ハウスクリーニングとは?利用する前に必ず知っておきたい基礎知識

ハウスクリーニングとは

「ハウスクリーニング」という言葉を聞いたことはありませんか?

あります!!
でも具体的にどんなことをするのかまでは…
自分たちで家や部屋の掃除をしてもどうしても落としきれない汚れや、届かない場所があります。
高いところに脚立を立てたら転びそうです。

また、強い洗剤は「混ぜるな危険」のものもあり、うかつに使用すると吸い込む危険だけではなく、肌に大きなダメージを与えかねません。

そうそう。脚立の乗って何かするのは意外と大変なのよね。
そう、家の掃除を本気でしようと思うと、我々が行ってもできることが限られ、専門業者に依頼しないと本当にきれいにできません。今回紹介するハウスクリーニングはプロの掃除を行ってくれる事業者です。

なるほどね!
でも高いのよね?
「清掃業者」と聞くとすごく高いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?
今回は「ハウスクリーニング」について、お願いする前に知っておきたい基本知識を説明したいと思います。賢く利用して、家をきれいにしてみましょう!

この記事でわかることはざっくりこれ!
  • ハウスクリーニングの業務内容は非常に専門的だということがわかります
  • 家事代行とは次元の違う清掃サービスになります
  • ハウスクリーニングをお願いすべき人たちについてわかります
  • ハウスクリーニングでしかできない清掃箇所もあります
  • 業者の選び方や依頼の仕方について理解できます

ハウスクリーニングと家事代行はどう違う?

ハウスクリーニングとイメージが似ているものに「家事代行」があります。
ハウスクリーニングに依頼しようとしたら、うっかり家事代行サービスを頼んでしまった、そういうことがないように違いを知っておきましょう。

両者は似ていて非なるもので、そのサービスも異なります。

家事代行は手頃な価格で簡単な掃除

家事代行日常的な家事を代行する仕事

まず、家事代行ですが、これは読んで字のごとく、家の家事全般を代行するもんで、家政婦のようなイメージです(家事代行と家政婦は実は違うのですが省略します)。

家事代行は、家庭の主婦が行うような日常的な家事を代行する仕事です。

料理、洗濯、ゴミ出し、買い物、ペットの世話、アイロンがけ、簡単な雑用、これらの1つとして家庭でできる範囲の掃除を行います。つまり、掃除機をかけたり、窓を拭いたり、主婦の人が家事で行う程度のものです。日常の家の掃除を代行する程度のものだと思ってください。

業務用の洗剤や専用の清掃用具を持っているわけではなく、基本的に、その依頼人(サービス利用者)の家にあるもので、家の人が行う程度の掃除を行います。それ以上求めても、それは「家事」の範疇を超えますよね。

あくまで、日常的な清掃「も」代行してやってくれるレベルだと思ってください。

なお、一部の家事代行業者はオプション的に清掃をセミプロレベルで行ってくれるところもありますが、あくまでオプション、基本サービスではなく、それもセミプロ程度のものだと思ってください。大々的に専用用具を持ち出して・・とうことにはなりません。

家事代行についてもっと知りたい方はこちらの記事も↓

ハウスクリーニングはプロの技術で徹底的に掃除

ハウスクリーニングプロの技術で徹底的に掃除

一方、ハウスクリーニングは掃除に特化した専門の派遣清掃業者です。クリーニングの専門技術を持つ研修を受けたスタッフが、業務用の専用機材や強い洗剤などを使用して行います。

こちらは実際に来てくださったおそうじ本舗さんのスタッフと、エアコンクリーニング専門の機材です
クリーニング技術を持つプロの業者
使用する洗剤や機材は、一般の方が使わないものが多く、薬品類は薬局などで身分証明書などを提示して購入するようなものも含まれます。

普通の清掃では難しい汚れた換気扇内部、エアコンのフィルタ以外の部分、油汚れがこびりついた壁、洗濯機の内側、エアコンの室外機、天井や蛍光灯、シャンデリア、ソファなど、普段の家事で行う掃除の範囲を超えたクリーニングを、プロのサービスとして徹底的に行っていきます。

通常の家事代行より専門性が高く、スキルや経験が必要になるので費用は高め、誰でもできる家事代行とは違って高レベルの清掃サービスを提供します。

ハウスクリーニングサービスはこんな人におすすめ

ハウスクリーニングサービスはどういう人におすすめできるのでしょうか?
もちろん、家の掃除をしない人はいないので、すべての人におすすめできるのですが、特に以下のような人にはコスパがよくぜひ利用してもらいたいです。

働く主婦や小さい子を持つお母さん


家事に時間をかけられない人です。家庭と仕事の両立のためには、さまざまな時間を削らなければならず、炊事洗濯はやらなければなりませんが、掃除は手を抜けてしまいます。子育て中のお母さんもお子さんに手がかかる状態です。

そういう場合、無理に掃除の時間を取ると、他が疎かになってしまいますし、料理中に掃除をしてうっかり火災になりそうになった・・というリスクもあります。

ご主人の協力を仰ぐのが第一ですが、それでも難しい場合は専門のハウスクリーニング業者に頼みましょう。

高齢・妊娠などで掃除の難しい人


掃除をするリスクがある人です。高いところの掃除や狭いところを掃除するため、脚立に乗っていたら転落してしまった、洗剤で足が滑って転んでしまった。特に高齢の方や妊婦さんは重大事故につながりかねません。

掃除ができない部分は無理をせず、専門のハウスクリーニングのお願いした方が、ケガや突発的な事態のリスクを防ぐことができます。

掃除中の事故は意外と多いんです(亡くなる方もいます)。

東京消防庁<安全・安心情報><日常生活における事故情報><掃除中の事故に注意!>

引っ越しを考えている人


借家から引っ越しする際は、大家さんや管理会社の方で清掃業者を入れるのが普通ですが、敷金から清算されるその金額が多額になり、その前に安いハウスクリーニングサービスにお願いして、きれいにしていた方がトータルで安く済むケースがあります。

(費用)
大家さんや管理会社の清掃業者のみ>大家さんや管理会社の清掃業者+自分たちでお願いしたハウスクリーニング
こうなるケースがあります。

また、契約によっては「原状回復義務」があり、あまり汚れていると、現状を回復していないということでぼったくられるかもしれません(適正費用に加算されて請求される)。

一方で、引っ越しの際は大家さんや管理会社の清掃業者が原則として行うので、ごみを捨てて雑巾がけぐらいでいい、床や壁は貼り返るので清掃は不要、というケースもあります。

引っ越しの際に絶対にハウスクリーニングを入れるべき、とも言えませんが、気持ちよく次の人に使ってもらうために、気になる部分をハウスクリーニングにお願いしてもいいかもしれません。

また、引っ越し先は基本的にハウスクリーニング不要です。借家の場合、先方が契約している清掃業者が入ってきれいにしているはずです。中古の家を買ったりした場合は、下見の段階でハウスクリーニングを入れないと汚い、ということがあるかもしれません。

レアケースかも知りませんが、筆者の知人が中古で家を購入した時、前の入居者に認知症の人がいたらしく、壁に弄便の跡があり、ハウスクリーニング業者どころか、壁を張り替えて塗装したそうです。こういう場合、念入りにハウスクリーニングをすべきでしょうね。

とにかく掃除が苦手な人


最後はとにかく掃除が苦手な人です。ハウスクリーニングは普段掃除できないようなところだけではなく、普段掃除をするところももちろんきれいにしてくれます。

ゴミ屋敷になるくらいであれば、ハウスクリーニングにお願いして徹底的に隅々まできれいにしてもらうというのもありです。

ハウスクリーニングを依頼したい場所トップ3

さて、実際にハウスクリーニングを依頼する場合、どの箇所、どの部分を清掃してもらいたいのでしょうか?

「汚れているところ全部!」という本音を持っていらっしゃる人もいるかもしれませんが、、実際にニーズが多い場所を以下で挙げたいと思います。

エアコンは内部まで徹底洗浄したい

エアコンの徹底洗浄は ハウスクリーニングがおすすめ!

エアコンのフィルタを定期的に掃除する人は多い(というかしていますよね!?)と思いますが、それ以外の部分の掃除はなかなかできないですよね。



精密機械ですし、下手に内部を清掃するとかえって壊れるリスクもあります。しかし、フィルタだけでなく、内部もきれいにすることでエアコンの燃費も良くなり効きやすくなります。

エアコン内部

また、ほこりや細菌類が付着していると、喘息や他の感染症のリスクもあります。エアコンは高いところにあるので、フィルタは何とか取り出せても、その内部まで清掃することになると、椅子や脚立での作業になり危険も伴います。

そこで、専門スキルがあり、高所での作業もできるハウスクリーニングに依頼すべきなのです。
エアコンの徹底洗浄は自分や家事代行では難しく、ハウスクリーニングだからできることなのです。

浴室の頑固なカビや浴槽エプロン内部も気になる

浴室の頑固な汚れや浴槽エプロンは専門スキルのあるハウスクリーニングで清潔に!

浴室は湿気が多く、とてもカビやすい場所です。バスタブは毎日水洗いしていても、
壁や天井の掃除が疎かになりがちです。

カビは不潔で病気などの原因にもなります。カビを吸い込んでそれが肺に繁殖すれば、肺アスペルギローマや侵襲性肺アスペルギルス症といった重大な病気にもつながってしまいます。清潔になるためにお風呂に入っているのに、不潔な環境で病気になってしまえば、元も子もないです。



頑固な壁やタイルの汚れは、専門スキルのあるハウスクリーニングに依頼しましょう。

また、「浴槽エプロン」という部分をご存知でしょうか?実は浴槽(バスタブ)にはカバーがかかっています。それが「浴槽エプロン」です。浴槽は「凹」の形ではなく「∪」の形をしていて、それに「|」のカバーがかかっていて「凹」に見えるのです。
浴室エプロン内部

うわっっ!!
浴室エプロンの中って、こんなに汚かったの…?
浴槽エプロンはカビの天国!エプロンの取り外し方と徹底的な洗浄方法は?|KAJITAKU
エプロン(カバー)及びエプロンの中はカビでひどいことになっています。素人がエプロンを取り外すのは、戻せなくなど思いのほか重労働ですし、ガス栓が通っているので、下手にいじると重大事故の原因になります。
  1. 素人では取り外ししにくい
  2. ガス給湯器、追い炊き管があり下手にいじると危険
この2点より、専門スキルがあるハウスクリーニングに依頼するニーズがあります。

レンジフードはファンも分解して掃除したい

レンジフードのシロッコファンは分解が大変なのでプロに任せたい場所

レンジフードとはキッチンにある換気扇で、「シロッコファン」と呼ばれる、縦長の羽根が円筒状に取り付けられているタイプのものです。

プロペラタイプの換気扇ならば、自分で羽を清掃することができますが、レンジフードはそういうことができないので、分解する手間がかかります。分解がうまくいかず壊れてしまうことや、その後元に戻せない可能性もあり、家事の延長で行うにはなかなかハードルが高い掃除です。

こんなのとても分解できないわ…

最近はプロペラタイプではなく、シロッコファンのレンジフードが多いため、実際に掃除をする人は少なく、結局、本来の換気扇の機能を失っていきます。

自分たちではクリーニングできないタイプの換気扇なので、ここは専門家であるハウスクリーニングに依頼したいものです。

以上の3か所が、日常生活で汚れる場所で、なおかつ、自分たちでは掃除が難しいところになり、ハウスクリーニングに依頼すべきものになります。



ハウスクリーニングサービス利用の流れ

実際にハウスクリーニングサービスを利用したい場合の、申し込み、利用に流れについて簡単に説明します。

あまり考えずにお願いしてしまうと、後で後悔することになってしまいますので、よく注意して決めましょう。

1.問い合わせ

まず、それぞれのハウスクリーニングサービスの会社に電話やメールで問い合わせをしてください。

  • 住所、氏名など依頼人の情報
  • いつ(希望日時)
  • 家の広さ
  • クリーニングをしてもらいたい箇所(特に〇〇を中心に)
  • 家の全体か一部か?
  • やってもらいたいこと(ピカピカにしたいのか、性能を復活させたいのかなど)
など、ハウスクリーニングをお願いしたい箇所を中心に話してください。

2.見積もり


希望箇所や日時、内容をもとに、ハウスクリーニング会社の方が見積書を作成します。
自分が払える金額なのか、予想よりも高かった場合、お願いしないで自分でできる場所はあるのか、などを確認します。

おそらく清掃箇所ごとに「●●●円」という見積書になっているので、優先順位をつけてお願いする箇所を絞っても構いません。

また、複数のハウスクリーニングに見積もりを依頼して「合い見積もり」をとってもOKです。
一番安いところにしてもいいですし、「A社はもう少し安いんですが、できればB社さんにしたいんですが、何とかなりませんかね?」と値下げの圧力をかけてみてもOK。これが意外と効きます。値下げ交渉を行ってみる価値はありそうですね。

3.申し込み

見積もりで折り合いがつけば、ハウスクリーニング実施日時を決定し、正式に申し込みになります。

契約書を取り交わす場合や、ネットで必要事項を記入する場合もあります。
法的にはこの段階で契約が成立します。

これ以降キャンセルする場合は、場合によってはキャンセル料が発生するので注意してください。

4.サービス実施

当日、ハウスクリーニングの人が来て、清掃を実施します。清掃中「ここもお願いしたい」というところなどがあれば遠慮なくおっしゃってください。また「ここはこのくらいでいいです」ということもできます。

立ち合いが原則ですが、外壁などだけであれば、不在でも構わない業者もいます。

5.支払い

支払いはハウスクリーニング終了後が原則です。

  • その場で現金手渡し
  • 銀行やコンビニからの振り込み
  • カード払い
    など、ハウスクリーニング業者によって支払い方が違いますので、そのあたりは事前によく確認してください。

以上が一連の依頼~支払いまでの工程となります。

ハウスクリーニング業者は比較してから決めよう

ハウスクリーニング業者の比較ポイント

ハウスクリーニング業者は1社ではなく数十社存在します。
それぞれに長所短所や価格、できるサービスも異なりますので、事前によく比較、チェックすることが大切です。

対応エリアは?自分の地域に対応しているかチェック

ハウスクリーニングは、自分の家までやって来て、清掃を行います。したがって、出張可能エリア、来てくれるエリアが各店ごとに決まっています。

自分の家に来てくれる業者でなければ依頼できないので、事前に対応エリアを確認してみましょう。もちろん、問い合わせの際に自分の住所が可能かどうかを確認してもいいです。

価格が安ければいいとは限らない

安いところに依頼しがちですが「安かろう、悪かろう」ということもあります。ハウスクリーニングはめったにおねがいするものでもなく、せっかくの機会ですから、隅々まできれいにしてくれるサービスの質が良いところを選びたいものです。

依頼したのに、自分でやったり家事代行でもできたりすることに留まるならば、わざわざ専門業者であるハウスクリーニングに依頼する意味がありません。やってきた人が素人同然という言うこともあります。

本当にプロの仕事を期待するのであれば、価格だけを判断材料にしない方がいいでしょう。

サービス内容は会社によって違う!どこまで掃除してくれるか確認

サービス内容はすべてのハウスクリーニング一律ではありません。どこまで掃除をしてくれるのか事前にチェックしましょう。

少なくとも、上で挙げたニーズがある「エアコン内部」「浴槽のエプロン」「レンジフード」あたりの清掃ができなければ、高いお金を払ってハウスクリーニング業者に依頼する意味がありません。

できるだけ多くの箇所のクリーニングができる業者がよいハウスクリーニング業者になります。

キャンペーン中ならお得に利用できるかも?

ハウスクリーニング業者によっては、値引きキャンペーンやネットから申し込むときに割引クーポンコードなどを入力できるところもあります。こうした割引は初回限定のことも多いのですが、さまざまな業者の割引キャンペーンをはしごすれば、割引価格で延々と(毎回違う業者ですが)、ハウスクリーニングを依頼することができます。

「いろいろな会社のハウスクリーニングを受けてみて、一番にいいところに最終的にお願いしたいと考えていて・・」とでも言っておけば大丈夫です。

キャンペーンの注意点
ただし

  • 本当に期間限定の割引キャンペーン
  • 実際は割引価格が「定価」だった

両方のケースがあり、後者の場合サービスの質が低いので注意してください。

まとめ

ハウスクリーニングまとめ
  • ハウスクリーニングは清掃の専門家。家事代行とは違う
  • ハウスクリーニングで使う洗剤や用具はプロ仕様の専門的なもの
  • スキルがある人がしっかりと清掃を行う
  • 特に「エアコン内部」「浴槽のエプロン」「レンジフード」はハウスクリーニングでないとできないことが多い
  • 仕事が忙しい人や子育て中の人はハウスクリーニングで時間を節約
  • お年寄りや妊婦さんはハウスクリーニングに依頼し掃除中の事故リスクを減らす
  • 「安かろう、悪かろう」ではなくしっかり見積もりを取って高いサービスの提供を受けるべき
  • ハウスクリーニング業者はとても多いので、合い見積もりを取り、サービスを比較して依頼先を検討する