ガスコンロの掃除方法!頑固な油や汚れを自分で落とすテクニック

ガスコンロ付きのキッチン

この記事でわかること
● ガスコンロの主な汚れの種類3タイプ
● 汚れたガスコンロに重曹を使用して、プロに負けないくらいキレイに掃除する方法
● 五徳・汁受け皿・バーナー・グリル・ガスコンロ下の各掃除方法
● ガスコンロの汚れ防止に、アルカリ電解水ウェットシートを使用した普段の掃除方法

キッチンの中で、一番汚れが気になる場所「ガスコンロ」あなたは、小まめに掃除ていますか?汚れがどんどんひどくなり、どこから掃除すればいいのか、わからなくなっているのではないでしょうか?

でもご安心ください。ガスコンロの掃除は、テクニックさえ押さえれば、自分で手間なく汚れを落とすことができます。

ここでは、ガスコンロの汚れを自分で簡単に掃除するためのテクニックや、普段のお掃除方法まで一挙にご紹介いたします。毎日、ピカピカで気持ちのいいガスコンロで、お料理を楽しみましょう。

ガスコンロ掃除を自分で行う前に、汚れの種類を確認


ガスコンロの掃除方法に入る前に、汚れの種類についてご説明していきます。汚れの種類を理解することは、ガスコンロの掃除に何が必要なのか、どのように掃除をすればいいのかを理解することにつながり、掃除対策には必須の項目になります。

ガスコンロの汚れの種類は、大きく分けて以下の3つになります。

1.ガスコンロの油汚れ


ガスコンロの汚れの大半は、油によるものです。この油汚れですが、放置しておくと掃除が大変になり、そのせいで、掃除を後回しにした結果、さらに掃除をするのが大変になるという悪循環にはまっていませんか。

ですが、炒め物や揚げ物を料理する際に、ガスコンロにはねる油汚れを放置しておくと、「熱・光・酸素」の影響で、油が「樹脂化」により固まり、さらにガスコンロの掃除が大変になってしまいます。

2.ガスコンロの食品汚れ


食品汚れとは、煮物などの際の吹きこぼしや、調味料などの汚れになります。濡れている汚れは、すぐに掃除することができますが、乾いてしまったり、油汚れと混ざってしまうと厄介なことになっていきます。

3.ガスコンロの焦げ付き汚れ

ガスコンロの焦げ
3つ目の焦げ付き汚れとは、上記の「油汚れ」「食品汚れ」が、火と熱によって炭化したものです。あなたも、ガッチリと固まった焦げ付きを落とそうとして、苦労した経験があるのではないでしょうか。

筆者も、これからご紹介する掃除方法を知る前は、「こんなに焦げ付きがひどくなる前に、掃除しておくんだった。」と後悔しながら、ガスコンロの掃除をしていました。

ですが、蓄積してしまった汚れが落せないわけではありません。ガスコンロ掃除のテクニックさえ押えていれば、頑固な汚れをキレイに落とすことができます。

ガスコンロ掃除の強い味方!重曹

重曹の写真

ガスコンロの掃除に、「重曹」を使用すると、固まってしまった油汚れもキレイに落とすことができます。なぜ重曹を使用することで、頑固な汚れを落とすことができるのかというと、重曹は「アルカリ性」でできているからです。

ガスコンロの大半の汚れは、油によるものですが、この油は「酸性」でできており、アルカリ性の重曹を使用することで、酸性の油が中和され、ガスコンロの頑固な汚れに効果を発揮します。

アルミ製の鍋などを使用すると、化学反応により、「変色や劣化」などの危険性があるので、注意が必要ですが、それ以外の製品の掃除に大活躍してくれます。

ガスコンロの汚れを自分で落とす!掃除テクニック


ガスコンロの掃除する箇所は、「天板」「五徳」「汁受け皿(フラットタイプはなし)」「バーナー」「グリル」「ガスコンロの下(テーブルタイプ)」と多くありますが、重曹と汚れを落とすテクニックがわかれば、臆することはありません。

特に、忙しい共働きの主婦の方は、「こんなに掃除する場所があると、ガスコンロを今日中に掃除を終わらせるのは難しいかもしれない。」と悩まないでください。

一日で、ガスコンロの全てを掃除する必要はないです。「今日は五徳を掃除しようかな?」など、合間を見て、少しずつガスコンロの汚れを落としていくのもいいでしょう。

ガスコンロ・五徳と汁受け皿の掃除テクニック

ガスコンロの汚れの中で、「五徳と汁受け皿」の掃除が一番大変と思っていませんか?

確かに、五徳と汁受け皿は、油汚れ・食品汚れが合わさり、それが調理中の熱や火によって焦げ付きとなって、掃除が厄介な箇所になります。

そんな、頑固な汚が気になる、五徳と汁受け皿の掃除を、今回は「重曹」を使う事で自分で手間なく掃除するテクニックをご紹介します。

Before
取り外した汚れたガスコンロ
こちらは掃除前の、五徳と汁受け皿ですが、汚れがこびり付きひどい状態になっている事がご確認できるかと思います。

ここまで、汚れがひどくなってしまうと、スポンジで擦っただけでは、簡単に汚れを落とすことは難しいです。こんなときは、「重曹水で五徳と汁受け皿を煮てしまいましょう。」

掃除方法

1.大きめの鍋、もしくは深めのフライパンに(アルミ製NG)、重曹水を用意します。重曹水は、「水:1ℓに対し、重曹:大さじ2」の割合で作ります。
フライパンで重曹水を作る
2.用意した、重曹水を火にかけ沸騰させます。
重曹水を沸騰させる
3.沸騰したら、五徳と汁受け皿を投入。5分ほど煮ましょう。この際、火傷に注意してください。
ガスコンロを重曹水に入れる
4.5分ほど煮たら、火を止め、冷ましましょう。この時点で、フライパンの水を見ると汚れが溶け出しているのが、よくわかります。
重曹水で浮き出たガスコンロの汚れ
5.冷めたのを確認したら、五徳と汁受け皿を取り出し、スポンジで汚れを取り除きましょう。スポンジで擦ると、汚れがスルスルと取れるのが実感できます。
ガスコンロを洗剤でこする
6.タオルやキッチンペーパーで、水気を拭き取り、よく乾かしたら終了です。

After
綺麗になったガスコンロ

五徳と汁受け皿の汚れがキレイになりました。特に、銀色の汁受け皿は、汚れが目立っていた分、キレイに掃除されたことが実感できます。

ガスコンロ・バーナーの掃除テクニック

ガスコンロの掃除をする際、「バーナー」まで、気を遣っていますか?汚れが目につきやすい、五徳や汁受け皿は掃除の対象になりやすいですが、バーナーも同じように掃除が必要です。

バーナーは「火がでる箇所」です。そこの掃除を怠ることで、汚れが目詰まりし、「不完全燃焼」が起こる場合があります。危険ですので、バーナーもしっかりと掃除しましょう。

バーナーは、細かな箇所なので、使い終わった歯ブラシなどで掃除をすると、汚れがキレイになります。

今回は、「重曹スプレー」を作って、吹きかけながらブラッシングしていきましょう。

掃除方法

1.まずは「重曹スプレー」を作ります。100均などで販売している霧吹きに、「水:100㎖に対し、重曹:小さじ1の割合」で作ります。
霧吹きをよく振り、中の重曹をしっかりと溶かしてください。
重曹スプレーを作る

2.作った重曹スプレーを、バーナーに吹きかけ、使い終わった歯ブラシなどで汚れを落とすように、ブラッシングします。
重曹スプレーをバーナーにふきかけてブラシで擦る

3.重曹が残っていると、目詰まりなどを起こす危険性があるので、仕上げにしっかりと濡れタオルなどで拭き取りましょう。

ガスコンロ・天板の掃除テクニック

毎日の料理の際に、油はねや吹きこぼしで汚れやすい「天板」使用後、すぐに掃除をすれば、汚れがこびり付くこともないのですが、忙しい日々を送っていると、そうも行かないことが多いのではないでしょうか。

Before
汚れたガスコンロの天板

こちらは掃除前の天板ですが、油や食品汚れが目立っています。

天板の掃除方法は、「汚れがひどい場合」と、「軽い場合」でやり方が異なるので、今回は、2パターンの掃除方法をご紹介します。

掃除方法:汚れがひどい場合

天板の汚れがひどい場合は、直接重曹を振りかけています。「えっ!?直接振りかける?」と少し疑問に感じるかもしれませんが、振りかけることで、重曹が油汚れなどを吸収し、天板をキレイに掃除することができるのです。

1.画像のように、天板全体が薄らと白くなるくらいに、重曹を振りかけます。
ガスコンロの天板に重曹をかける

2.15分ほど放置し、油などの汚れをしっかりと重曹に吸わせましょう。

3.15分後、キッチンペーパーなどで重曹を集め、取り除きます。この際、ガスコンロの下に、ちり取りなどを用意しておくと、重曹による床の散らばりを防ぐことができます。

4.濡れタオルなどでしっかりと拭き取ります。重曹が残ってしまうと、天板が白くなるので、拭き残しがないように気を付けてください。

掃除方法:汚れが軽い場合

天板の汚れが軽い場合は、重曹スプレーで拭くだけでキレイになりますよ。

1.重曹スプレーを天板全体に吹きかける。
重曹スプレーを天板にふきかける

2.濡れタオルなどでしっかりと拭き上げる。この際も、拭き残しがあると重曹のあとが白く残るので、気を付けてください。
しっかりと重曹を拭き取る

After
綺麗になったガスコンロの天板

茶色く汚れてた箇所も含めて、天板の汚れがキレイに掃除されました。天板の掃除が行き届いているだけで、ガスコンロがキレイに見えますね。

ガスコンロ・グリルの掃除テクニック

焼き魚が好きな方は、ガスコンに備え付けてある、「グリル」を頻繁に使用するのではないでしょうか。また、焼き魚以外にも、グリルを使用した料理は数多くあるので、お肉などの料理に使用する方もいるかもしれません。

ですが、使用後のグリルを放置してしまうと、網に汚れがこびり付き、汚れが落ちにくくなった経験はないですか。

また、見落としやすいグリルの庫内ですが、魚などの油が飛び散り汚れが蓄積されている場合があります。

このような場合も、重曹を使って一気に掃除をしていきましょう。

掃除方法:網と受け皿

ガスコンロに備え付けてあるグリルの「網と受け皿」普段から小まめに掃除をしている場合は、重曹スプレーで拭き掃除をするだけで、汚れをキレイに落とすことができます。

Before
汚れたグリル

ですがこのように、汚れが蓄積した場合は、少しつけ置きをしてあげた方がキレイに汚れを落とすことができます。

1.大きめのビニール袋に、網と受け皿を入れます。(大きめの桶などがある場合は、そちらでもOK)
ビニールにグリルを入れる

2.ビニール袋の中に重曹水を作っていきましょう。「水:1ℓに対し、重曹:大さじ2」です。
ビニール袋のグリルの中で重曹を作る

3.30分〜1時間ほど放置します。
グリルを30分重曹につける

4.袋から、網と受け皿を取り出し、スポンジで汚れを落としていきましょう。
スポンジでグリルをこする

After
綺麗になったグリル

重曹によって、キレイに汚れが落ちました。また、重曹には、消臭効果もあるので、グリルにこびりついた魚などの臭いも取ってくれます。

掃除方法:庫内

ガスコンロに備え付けてある、グリルの庫内を確認したことはありますか。

Before
汚れているグリルの庫内

実は、こんなに汚れています。日常的に掃除する箇所ではないので、気づいたときには油のこびり付き汚れで大変です。今回は、重曹パックで掃除をしていきましょう。

1.グリルの庫内掃除では、重曹スプレーをたっぷりと吹きかけます。
グリルの庫内に重曹スプレーをかける

2.重曹スプレーをたっぷりと吹きかけたら、キッチンペーパーなどでパックをし、30分〜1時間ほど放置しましょう。
グリルの庫内にキッチンペーパーを貼り付ける

3.濡れタオルなどでしっかりと吹き取りましょう。この際も、庫内に重曹が残ってしまうと、白くあとが残るので、拭き残しに注意してください。
グリルの庫内を拭き取る

After
綺麗でピカピカになったグリルの庫内

庫内にこびりついた汚れがキレイに掃除されました。汚れが蓄積したグリルの庫内は、雑菌などが繁殖している場合があります。掃除をすることで、安心した食生活を送ることができます。

番外編ガスコンロ・ガスコンロ下の掃除テクニック

最後は、「ガスコンロ下」の掃除です。ビルトインのガスコンロの方は、あまり関係のない箇所なので、番外編とさせていただきます。

上記画像のような、テーブル式のガスコンロを使用している方だとコンロ下に、食品や調味料などで汚れることが多ではないでしょうか。

Before
ガスコンロ下の汚れ

ガスコンロをどかしてみると、食品以外にも、油汚れも気になりますね。

普段は見えない箇所なので、気になりませんが、このまま放置しておくと、夏が近づき気温が高くなると、悪臭や虫の繁殖の原因となってしまいます。

掃除方法

1.まずは、ガスコンロを移動する前に、ガスの元栓をしっかりと閉じておきましょう。ホースも外した方が、掃除はしやすくなるのですが、素人がいじるには、少し危険なので、今回はこのまま掃除します。
ガスの元栓は閉める

2.ガスコンロ下も、天板同様に、直接重曹を振りかけていきます。
ガスコンロ下も重曹をかける

3.15分ほど放置し、油などを重曹に吸わせます。

4.15分後、キッチンペーパーなどで重曹を集め、取り除きます。この際、ガスコンロの下に、ちり取りなどを用意しておくと、重曹による床の散らばりを防ぐことができます。
ガスコンロ下の重曹をキッチンペーパーで拭き取る

5.濡れタオルなどで、しっかりと拭き掃除をしていきましょう。この際も、重曹の拭き残しがあると、白くあとが残るので、気を付けてください。

After
ピカピカになったガスコンロ下

サビに関しては、落とすことは難しいですが、食品や油による汚れをキレイに掃除することができました。目に見えない箇所だからこそ、キレイな状態を保っていきましょう。

ガスコンロをキレイに保つために、普段のお掃除テクニック

ここまで徹底的に、ガスコンロの掃除を、自分で行うためのテクニックをご紹介してきました。どれも難しいことではなく、手軽に汚れを落とすことができますが、普段から掃除をすることで、汚れの蓄積を防ぐことができます。

ですが、忙しい日々を送るあなたに、「毎日しっかり掃除を頑張ってくださいね。」というのは、酷な話です。そんなあなたのために、普段でも手軽にガスコンロの汚れを落とすテクニックをご紹介したいと思います。

普段のお掃除に、アルカリ電解水シート

アルカリ電解水シート

普段のガスコンロの掃除には、「アルカリ電解水・ウェットシート」を使用することをオススメします。その理由とアルカリ電解水についてご説明していきましょう。

水は、電気を通すと、「アルカリ性」と「酸性」に分かれます。そのアルカリ性の水のみをを集めたものが、「アルカリ電解水」という名称になります。

アルカリ電解水は、重曹と同じアルカリ性のため、酸性のガスコンロの汚れに効果を発揮してくれます。

また、水なので、重曹と違い2度拭き不要です。徹底掃除に使う重曹は、拭き残しなどに気を使う必要がありますが、アルカリ電解水はそういった心配がないので、忙しい普段の掃除にぴったりです。

掃除方法

忙しい合間での掃除になるので、アルカリ電解水シートで、使用後の「天板や五徳」などを拭きあげるだでOKです。手軽にガスコンロの汚れを掃除することができます。
アルカリ電解水シートでコンロを拭く

ガスコンロをいつもキレイに保とう

毎日使用し、汚れが気になるガスコンロですが、今回ご紹介した「重曹」を使った掃除方法を実践していただければ、プロの掃除に負けないくらい、自分で手軽にガスコンロの汚れをキレイにすることができます。

また、今回ご紹介した、「アルカリ電解水・ウェットシート」を使用し、普段からガスコンロを清潔に保つことができれば、大掃除をもっと手軽に行うことができます。

いつもキレイなガスコンロで、毎日おいしい料理を作っていきましょう。

キッチンの換気扇(レンジフード)掃除を自分で!油汚れを1発できれいに