エアコンクリーニングの頻度は使用状況による!お掃除機能付きは? | カジタン

エアコンクリーニングの頻度は使用状況による!お掃除機能付きは?

スポンサードリンク

持家の人95%が該当に!?火災保険で105万円

エアコンクリーニング 頻度

この記事では、エアコンクリーニングを依頼する頻度について詳しく解説します!

エアコンクリーニングの頻度は、使用状況によって異なります!

あまりエアコンを使用しなかったり、汚れが付きにくい使い方をしたりしている場合は、2~3年に1回程度のクリーニングで問題ありません。

ほかにも、自分で掃除する頻度やお掃除機能付きエアコンのクリーニング頻度、クリーニングを依頼した方が良いサインについてまとめました。

エアコンクリーニングの記事一覧はこちら!

この記事でわかること

  • 【使用状況別】エアコンクリーニングの適切な頻度
  • 自分でエアコン掃除をする頻度と内容
  • お掃除機能付きエアコンの掃除頻度
  • エアコンクリーニングを依頼した方が良いサイン

エアコンクリーニングをプロに依頼する頻度

エアコンクリーニング 頻度 使用状況
エアコンクリーニングを業者に依頼する頻度は、使用状況によって次の2つに分けられます。

  • 1~2年に1回クリーニングした方が良い
  • 2~3年に1回程度のクリーニングで問題ない

それぞれのパターンの使用状況について、詳しく見ていきましょう!

1~2年に1回クリーニングした方が良い使用パターン

エアコンを次のように使用している場合は、1~2年に1回クリーニングをするのがおすすめです。

  • エアコンがキッチンの近くにある
  • タバコを吸っている
  • 子どもやペットがいる
  • 一日中エアコンを使用している
  • 加湿器を日常的に利用する

エアコンがキッチンの近くにあると、エアコンが油を吸うので内部が油でベトベトになりやすいです。

タバコを吸っている場合も、煙やヤニをエアコンが吸うため、汚れやにおいが付きやすくなります。

また、子どもやペットが部屋の中を走り回ると、ホコリや毛が舞うので、エアコンがそれらを吸い込み、エアコン内部にゴミがたまりやすくなることも。

エアコンを稼働している時間が長かったり、加湿器を併用していたりする場合は、湿気によってエアコン内部にカビが発生しやすいので、こまめなエアコンクリーニングが必要です。

2~3年に1回程度のクリーニングで問題ない使用パターン

一方で、次のような使用状況なら、エアコンクリーニングは2~3年に1回で十分。

スポンサードリンク

持家の人95%が該当に!?火災保険で105万円

  • 稼働するのは帰宅後~就寝まで
  • タバコを吸う、子ども・ペットがいるなどに当てはまらない

一人暮らしや共働きで、日中はまったくエアコンを使わないなら、稼働時間が少ない分汚れを吸い込まないので、こまめなクリーニングは必要ありません。

また、それなりに稼働していても、タバコを吸わなかったり、子どもやペットがいなかったりする場合も同じです。

よく1年に1回エアコンクリーニングした方がいい!という記事を見かけるけど、使用状況は家庭によって違うので、一概には言えないですよね。

関連記事:エアコンクリーニングを自分で掃除する方法!!掃除の仕方や手順・道具を解説

自分でエアコン掃除をする頻度と清掃内容

エアコン 自分で掃除する頻度

エアコンをきれいに保つには、プロによるクリーニングだけでなく、普段から自分でも掃除をすることが大切です。

  • 【2週間に1回】フィルターのホコリを掃除機で取る
  • 【1か月に1回】フィルターを中性洗剤で洗う

それぞれの掃除内容について、詳しく見ていきましょう!

【2週間に1回】フィルターのホコリを掃除機で取る

2週間に1回は、掃除機を使ってフィルターのホコリを吸い取るようにしましょう。

エアコン本体のカバーを上げたら、まずはフィルターをつけたまま掃除機をかけるのがおすすめ!

フィルターをいきなり外すと、付着していたホコリが舞ってしまうからです。

ある程度ホコリが取れたら、ゆっくりとフィルターを外し、表面から掃除機をかけます。

ホコリが付いているのはフィルターの表面なので、裏面から掃除機をかけると目が詰まってしまうから。

最後に、再び同じようにフィルターをセットすれば完了です!

短時間で簡単にできるので、こまめに行うようにしましょう!

【1か月に1回】フィルターを中性洗剤で洗う

さらに、1か月に1回はフィルターを中性洗剤で洗うようにすると、細かいホコリまできれいにすることができます。

まずは、2週間に1回行う掃除機でのフィルターのホコリ取りを行いましょう。

その後、洗面台や風呂場で、今度はフィルターの裏側から水をかけてホコリを落としていきます

このとき、フィルターの表側から水をかけてしまうと、フィルターの目が詰まってしまうので注意!

次に、台所用の中性洗剤をつけ、ブラシやスポンジで軽くこすります。

フィルターは繊細な作りなので、力を入れ過ぎないように優しく洗ってくださいね。

中性洗剤をよく流したら、タオルでフィルターの水気を切り、しっかりと乾かしましょう!

水気が残っていると、カビの原因になってしまいます。

最後に、再びフィルターを元通りにセットすれば完了です!

水洗いも、汚れがたくさんついていなければ短時間でできます!

月に一回、少し手間をかけてフィルターをきれいにしましょう!

自分でエアコンを掃除する場合は「エアコンクリーニングを自分で掃除する方法!!掃除の仕方や手順・道具を解説」ページで紹介しているのでぜひ参考にしてみてください!

お掃除機能付きエアコンのクリーニング頻度!掃除は必要ないって本当?

お掃除機能付きエアコン クリーニング頻度

結論から言うと、お掃除機能付きエアコンも使用状況に応じた頻度でクリーニングをした方が良いです。

たまに、「お掃除機能付きエアコンは掃除・クリーニングが必要ない」という声を聞くことがあります。

しかし、お掃除機能付きエアコンが自動で掃除するのは、エアコン本体のフィルターのみ。

内部には普通のエアコンと同じように汚れがつくので、定期的なクリーニングは必須と言えるでしょう。

ぜひ、先ほど書いた「エアコンクリーニングをプロに依頼する頻度」を参考に、クリーニングを依頼してみてくださいね。

また、お掃除機能付きエアコンは、自分で掃除をする際も注意!

通常のエアコンとは違い、自動でお掃除したゴミがダストボックスにたまるので、それを捨てる必要があります。

ダストボックスを捨てずに使い続けていると、エアコン内に汚れがたまり続け、却って不衛生になってしまうことも。

ダストボックスの場所や取り外し方は、製品の説明書や公式サイトで確認してみましょう!

エアコンクリーニングを業者に依頼した方が良いサイン

エアコンクリーニング サイン

エアコンクリーニングは、頻度の目安もありますが、それ以外にこんな症状が出たらクリーニングをお願いした方がいい!というサインもまとめてみました。

  • エアコンからカビや酸っぱい臭いがする
  • 噴き出し口にカビが発生している
  • エアコンを稼働するとくしゃみや鼻水が出る

一つずつ、確認していきましょう!

エアコンからカビや酸っぱい臭いがする

エアコンからカビ臭や酸っぱい臭いがしてきた場合、エアコン内部でカビや菌が大量発生している可能性があります。

このまま稼働し続けると、アレルギー症状などを誘発する恐れがあるので、ぜひクリーニングを依頼しましょう。

内部はホコリがたまって、それを媒体としてカビや菌が発生しているので、見た目は汚れていなくても注意が必要です!

噴き出し口にカビが発生している

噴き出し口にカビが発生している場合、内部に大量発生したカビが、風に乗って外へ排出されている恐れがあります。

ここまでくると、エアコン内部はカビだらけ。

さらに、エアコンの風でカビが部屋に舞うので、エアコンの下に黒いカビの点々が落ちてきているかもしれません。

当然これだけカビが発生すると、健康にも害を及ぼす可能性があるので、すぐにクリーニングを依頼しましょう!

エアコンを稼働するとくしゃみや鼻水が出る

エアコンを稼働するとくしゃみや鼻水が出る場合、エアコン内の汚れによってアレルギー反応が起きている可能性があります。

エアコンクリーニングをすることで、アレルゲン物質を取り除いて、快適にエアコンを使えるようにしましょう。

エアコンは、長年クリーニングせずに放置すると、アレルゲンの宝庫になってしまいます。

ぜひ下の記事から、エアコンクリーニング業者を探してみてくださいね!

エアコンは適切な頻度でクリーニングしよう

エアコンクリーニングは、使用状況によって最適な頻度が変わってきます

必要以上にクリーニングを依頼しても、お金がかかってしまうだけ。

自分でも定期的に掃除を行い、エアコンをいつもきれいに保ちましょう。

エアコンクリーニングの頻度まとめ

1~2年に1回クリーニングした方が良い使用パターン

  • エアコンがキッチンの近くにある
  • タバコを吸っている
  • 子どもやペットがいる
  • 一日中エアコンを使用している
  • 加湿器を日常的に利用する

2~3年に1回程度のクリーニングで問題ない使用パターン

  • 稼働するのは帰宅後~就寝まで
  • タバコを吸う、子ども・ペットがいるなどに当てはまらない

自分掃除する頻度と内容

  • 【2週間に1回】フィルターのホコリを掃除機で取る
  • 【1か月に1回】フィルターを中性洗剤で洗う

お掃除機能付きエアコンの場合

  • お掃除機能付きエアコンも使用状況に応じた頻度でクリーニングをした方が良い
  • 自分でダストボックスのゴミを捨てることも大切

エアコンクリーニングを業者に依頼した方が良いサイン

  • エアコンからカビや酸っぱい臭いがする
  • 噴き出し口にカビが発生している
  • エアコンを稼働するとくしゃみや鼻水が出る

適切なエアコンクリーニング頻度、クリーニングが必要なサインをしっかり見極めましょう!
スポンサードリンク

持家の人95%が該当に!?火災保険で105万円