(携帯用)除菌シート・除菌ウェットティッシュのおすすめランキング! | カジタン

(携帯用)除菌シート・除菌ウェットティッシュのおすすめランキング!

除菌シートおすすめ5選
台布巾やティッシュ感覚で使えて、かつ除菌もできる除菌シートや除菌ウェットティッシュ。かなり便利なアイテムです。

ところが、いざ選ぼうとしてみるとどれも似たようなパッケージのものが多く、シートの枚数くらいしか比較のポイントが分からない……なんて方も多いのではないでしょうか。

今回は除菌シート・除菌ウェットティッシュの選び方を解説しつつ、2020年の人気商品の中から、携帯タイプの人気上位5つをご紹介します。

【重視するポイントは?】除菌シート・除菌ウェットティッシュの選び方

除菌シートの選び方ポイントは?
まずは自分にぴったりの除菌シート・除菌ウェットティッシュを選ぶためのポイントを確認しましょう。

アルコールの有無を決める

除菌シートは大きく2種類。アルコールとノンアルコールです。

アルコールがあった方が除菌力は高くなりますが、肌の弱い人には向きません。ノンアルコールでも他の成分によって除菌力自体は残されているので、用途によって適切な方を選びましょう。

除菌シートを「ヒト」に対して使う人 – ノンアルコール

アルコールは肌に刺激がありますし、蒸発後の乾燥もお肌の敵になります。

肌が弱くない人はそこまで気にしなくても構いませんが、肌が弱かったり、乾燥していたりする方はノンアルコールにしておきましょう。

除菌シートを「モノ」に対して使う人 – アルコール

机を拭いたり、スマホを拭いたり……自分の肌を直接除菌シートで拭くことはない、という方は除菌力が強めのアルコールタイプを選びましょう。

除菌シートを「赤ちゃん」に対して使う人 – ノンアルコール

赤ちゃんの肌は特に弱いです。

念を入れて、ノンアルコールタイプを選んでおきましょう。

さらに、添加物の種類や量にも気を使っておくとベターです。添加物の少ない商品は「パラベンフリー」「無添加」「無香料」などと書いてあることが目印になります。

除菌シートを「機械」に対して使う人 – アルコール

私もよく使うのですが、例えばパソコンのキーボードを拭くなど、機械周りに対して使う場合はアルコールタイプ、それも濃度が高めのもの(〜95%)をおすすめします。

これは、アルコール濃度が高いほど蒸発が早いため、機械への影響が少ないのです。

コスパがいい商品は?

どちらかというと、アルコールタイプの方が価格が安いことが多いです。

これは、ノンアルコールだとアルコールなしの肌に優しい成分だけで除菌力を高めないといけないため、その分成分の調整などが難しいからです。

上で紹介したような理由が特になければアルコールタイプを選ぶとお得に使えるのでおすすめです。

スプレータイプの除菌も携帯ができます!こちらの記事で携帯におすすめの除菌スプレーを紹介しています。

【携帯用】除菌シート・除菌ウェットティッシュのおすすめランキング5!

除菌シートのおすすめランキング
Amazonの人気商品の中から特におすすめの商品を5つご紹介!

今回は、特に需要の高い「携帯用」をご紹介します。

5位 キレイキレイ ウェットシート|ノンアルでコスパ高いのはこれ!

キレイキレイ

料金 400円
枚数 30枚
アルコール ノンアルコール
成分 水、BG、メチルパラベン、ここいるアルギニンエチルPCA、桃葉エキス

おなじみキレイキレイのウェットシートです。
ノンアルコールでコスパの高い商品を探している方はこちらがおすすめ。

シートが大きめなので、枚数以上にたっぷりと使えるようになっていますよ。

4位 サカイトレーディング 除菌ウェットティッシュ|弱アルコールが欲しい方に

サカイトレーディング

料金 880円
枚数 60枚
アルコール アルコール
成分 水、エタノール

こちらの除菌シートは、アルコールが50%と少し弱目の濃度で配合されています。

アルコールの除菌効果をしっかり出そうと思うとアルコール60%以上がいいいと言われているのですが、こちらは少し弱め。

「アルコールの刺激や乾燥が苦手だけど、ノンアルだと心配…..」そんな方におすすめな、間をとった商品です。

3位 シルコット ウェットティッシュ|99.99%除菌

シルコット

料金 1,480円
枚数 40枚
アルコール アルコール
成分 水、エタノール、ポリアミノプロピルビグアニド、PEG-40水添ヒマシ油

ウェットティッシュ製造で有名なシルコットの商品です。

99.99%の高い除菌力を誇っており、しっかりと除菌を行いたい方におすすめです。

2位 BigFamily ウェットティッシュ|75%の強力アルコール!

ビッグファミリー

料金 585円
枚数 50枚
アルコール アルコール
成分 RO純水、臭塩化アンモニウム、アルコール

ウェットティッシュの中でも強力な、75%のアルコールが含まれた商品です。

値段も50枚入りでこの価格ならコスパが良い方ではないでしょうか。

1位 イータック 抗菌化ウエットシート|持続型の抗菌成分イータック配合!

イータック

料金 714円
枚数 60枚
アルコール ノンアルコール
成分 水、PG、エトキシシラン化合物(持続型抗菌成分)、可溶化剤、安定化剤

イータックの抗菌化ウェットシートは、ノンアルコールながらしっかりと除菌のできる成分「イータック」が配合されています。

ノンアルコールでもしっかりと除菌したい方におすすめです。赤ちゃんにも使えるので安心。

除菌シート・除菌ウェットティッシュの比較表

アルコールタイプでしっかり除菌
今回は携帯用の除菌シート・除菌ウェットティッシュのおすすめをご紹介しました。

画像

1

イータック

2

ビッグファミリー

3

シルコット

4

サカイトレーディング

5

キレイキレイ

名前 イータック 抗菌化ウェットティッシュ BigFamily ウェットティッシュ シルコット ウェットティッシュ サカイトレーディング 除菌ウェットティッシュ キレイキレイ ウェットシート
料金 714円 585円 1,480円 880円 400円
枚数 60枚 50枚 40枚 60枚 30枚
アルコール ノンアルコール アルコール アルコール アルコール ノンアルコール
成分 水、PG、エトキシシラン化合物(持続型抗菌成分)、可溶化剤、安定化剤 RO純水、臭塩化アンモニウム、アルコール 水、エタノール、ポリアミノプロピルビグアニド、PEG-40水添ヒマシ油 水、エタノール 水、BG、メチルパラベン、ここいるアルギニンエチルPCA、桃葉エキス
リンク イータック 抗菌化ウェットティッシュを見る BigFamily ウェットティッシュを見る シルコット ウェットティッシュを見る サカイトレーディング 除菌ウェットティッシュを見る キレイキレイ ウェットシートを見る

基本はアルコールタイプを選び、肌が弱い・赤ちゃんに使うなど特別な事情がある方のみノンアルコールタイプを選びましょう。

こまめに除菌することでしっかりと感染症を防いでいきたいですね。

スプレータイプのおすすめ除菌ランキングもこちらの記事で紹介しています!ぜひ参考にしてみてください。