布団の処分方法7選!ゴミに出す費用や・下取り・寄付など捨て方を解説

今回は、いらなくなった布団の処分方法について詳しく解説していきます!

不要な布団の捨て方は、売る・ゴミに出す・回収を依頼するなどたくさん。

一番無難なのは、自治体のゴミ回収に出すこと。

ただし、分別や出し方は地域によって異なるのでよく確認しておきましょう。

どの捨て方が良いか迷ったら、パターン別おすすめの処分方法もチェックしてみてくださいね。

\ 記事の途中に移動します /

これを読めば、適切な布団の処分方法がわかりますよ!

この記事でわかること

  • 布団の処分方法7つ
  • パターン別おすすめの捨て方

汚れた・いらない布団の処分方法7選

早速、不要になった布団の捨て方を見ていきましょう!

  • 粗大ゴミか切って燃えるゴミ
  • 不用品回収業者に依頼
  • リサイクルショップで売却
  • ネットオークション・フリマに出品
  • 新しい布団購入時に下取り・回収
  • 福祉施設・団体に寄付
  • 引っ越し業者の回収

一つずつ、詳しく解説していきます!

粗大ゴミか切って燃えるゴミとして出す

布団を捨てるなら、まずは自治体のゴミに出す方法を検討してみましょう。

基本は粗大ゴミとして回収してもらえるケースが多いですが、地域によっては切り刻むなどすることで可燃ゴミに出せるところも。

ただ、布団を切ると中身が舞って却って手間になることもあるので、数百円払って粗大ゴミの方が時短になるでしょう。

指定された収集日に回収してもらう

粗大ゴミは、他のゴミと同様に指定された日時・場所に置いておくことで、回収してもらえます。

まずは、住んでいる自治体の粗大ゴミ受付センターにwebや電話で申し込み。

布団の収集手数料や日時を確認しましょう。

手数料分の処理券をコンビニエンスストアなどで購入し、捨てたい布団に貼り付けます。

あとは、指定された日時・場所に置いておくだけでOK!

粗大ゴミ受付センターに直接持ち込む

ゴミ回収の日時に出すことが難しい場合は、粗大ゴミ受付センターに直接持ち込むことも可能です。

自治体によっては、直接持ち込むと処理料金が無料になるところも。

回収してもらうときと同様、粗大ゴミ受付センターに申し込みをし、持ち込みする旨を伝えてください。

あとは、案内された通り、指定された日の受付時間内に不要な布団を持ち込みしましょう。

粗大ゴミを受付センターに直接持っていくときは、運転免許証・パスポート・健康保険証など、名前と住所が記載された身分証明書を忘れずに持参してくださいね!

メリット・デメリット

メリット
  • 数百円(または無料)で処分できる
  • 誰でもできて確実に正しい方法で処分してもらえる
デメリット
  • 布団を切る場合は手間がかかる
  • 申し込みや処理券の購入が必要

布団を処分するなら、粗大ゴミ or 可燃ゴミが一番オーソドックスな方法。

自治体によって出し方のルールは異なるので、まずは調べてみましょう!

不用品回収業者に依頼する

多少費用がかかっても楽に処分したいなら、不用品回収業者に依頼するのがおすすめ!

自宅まで回収に来てくれる業者に頼めば、申し込みさえすればなにもしなくてOKです。

捨てたい布団がたくさんある場合、布団以外にも処分したい粗大ゴミがある場合にもぴったり。

不用品回収業者はよく選ぶ必要がありますが、手間をかけずに布団処分したい人に向いています!

不用品回収業者を選ぶコツ

不用品回収業者を選ぶ際は、まず自治体の「一般廃棄物収集運搬業」の許可を得ている業者かどうか、チェックしましょう。

というのも、この許可がない業者が家庭のゴミを回収することは違法だからです。

自治体によっては、一般廃棄物収集運搬業の許可が下りている業者を一覧で公表しているので、その中から選べば確実です。

また、回収する前に無料で見積もりをしてくれる業者を選ぶのがおすすめ!

あらかじめ費用がわかるので、多額の処分料金をいきなり請求されるというリスクを回避することができます。

違法な不用品回収業者に注意!

違法不用品回収業者に依頼してしまうと、「回収は無料」と謳っていたのに多額の費用を請求されるなどの被害を受けることも。

また、不法投棄など適切にゴミ処理が行われず、環境破壊につながってしまいます。

例えば、車にスピーカーをつけて住宅街を回っているような回収業者や、ポストに入っていたチラシに載っている業者などは避けたほうが無難

トラブルを防ぐためにも、事前にしっかりリサーチしておきましょう!

メリット・デメリット

メリット
  • 申し込みするだけで手間がかからない
  • たくさんのゴミをまとめて処分できる
デメリット
  • 費用は割高になる
  • 業者はよく選ぶ必要がある

申し込むだけであとは全部やってもらいたい!という人におすすめ!

回収業者選びだけはしっかり行いましょう。

リサイクルショップで売る

まだ新しくてきれいな布団を処分するなら、リサイクルショップで売るのも手です。

状態やブランドによっては、それなりの値段がつくことも。

自分で持ち込む手間や、買い取ってもらえないリスクもありますが、リユースされるのでエコにもなります!

メリット・デメリット

メリット
  • 処分費がかからない上、買い取り代が入る
  • リユースできてエコ
デメリット
  • 状態・ブランドによっては値が付かない
  • 買い取り・回収を断られることもある

迷ったら、一度ダメ元で持ち込んでみるのもあり。

買い取りはできなくても、処分を請け負っている場合もあります。

ネットオークション・フリマに出品する

リサイクルショップに売ると同様、新しい布団を処分するならネットオークションやネットフリマを利用してみるのもおすすめ。

すぐ売れるとは限らなかったり、梱包・配送などの手間はかかったりしますが、リサイクルショップなどと比べて高値で売れることが多いです。

新しくてきれいな布団をなるべく高く売って処分するなら、ネットオークション・フリマ一択!

ただし、それなりに手間がかかるので忙しい人にはおすすめできません。

メリット・デメリット

メリット
  • リサイクルショップよりも高く売れることが多い
  • 自分で値段を決められる
デメリット
  • いつまでも売れない可能性がある
  • 梱包や配送が面倒くさい

多少手間がかかっても、費用を抑えたいならネットオークション・フリマを利用してみましょう!

新しい布団購入時に下取り・回収してもらう

古い布団を処分して、新しい布団への買い替えを検討しているなら、布団を下取り・回収してもらえるお店を利用してみましょう。

いらない布団を安く簡単に処分できるなど、メリットがたくさん!

買い替えなら同時に処分もできるので、お得ですよ!

布団の買い替え下取り・回収を行っているお店まとめ

お店の名前 費用 条件
西川ストア 無料 ・5万円以上購入
・梱包作業は自分で行う
ふとんのつゆき 無料 ・購入商品数と同数
・実店舗への持ち込み限定
(兵庫・岡山・大阪・徳島)
島忠ホームズ 無料 ・購入商品数と同等同数
・実店舗への持ち込み限定
(栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・大阪・兵庫)
ビッグカメラ 無料 ・税込5,500円以上購入
・購入商品と同種類同数
・店舗での購入→配送時に回収
小林ふとん製造直売所 990円(税込) ・回収キットに入れば枚数やサイズの制限なし
・自分で梱包を行う

メリット・デメリット

メリット
  • 処分代が安い
  • 新しい布団を安く買えることも
デメリット
  • サービスをやっているお店が少ない
  • 下取り商品の種類に指定があることも

布団の買い替え引き取りを行っているのは、そこそこのお値段の布団屋さんも多いです。

せっかくの機会なので、良い布団を長く愛用してみるのも良いかもしれませんね!

福祉施設・団体に寄付する

まだまだ使える布団を捨てるのはもったいない!と感じるなら、寄付するのもおすすめ。

福祉施設や海外へ送られリユースされたり、リサイクル業者へ買い取ってもらった費用を寄付したりできます。

ただし、いくら善意でも、寄付を募っていない団体に急に送りつけるのは迷惑

寄付の募集を出している団体を調べてから送りましょう。

寄付を受け付けている団体まとめ

団体名 費用 条件
ワールドギフト 2,400~3,700円 ・破れやひどい汚れのないもの
ブリッジフォースマイル 子どもたちまでの配送料 ・新古品(未使用品)限定

布団類の回収は、行っていない団体が多いのが現状。

自分で団体を探す際は、布団が対象かどうかしっかり確認しましょう!

メリット・デメリット

メリット
  • リユースできてエコ
  • 社会貢献できる
デメリット
  • 布団を寄付対象にしている団体が少ない
  • 費用がかかる

せっかく処分するなら、社会の役に立つ方法を選んでみるのも良いですね!

引っ越し業者に回収してもらう

引っ越しをひかえていて、不要な布団を処分するなら、引っ越し業者に回収してもらう方法もあります!

布団の回収を行っている業者はあまり多くないのが欠点ですが、引っ越しと同時に不用品が片付くので便利

引っ越しの際に布団意外にも不用品がたくさんあるなら、利用すると楽ですよ。

不用品回収を行っている引っ越し業者まとめ

引っ越し業者 料金 条件・備考
サカイ引っ越しセンター 要相談 ・一部エリア限定
・要委任状
日通 要相談 ・一部エリア限定
ファミリー引っ越しセンター 要相談 ・平日申し込み割引あり

メリット・デメリット

メリット
  • 引っ越しと不用品回収の申し込みが一度にできる
  • 引っ越しと同時に不用品が片付く
デメリット
  • 費用が割高
  • 布団回収を行っている業者が少ない

何かと忙しい引っ越し前、バタバタしていて不用品の処分が間に合わない!なんてことも。

時間に余裕がない人は、引っ越しするときにあらかじめ不用品回収も申し込んでおくと良いでしょう!

ニトリやベルメゾンで布団の処分ができるって本当?

結論から言うと、ニトリやベルメゾンでは基本的に布団の引き取りサービスを行っていません。

ニトリには、「配送員設置商品」を購入した場合、1回の配送につき3,000円(税抜)で同量の家具を引き取ってもらえるサービスがあります。

公式サイトには、具体的な対象家具の記載がないので問い合わせてみたところ、布団は対象外との回答でした。

ベルメゾンでは、販売価格41,800円以上で大型商品送料7,150円の商品を購入した場合、同種類・同数量の商品を無料引取してもらえるサービスがあります。

しかし、布団はこの対象になっていませんでした。

ただし、ベルメゾンで扱っているセレクト商品の場合、無料買い替え引き取りサービスを行っているものもあります。

パターン別おすすめの布団処分方法

布団の捨て方がたくさんありすぎてどれが良いかわからない!と思ったら、次の例を参考にしてみましょう。

  • まだ新しい・きれいな布団→リサイクルショップ・ネットオークション
  • 布団のほかにも捨てたいゴミがある→不用品回収業者
  • たくさん処分方法があって迷う→粗大ゴミ

新しい布団は多少手間がかかっても、リサイクルショップやネットオークションの利用がおすすめ。

利益が出れば、多少の手間代は回収できそうです。

布団以外にも捨てたいものがたくさんあるなら、不用品回収業者に頼んで一度に処分すると良いですよ。

最も誰でもできて簡単なのは、粗大ゴミとして出すこと。

住んでいる自治体に相談すれば、捨て方や注意事項なども詳しく教えてくれます。

処分したい布団・ゴミの量や自分の目的・手間に合った方法を選んでくださいね!

布団の処分方法は量や自治体の規定で選ぼう

布団の処分方法について詳しく見てきました。

最後に、記事の内容をおさらいしておきましょう!

布団の処分方法まとめ

いらない布団の処分方法7選

  • 粗大ゴミか切って燃えるゴミ
  • 不用品回収業者に依頼
  • リサイクルショップで売却
  • ネットオークション・フリマに出品
  • 新しい布団購入時に下取り・回収
  • 福祉施設・団体に寄付
  • 引っ越し業者の回収

 

パターン別おすすめの布団処分方法

  • まだ新しい・きれいな布団→リサイクルショップ・ネットオークション
  • 布団のほかにも捨てたいゴミがある→不用品回収業者
  • たくさん処分方法があって迷う…→粗大ゴミ

布団の処分方法はいくつか選択肢がありますが、法に則った適切な方法で処分できるように注意しましょう!

その上で、好きな方法を選んでみてくださいね!

この記事を参考に、ぜひいらなくなった布団を処分して、お部屋をすっきりさせてくださいね。
関連 冷蔵庫を処分する方法7つ。廃棄費用や無料引取も解説

ぬいぐるみの洗濯を自分でやる方法!汚れをしっかり落としてふんわり仕上げ!