一人暮らし向けに家事代行をおすすめ!余った時間で独身ライフ♪

一人暮らし向けに家事代行をおすすめ!余った時間で独身ライフ♪

  • 一人暮らしで家事をする時間がない!面倒臭い!
  • 家事代行って聞いたことあるけど実際どうなの?

こんなお悩みや疑問を持っていませんか?
この記事では、家事代行についてご紹介していきます。

特に一人暮らしの方向けに解説していきますので、一人暮らしの人にこそ読んでいただきたい内容となっています。

賢く家事代行を使って、家事から開放されて自由な時間と快適な生活を手に入れちゃいましょう!

一人暮らしの家事代行にかかってくる料金はこのくらい!

一人暮らしで家事代行頼むのっていくらかかるか料金面かなり不安ですよね?
でも料金面さえクリアすればこんな便利なサービスないって分かっていただけるはずです!

「時間あたり〇〇円」が主流!一人暮らしなら安く済む!

料金は時間単位が主流

家事代行の料金ですが、多くの業者では「◯時間あたり〇〇円」といった、時給での料金計算が主流となっています。

1時間あたり2,000〜3,000円が相場。業者によっては「1回のご利用は2時間以上から」という制限がついていることもあるので、スポットで利用する場合、予算は5,000円〜10,000円くらいを見ておけば良さそうです。

業者ごとの料金については、この記事の後半でおすすめの業者紹介をしますので、その時に詳しく解説します。

一人暮らしでがっつり頼むなら「スポット」より「定期」オススメです

家事代行のオススメは定期

家事代行は、一回ポッキリで家事代行に来てもらう「スポット利用(単発利用)」と、定期的に家事代行に来てもらう「定期利用」の2種類の契約形態があります。これはどの業者でもそうです。

同じ仕事を頼むのであれば、基本的に定期利用の方が安くなります。「この日1日だけ家事をしてほしい」という人は少ないと思いますので、定期利用をメインで考えていった方がいいかもしれませんね。

定期利用の場合、「どんな家事を依頼するか」「どんなオプションをつけるか」などによって料金が異なります。だいたい月あたり20,000〜50,000円くらいを見ておけば良さそうです。

一人暮らしに家事代行って必要?

必要です!!

いや、「家事をするのが好き!」とか、そういう人にはもちろん必要ないです。
でも、ほとんどの人にとっては家事はできるだけやりたくない仕事のはず。

家事にかける時間とストレスから、月3万で開放されると考えたら……どうですか?
魅力的じゃありませんか?

家事を任せることで、自由な時間が手に入ります。
Netflixで見たかった映画を見たり、持ち帰った仕事を片付けたり、副業を初めてさらに収入を増やしたり。家事をしなくてよくなると睡眠時間も確保できるようになり、健康的にも人生がいい方向に傾くはずです。

ということで、一人暮らしの人ほど家事代行サービスを前向きに検討しましょう!

家事代行の利用シーンを具体的に教えて!

「家事代行が便利!」とはいっても、利用したことのない人の場合、具体的にどんな感じで家事代行が便利なのかいまいちわかりにくいと思います。

「家事代行は一人暮らしのこんな場面で役に立ちますよ!」という具体的な利用シーンをご紹介しますので、ご自分の生活スタイルに取り入られれそうなものがあれば取り入れてみてください。

スポット利用で汚れた部屋をリセット!

まずはスポット利用の活用シーンから。

スポット利用は一回ポッキリですから、基本的に普段自分で家事をする人向けです。

しかし、以下のような場面では大いに活用できるでしょう。

  • ここのところ忙しくて部屋の掃除ができなかった……
  • 面倒臭くて洗い物や洗濯物がたまってしまった……
  • 年末の大掃除、一人じゃ難しい…… など。
スポット利用はたいていの場合2〜3時間までと時間制限があるため、その時間内で終わる作業を任せましょう。

「リセットさえしてもらえれば、あとは自分で家事ができる」というタイプの人にオススメです。

スポットでパーティーの飾り付けや引越しの手伝いも

パーティーの準備や 引っ越しの手伝いなど 人手が足りないときに!

スポット利用の活用シーンをもう一つ。

友人たちを招いての誕生日パーティーの飾り付けや、引越しの手伝いをしてくれる業者もあります。「どうしても人手が足りないけど、友人も忙しいだろうから頼めない……」そんな場面で重宝することでしょう。

注意点として、業者によっては、スポット利用は対応できることが限られていることがあります。また、女性スタッフが多いので、あまり重い物を持たせるのはやめた方がいいかもしれないです。事前に対応できることやスタッフの性別を確認しておくといいでしょう。

定期利用で料理とオサラバ&健康的な食事を

作り置き料理を作って もらうこともできます!

定期利用は依頼できることが大幅に増えるため、利用シーンもグッと広がります。
例えば料理が苦手な人は、料理をお願いしてみましょう。

家事代行では朝昼晩の料理を作ってもらえるほか、お弁当の用意までしてくれます。スタッフさんの中には栄養について勉強している方も多いので、栄養バランスの優れた食事を作ってくれますよ。

朝昼晩・お弁当のどれを担当してくれるのか、どのくらい凝った料理を作ってくれるのかは契約によります。

  1. 週1〜2回来てもらって作り置き料理を作ってもらう
  2. 毎日朝昼晩に来てもらう。
  3. 朝は一品、昼は2品、夜は5品作ってもらう
という感じで、好きなようにカスタマイズが可能です。
材料代はこちら持ちですが、買い物もやってくれるのでかなり楽チンです。あちこちのスーパーを回る必要も無くなりますね。

料理は家事代行の中でも掃除と並んで人気が高いサービスです。ぜひ利用しましょう。

定期利用、週1回の掃除で綺麗を保つ

定期的に掃除してもらう のはお手頃!

料理をしっかりしてもらおうと思うと高額になってくる可能性が高いですが、掃除くらいなら比較的リーズナブルに抑えられます。というのも、掃除なら週1回の依頼で十分なことが多いからですね。

家事代行で依頼できる掃除の項目は、例えば下記のようなものがあります。

  • 掃除機がけ
  • 雑巾がけ
  • お風呂掃除
  • トイレ掃除
  • 洗い物
  • キッチン・水回り掃除
  • 洗い物
  • ゴミ出し
  • 窓拭き
  • 庭掃除
  • 草木の水やり
  • 草むしり
どうでしょうか。3時間もあれば一通り終わりそうじゃないですか?お風呂掃除や洗い物なんかは毎日自分でやる必要があると思いますが、それ以外のものは週1回3時間、リーズナブルな価格で十分綺麗に保ってくれそうです。

週1回3時間なら、だいたい月5万円くらいで依頼できます。もちろん、月2回なら3万円以内。お手頃ですね。

洗濯物はまとめ洗いで任せよう

洗濯を頼むと洗っている 間に別な家事も頼める

一人暮らしの場合、毎日洗濯している人って結構少ないんじゃないかと思います。3日に一度とか、服が多い人なら1週間に一度とかもあるかもしれませんね。

まとめ洗いすると節約になっていいのですが、そうすると今度は洗濯物が多くなって大変ですよね。そんな時は家事代行にお願いしましょう。

洗濯物は洗って→乾かして→たたむ、という流れがあるので、その間に他の家事を頼むと効率が良くなります。

一人暮らしの家事代行はこう選べ!

ここまで、家事代行の活用シーンをご紹介しました。
ここからは、一人暮らしの人が賢く家事代行を利用するためのTipsをご紹介します。

不在時でも利用できるところを選ぼう

不在時でも利用できると便利

一人暮らしの人が一番気にかけておきたいのが、「不在時でも家事代行してくれるかどうか」です。一人暮らしだと家に人がいない時間が多くなりますし、家事を任せておきたいのはまさに自分が出かけている間です。家を出て、帰ったら綺麗になっているのが理想ですよね。

業者によっては「スポット利用は在宅時対応のみ」「定期利用は不在時対応OK」というところもありますので、事前によくチェックしておきましょう。

掃除用具は自分で用意しておこう

掃除用具は用意しておく

家事代行サービスはホームクリーニングとは違いますので、スタッフさんが専門の道具を持ってきてくれることはありません。あくまで自分の家にある洗剤やスポンジを使って家事を行います。

買い物代行を利用するのも一つの手ではありますが、基本的にはあらかじめ用意しておいたほうが安く依頼できます。

短い時間から利用できるところを選ぼう

短い時間から利用できるところ

家事代行は、プロの業者がやるような専門的な掃除を行うわけではありません。自分の家にある洗剤やスポンジを利用して、普段の自分がやるような掃除を代わりにやってくれるサービスです。

あなたは日常的な掃除を行うのに何分かかるでしょうか?長くても2時間はかからないと思います。代行スタッフもあなたと同じか、むしろ少し早く掃除が終わります。1時間で終わる作業なのに3時間の契約をしていては意味がないので、少ない時間からでも利用できる業者を選ぶと良いでしょう。

同様に、料金は1時間単位で変わっていくので、依頼する家事の数をとるか、価格を抑えることをとるか、うまいこと調整したいところです。

「まとめて依頼」するとリーズナブルに抑えられる

家事代行を上手に依頼するコツとして、なるべく「まとめてやってもらう」ように心がけることです。
家事代行は回数が少なければ少ないほど、時間が短ければ短いほど安くなります。

  1. 料理は1週間分の作り置きをしてもらう
  2. 洗濯物は1週間分まとめてしてもらう
  3. 掃除は月1,2回

こんな感じで、なるべくまとめて依頼するような契約にしておくと、価格も安く、快適に利用できます。

定期利用で専任スタッフさんにお願いしよう

定期利用なら専任スタッフに!

定期利用の多くの場合、いつも同じスタッフさんが家事をしに来てくれます。

話す機会があればお話ししてみて、普段どこが汚くて困っているとか、逆にここは気にしてないからあまりこだわって掃除しなくて良いとか、そういう要望を出してみましょう。

専任のスタッフさんとの信頼を築いていくことで、より、思い通りの家事代行を行なってくれるようになります。

おすすめの家事代行サービスをピックアップ

ここからはオススメの家事代行サービスをいくつかご紹介します。どれも大手なので安心して依頼できますよ。

家事代行最大手!なんでも任せられちゃう「ベアーズ」

ベアーズ

ベアーズの特徴

  • スタッフ数が多く予約が取りやすい!
  • 依頼内容を細かく調整できるので一人暮らしに向いている
  • 初回限定のお試しプラン(1回3時間、約1万円)がある
対応エリア 北海道・関東・愛知・関西・福岡
スポット利用 1時間約3,000円
おすすめポイント ●一人暮らしの定期利用は「デラックスプラン」がオススメ!
●家事代行よりしっかり掃除してくれるハウスクリーニングも依頼可能
「ベアーズ」は業界最大手の家事代行。老舗なので、スタッフの質も間違いありません!ベアーズの特徴は、かなり細かく家事の設定ができるところ。


こんな感じで、自分の好きなように設定できます。

一人暮らしの人はそこまでがっつり利用しないと思いますので、細かいところまで調整できるベアーズは一人暮らしにぴったりの家事代行というわけです。

ベアーズはスポット利用の場合、在宅時対応しかできませんが、定期利用だと鍵を渡しておいての不在時対応が可能です。家を空けることが多い人はデラックスプランを利用したいですね。

全国対応&短い時間から利用できる「ダスキン メリーメイド」

ダスキン メリーメイド

ダスキンメリーメイドの特徴

  • 時間単位で依頼。2時間〜利用できるのが嬉しい
  • 日本サービス大賞受賞の満足サービス
  • 掃除や片付け、など、特定の家事に特化したサービスがある
対応エリア 日本全国(離島以外)
スポット利用 2時間7,700円〜
定期利用 2時間6,600円〜
おすすめポイント 特定の家事に特化したサービスがオススメ
「ダスキン メリーメイド」は、30年近く、ハウスクリーニングや家事代行を行なっている老舗の家事代行サービスです。メリーメイドってネーミングが可愛いですね。スタッフさんのことは「メリーさん」と呼ぶみたいです。メリーメイドは超大手なので、47都道府県すべてに店舗があり、どこにお住いの方でも利用できます。業者によっては主要都市しか対応していない業者もありますので、全国対応なだけでも非常に嬉しいです。

また、メリーメイドの料金はエリアごとに異なります。平たく言うと、都会に近いほど高く、田舎になるほど安くなります。詳細はこちらをご覧ください。

ダスキンの特徴として、通常の家事代行のほか、水回りを集中して掃除してくれるコースや、クローゼットの中身を整理してくれるコースなど、特定の家事に特化したコースが多く見られます。

「これを依頼したい!」と、頼みたい家事が決まっている人にはかなりオススメの業者です。

1時間2,190円から!業界最安値なら「Cazy」

Cazy

Cazyの特徴

  • 圧倒的な安さ!定期利用がオススメ
  • キャストの指名ができる
  • 当日の3時間前までに依頼すればOK
対応エリア 関東、関西、宮城、愛知
スポット利用 1時間2,500円〜
定期利用 1時間2,190円〜(週1の場合)
おすすめポイント スポットや特定の家事特化コースも業界最安値!
「Cazy」は、業界最安値クラスの価格が魅力的な家事代行です。やっぱり価格は大切にしたいですよね。Cazyは、定期利用の頻度を多くするほど価格が安くなります。週1利用にすれば1時間あたり2,190円と業界最安値クラスになりますので、ぜひとも週1以上で利用していきたいところです。

また、Cazyはスポット利用も安くなっています。水回りを綺麗にしてくれる「水回り4点おまかせプラン」などは2時間4,700円と、他の家事代行に比べてかなりリーズナブルです。

単発で利用したいという人も、Cazyはぜひ検討に入れておきましょう。

まとめ

一人暮らしの家事代行まとめ
ここまで、一人暮らしの人向けに家事代行をオススメしてきました。

  • 不在時でも利用できるところを選ぶ
  • 短い時間から利用できるところを選ぶ
  • 依頼する家事はあらかじめ決めておく
  • 専任のスタッフさんとの信頼を築くのも大切

以上の点を特に注意しながら、家事代行業者を選んでいきましょう。
家事は任せて、自分は空いた時間で好きなことに取り組めます!1日が長くなったような気分になりますよ!

関連

⇒一人暮らしにおすすめの食材宅配サービス!学生・単身赴任の一人暮らしが使うメリット

ウォーターサーバーで一人暮らしに向いているノルマなしの商品とは