【写真あり】ブラックキャップの口コミ評判!本当に最強か効果・置き場所・成分を検証 | カジタン

【写真あり】ブラックキャップの口コミ評判!本当に最強か効果・置き場所・成分を検証

スポンサードリンク

ブラックキャップは本当に最強か?効果や成分を検証
いつ見ても慣れないのがゴキブリ…。
家の中で見ると心臓が止まるほど驚くこともありますよね。殺虫剤をかけるのも躊躇ってしまう…。見るのも嫌!という人も多いはず。

きっと多くの人が一度は経験をしている「ゴキブリ対策」ですが、なかなか効き目が無かったり、何度も出現するゴキブリに頭を悩ませる方も多いはず。
そんなゴキブリ対策アイテムとして、実は最強と呼ばれる駆除剤が話題になっていることをご存知ですか?

この記事では、最強と呼ばれる駆除剤「ブラックキャップ」について紹介をします。

ブラックキャップとは?成分には何が入っている?

ブラックキャップの成分とは?
ブラックキャップはゴキブリ駆除剤です。
かなり効き目のある「フィロプロニル」という殺虫成分が配合されています。

粘着などで捕獲をするものでは無く、中にあるエサを食べさせることで殺すことができるものになっています。
駆除剤の凄い所は、効果が早く出る事です。

またゴキブリが巣に持ち帰る傾向が多いので、自宅で死んでいるところを見ずに済む可能性もあります。もちろん100%自宅で死なないと断言できるわけではありません。
それでも、捕獲をするもののようにゴキブリの姿を見ずに済む可能性があるのなら、そっちを購入したいと思う人も多いのではないでしょうか?

最強の殺虫成分?フィプロニルとは

フィプロニルは神経系にダメージを与える成分で、ゴキブリを死に至らしめることができます。
なんといっても凄いところは、フィプロニルを食べたゴキブリだけを駆除するのではなく、性ホルモンを出しているフンにも毒が働いているため、餌を食べたゴキブリが巣で少しでも過ごしていれば、巣ごと全滅させることができる優れた成分です。

「もう絶対にゴキブリなんて見たくない!」と感じている人は、フィプロニル成分が含まれているブラックキャップの利用をおすすめします。

赤ちゃんがいる家ではブラックキャップは使用できない?

「ゴキブリ駆除剤を家に置きたいけど、赤ちゃんがいるから不安…」と悩んでいる人もいるでしょう。
結論から伝えると、赤ちゃんがいる家ではブラックキャップの利用はおすすめできません

ブラックキャップに含まれている「フィプロニル」は、万が一誤飲をしまう可能性を考えると怖いですよね。
ブラックキャップを作っているアース製作の担当者は「容器を触ったりなめたりする分には問題ありません」と解答をされています。
アース製薬:ブラックキャップに関するよくあるご質問

そのため、もしものことがあっても心配をする必要はありませんが、ただ親として「大丈夫かな?」と心配になりすぎて、気持ちがソワソワしてしまう可能性も出てくるので、赤ちゃんがいる家では極力置かないことがお互いのためになるでしょう。

やはり、赤ちゃんは目に入ったものを何でも口にしてしまうので、毒餌の誤飲をする可能性も100%無いとは言い切れません。極論にはなりますが、置かなければ万が一を考えなくても良いので、子供が小さいうちは置かないことをおすすめします。

ブラックキャップ最強説!?その理由について徹底解説!

ブラックキャップ最強説の理由は?
ブラックキャップは「最強の駆除剤」と呼ばれています。
理由としては、Amazonの殺虫剤ランキングなどで1位を獲得した経験があること、そして口コミ数も多く、評価が高い人が多いからです。

ブラックキャップが最強と呼ばれるのはその特徴にあります。
まず、含まれている成分は「フィプロニル」と呼ばれる成分で、即効性がある殺虫成分です。
なんと食べた日から約8時間程度でゴキブリを死に至らしめることもあります。
そのため、ブラックキャップは置いたその日から効果が出るといえるでしょう。
また、設置してから効果は約1年続くといわれており、コスパが抜群の商品です。

そして、食べたゴキブリだけではなく、巣に持ち帰ることで、死骸となったゴキブリを食べた他のゴキブリも駆除できます。
したがって、厄介な巣ごと退治することができるのです!

ゴキブリは砂糖が好きなので、食いついてもらうための液糖や水あめが含まれていて、どこか甘いにおいがするのも特徴的。

また、卵を持つメスにも効果を発揮するため、ゴキブリの卵から駆除することができ、二度と家の敷居を跨がせないようにできるところが魅力的ではないでしょうか?

スポンサードリンク

ブラックキャップには【屋外用】がある!

即効性のある殺虫成分が入ったブラックキャップには、いくつかの種類があります。
その中でも「屋外用」は特に人気のある商品です。
屋外用のブラックキャップは、雨風に強い仕様になっており、屋外で優れた効果を見せてくれます。
こちらも通常用と同じく1年ほど効果が続きますが、エサの効果を考えると半年程度で交換することがおすすめです。

屋外用のブラックキャップの魅力は、家の外でフィプロニルを食べたゴキブリを駆除できるため、家の中にゴキブリを入れることなく駆除ができてしまいます。
また、巣に持ち帰らせる可能性も高くなるため、根本から駆除ができるといえるでしょう。

また、屋外用のブラックキャップは風などで飛ばされないために固定テープがついています。
色も目立たない色をしているため、玄関口においても目立たないのも魅力と言えるでしょう。

設置をする場合は、ゴキブリが家の中に侵入をしそうな侵入経路を防ぐように置くことがおすすめです。
できれば、近くの範囲に2-4個置くと、より効果を発揮してくれますよ!

【比較】ブラックキャップとコンバット、実際どっちが最強?

ブラックキャップ コンバット どっちが最強?
ブラックキャップを購入しようとお店に出向くと、同じような駆除剤で目に留まるのが「コンバット」ではないでしょうか?
ここからは、気になる「ブラックキャップ」と「コンバット」の違いを紹介します。

基本的に効果やゴキブリの駆除方法は似ています
毒餌でゴキブリをおびき寄せて、巣に持ち帰らせ、最終的に巣事駆除をする駆除剤なので、ブラックキャップとコンバットは似ているといえるでしょう。

中に入っている成分ですが、ブラックキャップには「フィプロニル」という即効性分が入っており、コンバットには「ビトラメチレノン」という成分が入っています。
どちらも良く効く成分ではありますが、フィプロニルの方が早い効果があると検証をされているのです。

また、コンバットの成分でもあるビトラメチレノンは、万が一赤ちゃんやペットが舐めたとしても大丈夫なので、お家に小さなお子様がいる家でも安心をしておくことができます。

そして、コンバットにはゴキブリが好きな「イースト成分」が含まれており、ゴキブリが毒餌めがけて集まってくるといえるでしょう。
ブラックキャップにもゴキブリが好きな液糖が含まれています。

このように似た効果を持つブラックキャップとコンバットのどちらが良いかと聞かれると「即効性があるのはブラックキャップ」「お子様がいるお家でも安心できるのはコンバット」と、自宅の用途に分けて選ぶことをおすすめします。

【商品情報】

ブラックキャップ(アース製薬)
バリエーション 12個入or16個
生産国 日本
有効成分 フィプロニル0.05%(w/w)
効果持続期間 約1年
コンバット(KINCHO)
バリエーション 4個入
生産国 日本
有効成分 ヒドラメチルノン
効果持続期間 約1年

ブラックキャップを実際に置いてみた!効果抜群の置き場所を紹介

ブラックキャップを実際に置いてみた!
ブラックキャップ:パッケージ表
ここからは実際にブラックキャップを購入したので、その感想とおすすめの置き場所を紹介します!

今回購入をしたのは、ブラックキャップ「12個入」です。
ドラッグストアの殺虫剤などが置かれているコーナーでも、一番多く展開をされており、
人気があることが伺えました!
ブラックキャップ:パッケージ裏
パッケージの裏側には分かりやすく効果が書かれているのと、効果的な置き場所についても絵と共に描かれているので利用方法がとてもよくわかります。
ブラックキャップ:12個
ブラックキャップ:6個
箱を開けると、大きな銀色の袋が入っており、そちらの封を空けると、ブラックキャップが出現!
少し甘い香りが漂ってきました。

銀の袋の中には、6個で1セットになったブラックキャップが入っています。
効果的な使い方は全てを使い切ってしまうことだそう。
パチッと簡単に取り外すことができるので、手が汚れるなどの心配もありませんのでご安心ください。

ブラックキャップ:1個表
ブラックキャップ:1個裏
ただ、触っていると少し甘いブラックキャップ特有の香りが指に付着しました。

今回は説明書きに基づき、3か所に設置!

ブラックキャップ:冷蔵庫横
ブラックキャップ:すき間
まずは、冷蔵庫の横にある空間に。
写真では手前に置いていますが、実際は奥に隠れるように置きました
サイズはそこまで大きくはありませんが、部屋の中に置いていると黒は少し目立つ印象です。
ブラックキャップ:フライパン
2つ目は揚げ物をする専用の鍋やフライパンを置いている棚です。
ここが一番怖いので、右隅に1つ、左隅に1つ置きました。
使用方法欄に「10㎡あたりに1~2個置いてください」と書かれており、そうすることでより効果が高まるそう!
ブラックキャップ:保存容器
そして3つ目は、キッチンの戸棚の上です。
普段は余り触ることが無く、ちょっと物を取り出すときにだけ開けるような戸棚ほど、ゴキブリが出現したりしますよね…。
こういった場所にもしっかりとブラックキャップを置きました!

大きな戸棚であれば、左右二方向に置いても良いでしょう。

夏場はどうしてもゴキブリが出やすい季節なので、これでゴキブリ対策は完璧なはず!

ブラックキャップスキマ用を実際に利用してみた!効果や特徴を紹介

スキマ用も実際に利用してみた!
ブラックキャップ スキマ用:パッケージ表
ブラックキャップ スキマ用:パッケージ裏
「通常用のブラックキャップだけでは夏場のゴキブリには勝てない…」
そんな気持ちになる人もいるかもしれません。
特に気になるのが、冷蔵庫の下、洗濯機の下などの「スキマ」です。

ブラックキャップのサイズは大きくはありませんが、スキマに入るような高さではありません。そんな悩みを解決してくれるのが「ブラックキャップ:スキマ用」です。
こちらは名前の通りスキマに置くことができる有能なブラックキャップになります。
ブラックキャップ スキマ用:16個
ブラックキャップ スキマ用:8個
今回購入をしたのは16個入りのスキマ用です。
裏面には通常用と同じく、設置場所や利用方法が書かれています。
ブラックキャップ スキマ用:1個
箱から取り出すと各8個が2袋に分けて入っていました。
なんといってもその薄さに驚きました。通常用より厚さは約1/3程薄くなっています。
ブラックキャップ スキマ用:冷蔵庫下1
ブラックキャップ スキマ用:冷蔵庫下2
まず、置いたのは冷蔵庫の下のスキマです。
このスキマに入るのかな?と疑問でしたが、想像以上にすんなり入ってくれ、奥までしっかりと入れることができました。
ブラックキャップ スキマ用:レンジ下1
ブラックキャップ スキマ用:レンジ下2
そして、2つ目は電子レンジの下に!
まさかこの下にもゴキブリ対策の駆除剤を置くことができるなんて…!
感動です!
ブラックキャップ スキマ用:食器棚
最後は食器棚の中に入れました。
小さくて厚みもないので、食器棚の中に置いてもあまり目立ちません。
写真では見えるように食器を端に置いていますが、普段は他の食器で隠すことができるので、気になることも無いでしょう。

本当にコンパクトで目立たないところが魅力的だと思いました。
どうしてもゴキブリの駆除剤は目立ってしまい、外観を損なってしまうことが多いです。
しかし、スキマ用であれば「隙間に隠すことができる」ため、外観を損なうことはありません!

これで効果もしっかりあるとなれば、お家の気になる部分のゴキブリ対策には「ブラックキャップのスキマ用」はピッタリではないでしょうか?

ブラックキャップは本当に最強?口コミを紹介します

他の人の口コミも紹介します
ここまでブラックキャップを実際に使った感想や置き場所を紹介しました。
使いやすくて効果も抜群のブラックキャップはゴキブリ対策には欠かせないアイテムといえるでしょう。
しかし、私だけの意見ではブラックキャップが本当に最強の駆除剤なのかが分からないはず。

ここからは、他の方の口コミも紹介します。

これが一番良い!
ゴキブリ対策として様々な駆除剤を購入してきましたが、こちらの商品が一番ゴキブリに対して有効的だと感じています。例年は必ず夏にゴキブリが出現していましたが、こちらを置いてから見かけなくなりました。
効果があった
使用をする前はあまり効果を信じることができませんでした。
それでも、気休めに購入をしてみようとブラックキャップの購入をしたところ、
家の近くで見ていたゴキブリを見かけなくなったんです。
紛れもなくブラックキャップの効果が効いていると感じており、あれ以来半年~1年に一回は必ず取り換えるようにしており、ゴキブリの姿を見ていません。

見かけなくなった
数年ぶりにゴキを見かけたので慌てて駆除剤を購入することに。
評判を見るとこれが一番良さそうだったので置いてみました。
あれ以降一度もゴキに出会っていないから、効果があるってことかな?そう思っておきます!