嘩も激減!

共働き家族はとにかく忙しい。
仕事に家事に加え育児までこなさなければいけない日々。
自分の時間なんてあったもんじゃない。
そんなため息交じりの悩みが聞こえてきそうです。

1日のうちで「あと1時間あったら。せめて30分でもいいから。」
と思うことはないでしょうか。

ここで日々の買い物にかかる時間を考えてみてください。

食品スーパーのサミットと調査会社のネオマーケティングが行った調査によると、既婚女性の7割以上が30分以上の時間を買い物に費やしているとのことです。
(詳しくはこちら)

スーパーが遠かったり、食材を選ぶのに迷ってしまう人はさらに多くの時間を消費していることでしょう。

いっそのことこの時間を食材宅配サービスで短縮してみませんか。
このサービスを使えば必要な食材が家に届くため買い物の時間が減らせるだけでなく、ミールキットを使えば献立を考える必要もなく調理の時間も大幅に削ることができます。

こうして浮いた時間が共働き夫婦にとって貴重な家族団らんの時間に置き換わるならば、素敵なことだと思いませんか。

食材宅配サービスで解消できる共働き家族の悩み


一言に料理の悩みといっても、その種類は多岐にわたりますよね。
もしこんな悩みを持っているとしたら、食材宅配サービスは一考の価値ありです。

食材宅配サービスで解消できる悩み1: 買い物の時間を減らしたい

仕事が終わったかと思えば保育園の迎えがあってそれから夕食の買い物。
目まぐるしい毎日を過ごされていませんか。

食材宅配を利用すれば、自宅まで食材を届けてもらえるため、買い物に必要な時間が節約されます。これが食材宅配サービスの最大のメリットの一つです。

食材宅配サービスで解消できる悩み2: 重たい荷物を持てない

なるべく買い物の頻度を減らそうとまとめ買いをすると、今度は荷物が重くなってそれもまた負担になるのも事実。

食材宅配なら自宅まで届けてもらえるので、食材を運ぶという体力的な負担も解消することができます。

食材宅配サービスで解消できる悩み3: 料理の時に出るゴミを極力減らしたい

マンションが管理しているごみ箱に24時間ごみを出せる方ならいいですが、生ごみを出せる曜日が限られている人もいるでしょう。

生ごみは臭いの原因にもなりますし、できる限り減らしたいという方も多いのではないでしょうか。

また、可燃ごみは有料の市指定のごみ袋で出さなければいけない地域もありますよね。
食材宅配サービスの中にはあらかじめ洗ったり切ったりしてある加工済の使い切り食材を提供しているものもあります。

これらを活用することで生ごみを減らすことができます。

その分のごみ袋のスペースも空きますので、節約にもなるのです。

食材宅配サービスで解消できる悩み4: 献立を決めるのが負担

毎日の献立を決めるのは意外と負担が大きいことです。

昨日はお肉だったから今日は魚にしようかな。
でも昨日食べた鶏肉が今日は広告の品になっている。冷凍しておけばいいか。

と思って鶏肉をかごに入れたところで、今日の分の食材が決まっていないことを思い出す。

魚コーナーに向かうも、今度は刺身にするのか焼き魚にするのかフライにするのかで迷う。

スマホでレシピ検索なんてしていたらさらに時間がかかってしまう。

当てはまる方いませんか。

実はレシピを紹介してくれて、なんとそれに必要な食材を配達してくれる、ミールキットと呼ばれる食材セットを提供している食材宅配サービスもあるのです。

買い物だけでなく献立を決める時間まで節約してくれる優れものです。

食材宅配サービスで解消できる悩み5: 料理が苦手

ミールキットの魅力の一つは調味料までもセットになっている点です。
これで料理が苦手な方も安心。味見を繰り返すことなく、短時間でおいしい料理が作れます

自分の負担を減らせるだけでなく、食材宅配サービスは美味しい料理を囲んでの家族団らんのひと時をサポートをしてくれます。

食材宅配サービスで共働き家族が得られるもの

食材宅配サービスで共働き家族が得られるもの1: 時間

冒頭にご紹介した通り、1日の買い物に30分以上かかる人は大多数を占めます。
冷蔵庫の中を確認したり献立を決めたりする時間が買い物の前には別にかかっているわけですから、データ以上の時間が実際には費やされているはずです。

仮にこの30分が自由に使えるようになるとしたらどうでしょう。
家族とゆっくり会話する時間になったり、読書する時間ができたり、お風呂に浸かる時間を増やせたりするかもしれません。

1日30分の節約
=1か月15時間の節約
=1年間180時間の節約

これだけの時間を他のことにあてることができる計算です。

180時間というと、8時間勤務される方にとっては22.5日
およそ丸まる一か月分の勤務日数に匹敵しますから驚きです。

食材宅配サービスで共働き家族が得られるもの2: 精神的なゆとり

自由に使える時間は増えるということは、気持ちの余裕にも通じます。
毎日せわしく働き家事をこなし人によっては子供の面倒まで見ていると、精神的な疲労も溜まってくるもの。
こんなことありませんか。

ついつい起こりがちなこと・・・
  • ちょっとしたことでカッとなる
  • 家族に八つ当たりをしてしまう
  • しなければいけないことに集中できない
  • 家の中がギスギスしてしまう

食材宅配サービスで精神的なゆとりを感じることができれば、忙しい共働き家族の家族円満のきっかけにもなるかもしれませんよ。

共働き家族が食材宅配サービスを選ぶときのポイント

共働き家族が食材宅配サービスを選ぶときのポイント1: 費用

食材宅配サービスによって家事の負担が減ることはとても魅力的ですが、今度は経済的な負担が増えないように気を付けたいものです。

家族人数や一人一人が食べる量を考慮し、適切な量をリーズナブルな価格で提供してくれるサービスを選ぶようにしましょう。

共働き家族が食材宅配サービスを選ぶときのポイント2: 取り扱い商品数

家族から「これこの前も食べた」と言われるのってショックじゃないですか。

使える食材の種類が限られてしまえばその分料理のレパートリーも少なくなってしまいます。長期的に使っていけるように、取り扱い製品数が豊富な食材宅配サービスを選ぶとよいでしょう。

また、中には食材だけでなく日用雑貨等の取り扱いがあるサービスもあります。
トイレットペーパーはかさばるし、洗剤やシャンプーなどの液体は重くなりがちです。
これらも一緒にまとめ買いできれば、その分の時間的肉体的負担も減りますからオススメです。

共働き家族が食材宅配サービスを選ぶときのポイント3: 安全性

大切な家族と一緒に食べるものですから、安心して食べられる食材かどうかも気になりますよね。
このことが心配で料理の負担は減らしたいがお惣菜や冷凍食品に手が出ないという方もいるのではないでしょうか。

食材宅配サービスの中には、これでもかというくらい食材の品質を徹底管理し、安心安全なものを提供しているものがいくつもあります。

こだわり抜いてつくられた野菜はその分おいしいとも言われますよね。
安全性が信じられる食材が取り扱われているかどうかも確認したいポイントです。

共働き家族が食材宅配サービスを選ぶときのポイント4: 宅配日時と留め置きの可否

せっかく便利な食材宅配サービスですが、商品の受け取りには注意したいところです。
共働きの場合は、ご家族全員が家を空ける時間も長くなると思いますので、在宅していることが多い曜日や時間帯に配達してもらえるかどうかは大切な確認ポイントです。

食材宅配サービスの中には、不在時に例えば家の前に商品を留め置きしてくれるところもあります。
このサービスがあれば在宅していなければいけないストレスも解消されるため、ぜひチェックしてみてください。

まとめ


食材宅配サービスによって家事の負担が減って自分や家族と過ごす時間が増えて円満な家庭を築くきっかけとなったらどんなに素敵なことでしょう。

共働きで1日のうちになかなか家族の時間が取れない共働き家族にこそ、食材宅配サービスはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です